全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2013年7月21日から7月27日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

この週も大きな動きはなく、買取の平均価格は新券の方で約3,900円、旧券は3,800円となっています。ただ、最高値を付けているお店は新券と旧券の買取価格に差がないため、どちらもだいたい4,000円程度で安定しています。

今週、全日空関連で面白かったニュースは、中国のクレジットカード「銀聯(ぎんれん)カード」と提携したANAカードが発行されるというニュース。銀聯カードは中国国内でも35億枚も発行されているとか。日本国内の観光地でもこの銀聯カードのシールを貼ったお店を多く見かけますね。中国路線に力を入れる全日空としてはマイル交換率を優遇したこのANA銀聯カードを発行することで、顧客の囲い込みが期待できます。さて、ANA銀聯カードがどれだけ発行されるかおもしろいところです。

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

2013年07月27日 配信ニュース

2013年7月27日

全日空(ANA)は2013年10月1日から、成田/成都線の機材を大型化します。成田/成都線は現在、120席の737-700で ... 観る派も、乗る派も。航空機好き集まれ! FlyTeam(フライチーム)は航空ファン・飛行機利用者が集い、情報収集・交換するためのコミュニティサイトです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

全日空6月実績、国際線利用率74.8%、国内56.6%

2013年7月27日

全日本空輸(ANA)が7月26日に発表した6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比6.4%減の50万1710人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は11.6%増、有償旅客が搭乗して飛行した距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.8%増、ロードファクター(座席利用 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、8月で中部撤退 機材返却で

2013年7月26日

ANAホールディングス(9202)傘下のエアアジア・ジャパン(WAJ)は7月26日、機材の一部返却に伴い、9月1日から中部路線を中心に欠航すると発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787の救命無線機、国交省が点検・取り外し指示 エチオピア機火災で

2013年7月26日

これを受けて、国内で787を運航する全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL、9201)は、固定型ELTの自主点検や取り外しをすでに実施済み。26日現在、両社とも運航に支障は出ていないという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAと三井住友、銀聯カード発行 日本初の提携カード

2013年7月26日

全日本空輸(ANA)と三井住友カードは7月25日、両社が発行するANAカード会員を対象に、日本初となる銀聯(ぎんれん)ブランドの提携カード「ANA 銀聯カード」を発行すると発表した。29日から募集を開始する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

全日空、国内用787の救命無線機取り外し エチオピア機事故で自主対応

2013年7月25日

全日本空輸(ANA)は7月24日、ボーイング787型機に搭載されている航空機用救命無線機(ELT)について、国内線用機材からの取り外しを始めた。25日には作業を終え、手動のELTのみで運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

全日空、ヤンゴン線と成都線を大型化 767に

2013年7月24日

全日本空輸(ANA)は7月24日、成田-ヤンゴン線の機材を9月30日から大型化し、便数も週7往復(毎日運航)に増便すると発表した。10月1日からは成田-成都線も機材を大型化する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

全日空、機内食で日本の魅力表現 第1弾は熊本、訪日需要喚起へ

2013年7月24日

全日本空輸(ANA)は7月23日、機内食やラウンジでのサービスなどを通じて、日本が世界に誇るものを体感できる取り組みを、9月から始めると発表した。地域や季節をテーマに機内食の食材などを選定し、国内に加えて海外にも日本の魅力を伝えていく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

UPDATE1: クレジット市場動向=CDS指数は小幅タイト化にどどまる、リスクオンの需要少ない

2013年7月23日

東京 23日 ロイター] - <対国債スプレッド> 政保債(地方公)10年 4.0─5.0bp 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp 地方債(都債) 10年 4.0─4.5bp 電力債(東電) 5年 210─220bp クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa nシリーズ19 は小幅タイト化にとどまった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

UPDATE1: クレジット市場動向=CDS指数に横ばい圏の気配、参院選は予想どおりで材料視されず

2013年7月22日

東京 22日 ロイター] - <対国債スプレッド> 政保債(地方公)10年 3.0─3.5bp 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp 地方債(都債) 10年 3.5─4.0bp 電力債(東電) 5年 210─220bp クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa nシリーズ19 は横ばい圏。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、サイトをリニューアル iPadでも使いやすくSNS連携も強化

2013年7月22日

全日本空輸(ANA)は7月22日、ウェブサイト「ANAスカイウェブ」をリニューアルした。トップページのデザインをシンプルにすることで、iPadなどタブレット端末でも使いやすくした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)