全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2013年11月3日から11月9日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ANA、747退役記念でチョロQなど販売 12月から

2013年11月9日

全日本空輸(ANA)は、ボーイング747-400型機が2014年3月31日で退役することを記念し、12月26日からインターネット通販「ANAショッピング astyle」で記念グッズの販売を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

2013年11月09日 配信ニュース

2013年11月9日

全日空(ANA)は、2014年3月末で退役するボーイング747-400型機による国内定期便の最終運行が、2014年3月31日の羽田/那覇線(1往復)になると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、スターフライヤーと羽田~福岡線もコードシェアで合意

2013年11月8日

全日本空輸(ANA)とスターフライヤー(SFJ)は、2014年2月1日搭乗分から、SFJが羽田~福岡間で運航する1日10往復20便でコードシェアを開始することで合意した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAの747、伊丹も里帰り実現 住民招待の遊覧飛行で

2013年11月8日

全日本空輸(ANA)は11月8日、2014年3月末で全機が退役するボーイング747-400型機による、伊丹空港での遊覧飛行を実施すると発表した。1月12日に周辺住民を招待する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、747ラストは羽田-那覇線 3月31日定期便

2013年11月8日

共有する: Facebook · Twitter · Print This Post. 全日本空輸(ANA)は11月8日、2014年3月末で退役するボーイング747-400型機による国内定期便の最終便が、羽田-那覇線になると発表した。3月31日に1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAとスターフライヤー、羽田-福岡線コードシェア 2月から

2013年11月8日

全日本空輸(ANA)とスターフライヤー(SFJ、9206)は11月8日、SFJが運航する羽田-福岡線で2014年2月1日からコードシェアを開始すると発表した。1日あたり10往復20便を運航する同路線での実施で、羽田発着の全路線がANAとのコードシェア対象となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

UPDATE 1-クレジット市場動向=CDS指数が小幅ワイド、さえない株価を意識

2013年11月8日

東京 8日 ロイター] - <対国債スプレッド> 政保債(地方公)10年 5.0─6.0bp 銀行債(みずほ) 5年 13─14bp 地方債(都債) 10年 7.0─7.5bp 電力債(東電) 5年 320─350bp クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa nシリーズ20 はワイドな動きを見せた。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ボーイング、787-9の2号機が初飛行成功

2013年11月8日

787-9のローンチカスタマーであるニュージーランド航空(ANZ)へは、2014年中頃に初号機が引き渡される予定。ANZは787-9を10機を発注済み。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

国交省、羽田国際線の発着枠配分は変更せず

2013年11月5日

東京 5日 ロイター] - 国土交通省は5日、羽田空港の国際線発着枠の配分見直しなどを求める日本航空(JAL)(9201.T: 株価, ニュース, レポート)の申し入れを退け、当初の決定通りANAホールディングス(9202.T: 株価, ニュース, レポート)(ANA)に傾斜配分する方針を明らかに 

>> 発信元へ(ロイター via Google)

全日空13年上期、国際線利用率74.8%、国内線60.3% 9月はアジア旅客増

2013年11月5日

全日本空輸(ANA)の2013年上期(4-9月)利用実績は、国際線旅客数が前年同期比4.3%減の317万208人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は9.1%増、有償旅客が搭乗して飛行した距離を示すRPK(有償旅客キロ)は5.2%増、ロードファクター(座席利用率、L/F)は2.8 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

国交省、日航の是正要求認めず 羽田発着枠配分

2013年11月5日

国交省は全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALに5枠と従来の均等配分ではなく傾斜配分とした。これを受けてJALは、傾斜配分に至った経緯説明と議事録など文書の提出、内容の是正を国交省に求めていた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAのスマートフォンアプリ、出発時刻などのプッシュ通知対応

2013年11月5日

全日本空輸(ANA)は10月31日、スマートフォンアプリ「ANA」をリニューアルしたと発表した。予約情報関連の利便性やマイレージ関連機能を拡充。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)