全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2014年3月30日から4月5日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

ANAグループは2011年から、客室乗務員、運航乗務員、ライン整備士にiPadを約10,000台を導入し、iPadを活用したマニュアルの電子化、動画を活用した教育訓練用のコンテンツの提供、搭乗客向けのサービス向上などを進めています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

アクセスランキング、1位は羽田線拡充-休暇改革に期待も

2014年4月4日

日本航空(JL)と全日空(NH)との間の傾斜配分などもあってこれまでも大きな注目を集めてきましたが、いよいよ実際の運航が始まりました。 2位に入った各社社長の ... トラベルビジョンの「優待情報」のコーナーはサイト内でも有数の人気コンテンツです。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

全日空(ANA)、ANAグループ各社はiPhone 5sとiPhone 5cを合計9,000台、導入しました。ソフトバンクテレコムが2014年3月28日に発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

ANAはオフィスの内線電話として、ソフトバンクテレコムの社内外のどこにいても24時間定額料金で利用できる内線ネットワークシステム「ホワイトオフィス」を、ANAグループのクラウド型音声基盤と接続して使用します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

全日空(ANA)、ANAグループ各社はiPhone 5sとiPhone 5cを合計9,000台、導入しました。ソフトバンクテレコムが2014年3月28日に発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

ANAはオフィスの内線電話として、ソフトバンクテレコムの社内外のどこにいても24時間定額料金で利用できる内線ネットワークシステム「ホワイトオフィス」を、ANAグループのクラウド型音声基盤と接続して使用します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

全日空(ANA)、ANAグループ各社はiPhone 5sとiPhone 5cを合計9,000台、導入しました。ソフトバンクテレコムが2014年3月28日に発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

ANAはオフィスの内線電話として、ソフトバンクテレコムの社内外のどこにいても24時間定額料金で利用できる内線ネットワークシステム「ホワイトオフィス」を、ANAグループのクラウド型音声基盤と接続して使用します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

全日空(ANA)、ANAグループ各社はiPhone 5sとiPhone 5cを合計9,000台、導入しました。ソフトバンクテレコムが2014年3月28日に発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

ANAグループは2011年から、客室乗務員、運航乗務員、ライン整備士にiPadを約10,000台を導入し、iPadを活用したマニュアルの電子化、動画を活用した教育訓練用のコンテンツの提供、搭乗客向けのサービス向上などを進めています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

全日空(ANA)、ANAグループ各社はiPhone 5sとiPhone 5cを合計9,000台、導入しました。ソフトバンクテレコムが2014年3月28日に発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAジャンボ、羽田最後のスポット・イン【動画】

2014年4月4日

全日空(ANA)は2014年3月31日に退役した747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が那覇から羽田に到着した際の動画をYouTubeで公開しています。 オープンスポットのマーシャラー背後から撮影されたもので、放水アーチでできた虹のなかをジャンボがスポット・インします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

ANAグループは2011年から、客室乗務員、運航乗務員、ライン整備士にiPadを約10,000台を導入し、iPadを活用したマニュアルの電子化、動画を活用した教育訓練用のコンテンツの提供、搭乗客向けのサービス向上などを進めています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

全日空(ANA)、ANAグループ各社はiPhone 5sとiPhone 5cを合計9,000台、導入しました。ソフトバンクテレコムが2014年3月28日に発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

ANAはオフィスの内線電話として、ソフトバンクテレコムの社内外のどこにいても24時間定額料金で利用できる内線ネットワークシステム「ホワイトオフィス」を、ANAグループのクラウド型音声基盤と接続して使用します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

全日空(ANA)、ANAグループ各社はiPhone 5sとiPhone 5cを合計9,000台、導入しました。ソフトバンクテレコムが2014年3月28日に発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

ANAグループは2011年から、客室乗務員、運航乗務員、ライン整備士にiPadを約10,000台を導入し、iPadを活用したマニュアルの電子化、動画を活用した教育訓練用のコンテンツの提供、搭乗客向けのサービス向上などを進めています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、グループ各社にiPhoneを9000台導入

2014年4月4日

全日空(ANA)、ANAグループ各社はiPhone 5sとiPhone 5cを合計9,000台、導入しました。ソフトバンクテレコムが2014年3月28日に発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

