全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2014年2月16日から2月22日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ANA、愛媛と台北を結ぶ「松山/松山線」を運航へ

2014年2月22日

全日空(ANA)は2014年3月25日と3月29日、愛媛・松山と台北・松山を結ぶ松山/松山線のチャーター便を運航する計画です。愛媛新聞が伝えていますが、すでにこのチャーター便を利用するツアーが旅行会社から発売されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、リクルートと国内旅行で新会社 ANAじゃらんパック販売へ

2014年2月21日

全日空(ANA)のグループ会社で、旅行事業を行うANAセールスは2014年2月21日、リクルートホールディングスと国内旅行サービスの新会社「株式会社ANAじゃらんパック」を共同出資、設立したと発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ルフトハンザシステムズの運賃管理システムを継続契約

2014年2月21日

全日空(ANA)はルフトハンザドイツ航空のグループ会社のルフトハンザシステムズの運賃管理システム「ProfitLine/Price」を継続、契約を5年間延長しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAセールスとリクルート、国内旅行の新会社設立

2014年2月21日

新会社を立ち上げることで、パッケージ販売の仕入や販売を強化し、新しい旅行需要の創出を目指す。 新会社は、ANAセールスが提供する全日本空輸(ANA)の航空券と、リクルートが契約する約2万軒の宿泊施設を組み合わせて旅行商品を企画。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

オーストリアとオープンスカイで合意 羽田に深夜早朝枠を設定

2014年2月21日

2013/14年冬スケジュール現在、両国にはオーストリア航空が成田/ウィーン線を木曜日を除く週6便、全日空(ANA)がコードシェアで運航しています。なお、この路線は2013年夏スケジュールでは週7便で運航しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

仙台空港、ANAの747飛来にあわせ屋上展望デッキのオープンを前倒し

2014年2月21日

仙台空港は2014年3月15日(土)、全日空(ANA)の「ボーイング747-400卒業フライト」にあわせ、屋上展望デッキのオープンを前倒しすると発表しました。営業時間は通常8時のところ、当日は7時からとなります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、エコ割アジアスプリングスペシャルを発売 ホーチミン行き4.9万円

2014年2月21日

全日空(ANA)は2014年2月20日から3月3日までの期間、「エコ割アジアスプリングスペシャル」を設定、販売しています。搭乗期間は3月30日から4月25日までの日本発が対象。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

全日空商事、雑貨土産を開発・販売する藤二誠の株式取得

2014年2月21日

全日空商事は全国34空港で藤二誠が企画・開発した商品を空港店舗で販売しています。今回の株式取得で、藤二誠が持つ商品企画力・開発力を活用、訪日観光客向けに日本の景勝地に関連するご当地商品、キャラクター商品など、観光雑貨の展開が可能になるとしています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

揺れるスターフライヤー、社長交代だけで解決するのか

2014年2月21日

羽田偏重が問題の一つ?=12年12月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 2月20日 ... 一方、筆頭株主は12年12月にANAホールディングス(9202、当時は全日本空輸)となり、ANAの持ち株比率は17.96%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、過去最多の客室乗務員500人採用へ 15年度新卒、総合職は40人

2014年2月21日

全日本空輸(ANA)は2月20日、2015年度入社の客室乗務員(CA)と総合職(事務職・技術職)の新卒者採用計画を発表した。CAは過去最多となる500人程度を採用し、羽田空港や成田の発着枠増加や、国際線拡大に対応する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA Cargo、貨物専用機の増加でネットワーク拡大、営業強化はかる

2014年2月20日

ANAホールディングスは2014年2月14日、「2014-16年度 ANAグループ中期経営戦略」を発表、このうち貨物事業では、貨物専用機をさらに増機し、ネットワーク拡大につなげ、フレイター事業を早期に黒字化するとしています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2015年度新卒採用は事務・技術職で20名ずつ 客室乗務員500名

