全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2013年12月1日から12月7日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

入社1年目の関空・西海さんが優勝 ANAの空港係員コンテスト

2013年12月6日

全日本空輸(ANA)は12月5日、空港のカウンターでチェックイン業務などを行うグランドスタッフ(GS)の接客技術を評価する「空港カスタマーサービス スキルコンテスト」を、東京・大田区の同社訓練施設「SPECIA(スペーシア)」で行った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「おいしくてカロリー少ないラーメンを」JALはなぜ九州じゃんがらとヘルシーラーメンを創ったのか

2013年12月4日

人気ラーメン店とのコラボでは、全日本空輸(ANA)が人気ラーメン店「博多一風堂」のメニューを6月から欧米路線で提供開始。JALは「九州じゃんがら」を展開する九州じゃんがら・ブルカン塾本部と「JAL特製『九州じゃんがら』 ヘルシーラーメン」を共同開発した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

タイのデモ、旅行需要への影響「現状ほぼなし」、長期化は懸念

2013年12月3日

今回、トラベルビジョンではジェイティービー(JTB)、エイチ・アイ・エス(HIS)、阪急交通社、近畿日本ツーリスト(KNT)、日本旅行の旅行会社5社と、日本航空(JL)、全日空(NH)、タイ国際航空(TG)の航空会社3社に聞き取りを実施したが、各社とも現時点ではキャンセルや予約 

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ジェットスター・ジャパンの定時性と遅延率、ANA並みに 国交省13年7-9月期情報公開

2013年12月3日

国土交通省航空局(JCAB)は12月2日、日本航空(JAL、9201)や全日本空輸(ANA)、LCC(低コスト航空会社)3社など、特定本邦航空運送事業者10社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2013年7月から9月期分を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、A320初号機公開 塗装後初めて

2013年12月3日

英ダブリンを拠点とするリース会社AWASからバニラの親会社であるANAホールディングス(9202)がリース導入した機体で、バニラは運航会社として機体を使用する。 12月20日から那覇と台北(桃園)の2都市へ就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バンコクのデモ、航空便に影響なし 一部航空会社は特別取扱いスタート

2013年12月3日

... について通常通り運航をおこなっていますが、2013年12月2日から12月9日分を対象に、航空券の特別取り扱いを開始しています。こうした航空券の特別取扱いは香港航空も実施しています。 12月3日午前の時点では日本航空(JAL)、全日空(ANA)は特に告知していません。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの”お・も・て・な・し”No.1決定 第1回CAコンテスト

2013年12月3日

全日本空輸(ANA)は12月2日、日ごろの接遇スキルを競う「客室乗務員スキルコンテスト」を初開催した。コンテストは個人部門とチーム部門の2つが行われ、個人部門はブレイケリー祐紀さん、チーム部門は和田陽子さん率いる「WADA JAPAN」が優勝した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国内線搭乗券の発行場所変更 保安検査場に

2013年12月2日

全日本空輸(ANA)は12月3日から国内線の搭乗券を発行する場所を、従来の搭乗口から保安検査場に変更する。羽田空港から開始し、その他の空港も順次切り替えていく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

米民間航空3社が中国に防空圏飛行計画を提出、米政府が容認

2013年12月2日

ニューヨーク/東京 1日 ロイター] - 米政府は29日、自国の民間航空会社に対し、東シナ海上空での飛行計画を中国当局に提出するよう勧告した。その後、ユナイテッド航空 、アメリカン航空 、デルタ航空 の米航空3社が中国当局に飛行計画を提出したことを明らかにした。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

米民間航空3社、中国に防空圏飛行計画を提出

2013年12月2日

米高官は29日にロイターに対し、中国の防空識別圏設定について、「東シナ海での現状を一方的に変えることで緊張関係を高め、判断ミスや対立、予期せぬ事態が発生するリスクを高める」ことを狙っていると指摘。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

米民間航空3社、中国に防空圏飛行計画を提出

2013年12月2日

米高官は29日にロイターに対し、中国の防空識別圏設定について、「東シナ海での現状を一方的に変えることで緊張関係を高め、判断ミスや対立、予期せぬ事態が発生するリスクを高める」ことを狙っていると指摘。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

米民間航空3社、中国に防空圏飛行計画を提出

2013年12月2日

米高官は29日にロイターに対し、中国の防空識別圏設定について、「東シナ海での現状を一方的に変えることで緊張関係を高め、判断ミスや対立、予期せぬ事態が発生するリスクを高める」ことを狙っていると指摘。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

全日空のQ400、落雷で機体へこむ

2013年12月1日

全日本空輸(ANA)によると、11月29日午前9時半ごろ、福岡発福江行き4915便のボンバルディアDHC-8-Q400型機が福江空港の北東約20キロを飛行中、落雷を受けた。乗客36人と乗員5人にけがはなかった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

日航と全日空、防空識別圏問題で対応変えず 政府からの指示なし

2013年12月1日

中国が沖縄県の尖閣諸島上空を含む、東シナ海の空域に防空識別圏を設定した問題で、米国の大手航空会社3社は11月30日にフライトプラン(飛行計画)を中国に提出した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社の中国への飛行計画提出が1位 先週の注目記事13年11月24日-30日

2013年12月1日

一番読まれたものは、日本航空(JAL、9201)や全日本空輸(ANA)による中国の航空当局へのフライトプラン(飛行計画)提出の記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

全日空10月実績、国際線利用率71.5%、国内65.3% 国際旅客は15.9%増

2013年12月1日

全日本空輸(ANA)が11月29日に発表した10月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比15.9%増の53万6868人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は15.1%増、有償旅客が搭乗して飛行した距離を示すRPK(有償旅客キロ)は15.0%増、ロードファクター(座席 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)