AMC、羽田空港国際線ターミナルのデューティーフリーでダブルマイル

2014年4月3日

ANAマイレージクラブ(AMC)は2014年6月30日まで、「COSMETIC BOUTIQUE NORTH OPEN記念 羽田空港ダブルマイルキャンペーン」を開催しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

AMC、羽田空港国際線ターミナルのデューティーフリーでダブルマイル

2014年4月3日

ANAマイレージクラブ(AMC)は2014年6月30日まで、「COSMETIC BOUTIQUE NORTH OPEN記念 羽田空港ダブルマイルキャンペーン」を開催しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

セントレア、2014年夏スケジュールの国際線は週323便

2014年4月3日

エアアジア・エックスが3月17日からクアラルンプール線を就航したほか、セブパシフィック航空がマニラ線を新規就航、全日空(ANA)の上海線の再開、チャイナエアラインが台北線を増便、フィンエアーがヘルシンキ線を増便したことから、2013年冬スケジュールの週283便から 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

新中央航空、4月2日から調布/三宅島線に就航

2014年4月2日

この路線就航により、全日空(ANA)が廃止した羽田/三宅島線にかわり、調布/三宅島線として離島への交通アクセスを確保します。 運賃はすでに発表されている通り、大人片道が1万7200円です。このほか、往復割引は31,500円、回数券5枚で75,300円などとなっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

新中央航空、4月2日から調布/三宅島線に就航

2014年4月2日

この路線就航により、全日空(ANA)が廃止した羽田/三宅島線にかわり、調布/三宅島線として離島への交通アクセスを確保します。 運賃はすでに発表されている通り、大人片道が1万7200円です。このほか、往復割引は31,500円、回数券5枚で75,300円などとなっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

新中央航空、4月2日から調布/三宅島線に就航

2014年4月2日

この路線就航により、全日空(ANA)が廃止した羽田/三宅島線にかわり、調布/三宅島線として離島への交通アクセスを確保します。 運賃はすでに発表されている通り、大人片道が1万7200円です。このほか、往復割引は31,500円、回数券5枚で75,300円などとなっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

新中央航空、4月2日から調布/三宅島線に就航

2014年4月2日

この路線就航により、全日空(ANA)が廃止した羽田/三宅島線にかわり、調布/三宅島線として離島への交通アクセスを確保します。 運賃はすでに発表されている通り、大人片道が1万7200円です。このほか、往復割引は31,500円、回数券5枚で75,300円などとなっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

住友精密工業、ANAから買収の長崎拠点の降着装置整備事業を開始

2014年4月2日

SPPNECOは、ANAホールディングスと全日空(ANA)から、ANAコンポーネントテクニクスの長崎北工場で実施していた航空機降着装置の整備・修理事業を買収し、業務提携していたもので、計画通り4月1日に実行されたものです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

新中央航空、4月2日から調布/三宅島線に就航

2014年4月2日

この路線就航により、全日空(ANA)が廃止した羽田/三宅島線にかわり、調布/三宅島線として離島への交通アクセスを確保します。 運賃はすでに発表されている通り、大人片道が1万7200円です。このほか、往復割引は31,500円、回数券5枚で75,300円などとなっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

新中央航空、4月2日から調布/三宅島線に就航

2014年4月2日

この路線就航により、全日空(ANA)が廃止した羽田/三宅島線にかわり、調布/三宅島線として離島への交通アクセスを確保します。 運賃はすでに発表されている通り、大人片道が1万7200円です。このほか、往復割引は31,500円、回数券5枚で75,300円などとなっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

新中央航空、4月2日から調布/三宅島線に就航

2014年4月2日

この路線就航により、全日空(ANA)が廃止した羽田/三宅島線にかわり、調布/三宅島線として離島への交通アクセスを確保します。 運賃はすでに発表されている通り、大人片道が1万7200円です。このほか、往復割引は31,500円、回数券5枚で75,300円などとなっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

新中央航空、4月2日から調布/三宅島線に就航

2014年4月2日

この路線就航により、全日空(ANA)が廃止した羽田/三宅島線にかわり、調布/三宅島線として離島への交通アクセスを確保します。 運賃はすでに発表されている通り、大人片道が1万7200円です。このほか、往復割引は31,500円、回数券5枚で75,300円などとなっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、中部/福岡線に就航 1日3往復

