全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2013年3月10日から3月16日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

ほぼ変化のない週でしたが、木曜日に新券、旧券ともに一旦下がりました。週最終日の土曜日は若干持ち直して、新券4,057円、旧券3,879円でした。

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

アクセスランキング、1位はB787改善計画、2位はピーチ

2013年3月15日

今後、実際に商業飛行を再開するには試験がうまくいき、FAAの安全基準を満たすことが求められますが、全日空(NH)がコメントしている通り「大きな進展」であることは間違いないでしょう。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

羽田第2ターミナル南ピア3スポット、4月8日供用開始 23スポットに

2013年3月13日

今回の増設部は全日本空輸(ANA、9202)が使用するスポットで、増設により第2ターミナルは23スポットと、日本航空(JAL、9201)が使用する第1ターミナルの24スポットと同規模になる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAのグランドスタッフコンテスト、羽田が2連覇

2013年3月13日

全日本空輸(ANA、9202)は3月12日、空港のカウンターでチェックイン業務などを行うグランドスタッフ(GS)の接客技術を評価する「空港カスタマーサービス スキルコンテスト」を、東京・大田区の同社訓練施設「SPECIA(スペーシア)」で行った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

FAA、787の認証計画を承認 試験飛行も実施へ

2013年3月13日

787のローンチカスタマーで世界最多の17機を保有する全日本空輸(ANA、9202)は、Aviation Wireの取材に対しFAAの認証計画承認について「安全の担保が大前提だ。一日も早い運航再開に期待している」と述べた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、生涯マイルを「時の証」に 4月から

2013年3月12日

全日本空輸(ANA、9202)は同社のマイレージプログラム「ANAマイレージクラブ(AMC)」入会から現在までの総飛行マイル数の名称を、4月1日から現在の「生涯マイル」を「ライフタイムマイル」に変更する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

全日空1月実績、国際利用率72.8%、国内55.6% 岩国線は58.2%

2013年3月12日

全日本空輸(ANA、9202)が3月11日に発表した利用実績によると、1月の国際線は旅客数が前年同月比1.7%増の50万9125人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は14.5%増、有償旅客が搭乗して飛行した距離を示すRPK(有償旅客キロ)は11.7%増、ロードファクター(

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

旧石垣空港最終便「SWALジェット」の記事が1位 先週の注目記事13年3月3日-9日

2013年3月10日

ちなみに旧空港の純粋に最後の出発便は全日本空輸(ANA、9202)が那覇へ向けて飛ばしたフェリーフライト(回送)で、新空港もANAの機体がフェリー到着便と営業出発便で一番最初となりました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)