2014年2月20日

全日空(ANA)は、2015年度入社の総合職事務職、総合職技術職、客室乗務職の採用計画を決定しました。事務職、技術職とも20名程度ずつ、客室乗務員職は東京ベースで500名程度としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

2014年02月20日 配信ニュース

2014年2月20日

全日空(ANA)は2014年2月18日から5月31日までの期間、「ビジ割ニューヨークスプリングスペシャル」を設定、販売しています。搭乗期間は4月1日 ... FlyTeam(フライチーム)は航空ファン・飛行機利用者が集い、情報収集・交換するためのコミュニティサイトです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ビジ割ニューヨークスプリングスペシャル 328000円から

2014年2月20日

全日空(ANA)は2014年2月18日から5月31日までの期間、「ビジ割ニューヨークスプリングスペシャル」を設定、販売しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線販売開始 深夜枠利用の新路線

2014年2月20日

羽田の昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠は、昨年10月に全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALには5枠が配分された。ホーチミン線が使用する深夜早朝枠は、この発着枠配分の適用外。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、エコ割中国スプリングスペシャル 30000円から

2014年2月19日

全日空(ANA)は2014年2月18日から3月1日までの期間、「エコ割中国スプリングスペシャル」を設定、販売しています。搭乗期間は3月20日から5月4日までの日本発が対象です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

AIRDO、「札幌-新潟線就航5周年」キャンペーン 航空券プレゼント

2014年2月19日

期間中、応募するとAIRDOの新千歳/新潟線のペア往復航空券が1組2名にプレゼントされるほか、ホテルオークラ新潟、ANAクラウンプラザホテル新潟の宿泊券、今代司酒造の利き酒セット、新潟ビール醸造の胎内高原ビール6本セット、岩室温泉利用券30,000円分、ルレクチェ 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月から宮城、愛媛、宮崎テーマに機内、ラウンジサービスなど展開

2014年2月19日

全日空(ANA)はじめANAグループによる「Tastes of JAPAN by ANA」プロジェクトで、2014年3月から5月までの3ヶ月間、宮城県、愛媛県、宮崎県をテーマに機内やラウンジ、空港店舗、通販サイトで展開します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、エコ割ニューヨーク行き 燃油別で50000円から

2014年2月19日

全日空(ANA)は2014年2月18日から3月13日までの期間、「エコ割ニューヨークスプリングスペシャル」を設定、販売しています。搭乗期間は4月1日から5月31日までの日本発。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

2014年02月19日 配信ニュース

2014年2月19日

島根県浜田市は2014年7月18日から8月31日までの期間、全日空(ANA)により伊丹/萩・石見線の季節運航が決定したと発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、伊丹/萩・石見線の季節便運航を決定 4年連続

2014年2月19日

島根県浜田市は2014年7月18日から8月31日までの期間、全日空(ANA)により伊丹/萩・石見線の季節運航が決定したと発表しました。この路線は2010年に運休しましたが、2011年から季節運航され、2014年で4年連続となります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「JALは異次元」ANAホールディングス、16年度利益率7% グループ各社で業績評価制度

2014年2月18日

ANAホールディングス(9202)が2月14日に発表した2014-16年度中期経営計画。16年度に連結営業利益1300億円、連結営業利益率7.0%を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・グループ、日本での航空事業再参入で準備進む

2014年2月17日

エアアジアは、エアアジア・グループが全日空(ANA)と資本提携を解消した直後から、日本での事業を再開すると宣言していました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイングの14年1月納入45機、受注38機 787は4機納入

2014年2月17日

ANAの787=13年6月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 引き渡しの内訳は737が35機(前年同月32機)、747が0機(0機)、767が0機(1機)、777が6機(6機)、787が4機(0機)。787は全日本空輸(ANA)やエア・インディア(AIC)など4社に引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの787塗装変更が1位 先週の注目記事14年2月9日-15日

2014年2月16日

一番読まれたものは、全日本空輸(ANA)のボーイング787-8型機の塗装変更に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)