2014年4月1日

スターフライヤーは2014年3月30日、名古屋(セントレア)/福岡線に新規就航しました。1日3往復6便で運航、機材はA320を使用しています。いずれも全日空(ANA)がコードシェアをします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

鳥取空港、サポートクラブの個人・団体会員を募集

2014年4月1日

現在は鳥取大丸エアポートショップで1,000円以上の購入で5%割引、ホテルニューオータニレストランアゼリアで5%割引、ANA FESTAで会員限定のサービスや割引などがあります。 申込方法など詳細は鳥取空港のホームページを参照ください。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、入社式にジャンボも”列席” 寄せ書き「ちょっと書きにくかった」

2014年4月1日

全日本空輸(ANA)を傘下に置くANAホールディングス(9202)は4月1日、グループ26社の合同入社式を東京・大田区の同社機体メンテナンスセンター東京第2格納庫で開いた。今年は男性261人と女性828人の計1089人が入社。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、入社式にジャンボも”列席” 寄せ書き「ちょっと書きにくかった」

2014年4月1日

全日本空輸(ANA)を傘下に置くANAホールディングス(9202)は4月1日、グループ26社の合同入社式を東京・大田区の同社機体メンテナンスセンター東京第2格納庫で開いた。今年は男性261人と女性828人の計1089人が入社。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、TOMODACHI Awardを受賞 東日本大震災後の活動など評価

2014年4月1日

ボーイングは全日空(ANA)、日本航空(JAL)の航空会社との関係に加え、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業をはじめ、多くのサプライヤーと長年の関係を築いています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、中部/福岡線に就航 1日3往復

2014年4月1日

スターフライヤーは2014年3月30日、名古屋(セントレア)/福岡線に新規就航しました。1日3往復6便で運航、機材はA320を使用しています。いずれも全日空(ANA)がコードシェアをします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、入社式にジャンボも”列席” 寄せ書き「ちょっと書きにくかった」

2014年4月1日

全日本空輸(ANA)を傘下に置くANAホールディングス(9202)は4月1日、グループ26社の合同入社式を東京・大田区の同社機体メンテナンスセンター東京第2格納庫で開いた。今年は男性261人と女性828人の計1089人が入社。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、中部/福岡線に就航 1日3往復

2014年4月1日

スターフライヤーは2014年3月30日、名古屋(セントレア)/福岡線に新規就航しました。1日3往復6便で運航、機材はA320を使用しています。いずれも全日空(ANA)がコードシェアをします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、中部/福岡線に就航 1日3往復

2014年4月1日

スターフライヤーは2014年3月30日、名古屋(セントレア)/福岡線に新規就航しました。1日3往復6便で運航、機材はA320を使用しています。いずれも全日空(ANA)がコードシェアをします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、中部/福岡線に就航 1日3往復

2014年4月1日

スターフライヤーは2014年3月30日、名古屋(セントレア)/福岡線に新規就航しました。1日3往復6便で運航、機材はA320を使用しています。いずれも全日空(ANA)がコードシェアをします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、中部/福岡線に就航 1日3往復

2014年4月1日

スターフライヤーは2014年3月30日、名古屋(セントレア)/福岡線に新規就航しました。1日3往復6便で運航、機材はA320を使用しています。いずれも全日空(ANA)がコードシェアをします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、中部/福岡線に就航 1日3往復

2014年4月1日

スターフライヤーは2014年3月30日、名古屋(セントレア)/福岡線に新規就航しました。1日3往復6便で運航、機材はA320を使用しています。いずれも全日空(ANA)がコードシェアをします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、中部/福岡線に就航 1日3往復

2014年4月1日

スターフライヤーは2014年3月30日、名古屋(セントレア)/福岡線に新規就航しました。1日3往復6便で運航、機材はA320を使用しています。いずれも全日空(ANA)がコードシェアをします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える

2014年4月1日

ジャンボの愛称で親しまれた全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機が3月31日、最後の運航を終え退役した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

AMC、大丸・松坂屋通信販売 DMall.jpで4倍マイル 5月7日まで

2014年3月31日

ANAマイレージクラブ(AMC)では2014年5月7日までの期間、百貨店の「大丸・松坂屋通信販売 DMall.jp」で買い物をすると通常の4倍のマイルを獲得できるマイルアップキャンペーンを実施しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747-400、最後の定期便運航を終える

2014年3月31日

ANAでは今後、最後の747-400となったJA8961を4月13日に羽田空港の「ANA機体メンテナンスセンター&ANA訓練センター見学ツアー」を開催後、4月17日にアメリカ、テューペロでこの機体の最後のランディングを見学、撮影する退役記念イベントを開催します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

乗客数はビジネス30人、エコノミー166人の計196人だった。 ANAが夏ダイヤで開設した羽田発着新路線は、ロンドン、パリ、ミュンヘン、バンクーバー、ジャカルタ、ハノイ、マニラの7路線。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747-400、最後の定期便運航を終える

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えました。ANA126便は那覇を12時35分発のところ12時59分 ... 日本での747-400の導入は日本航空(JAL)が1990年に導入、全日空(ANA)も同年に導入しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

全日本空輸(ANA)は3月30日、羽田-バンクーバー線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

AMC、大丸・松坂屋通信販売 DMall.jpで4倍マイル 5月7日まで

2014年3月31日

ANAマイレージクラブ(AMC)では2014年5月7日までの期間、百貨店の「大丸・松坂屋通信販売 DMall.jp」で買い物をすると通常の4倍のマイルを獲得できるマイルアップキャンペーンを実施しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747-400、最後の定期便運航を終える

2014年3月31日

ANAでは今後、最後の747-400となったJA8961を4月13日に羽田空港の「ANA機体メンテナンスセンター&ANA訓練センター見学ツアー」を開催後、4月17日にアメリカ、テューペロでこの機体の最後のランディングを見学、撮影する退役記念イベントを開催します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

乗客数はビジネス30人、エコノミー166人の計196人だった。 ANAが夏ダイヤで開設した羽田発着新路線は、ロンドン、パリ、ミュンヘン、バンクーバー、ジャカルタ、ハノイ、マニラの7路線。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747-400、最後の定期便運航を終える

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えました。ANA126便は那覇を12時35分発のところ12時59分 ... 日本での747-400の導入は日本航空(JAL)が1990年に導入、全日空(ANA)も同年に導入しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

全日本空輸(ANA)は3月30日、羽田-バンクーバー線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747-400、最後の定期便運航を終える

2014年3月31日

ANAでは今後、最後の747-400となったJA8961を4月13日に羽田空港の「ANA機体メンテナンスセンター&ANA訓練センター見学ツアー」を開催後、4月17日にアメリカ、テューペロでこの機体の最後のランディングを見学、撮影する退役記念イベントを開催します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

乗客数はビジネス30人、エコノミー166人の計196人だった。 ANAが夏ダイヤで開設した羽田発着新路線は、ロンドン、パリ、ミュンヘン、バンクーバー、ジャカルタ、ハノイ、マニラの7路線。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747-400、最後の定期便運航を終える

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えました。ANA126便は那覇を12時35分発のところ12時59分 ... 日本での747-400の導入は日本航空(JAL)が1990年に導入、全日空(ANA)も同年に導入しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

全日本空輸(ANA)は3月30日、羽田-バンクーバー線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747-400、最後の定期便運航を終える

2014年3月31日

ANAでは今後、最後の747-400となったJA8961を4月13日に羽田空港の「ANA機体メンテナンスセンター&ANA訓練センター見学ツアー」を開催後、4月17日にアメリカ、テューペロでこの機体の最後のランディングを見学、撮影する退役記念イベントを開催します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

乗客数はビジネス30人、エコノミー166人の計196人だった。 ANAが夏ダイヤで開設した羽田発着新路線は、ロンドン、パリ、ミュンヘン、バンクーバー、ジャカルタ、ハノイ、マニラの7路線。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの747-400、最後の定期便運航を終える

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えました。ANA126便は那覇を12時35分発のところ12時59分 ... 日本での747-400の導入は日本航空(JAL)が1990年に導入、全日空(ANA)も同年に導入しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

全日本空輸(ANA)は3月30日、羽田-バンクーバー線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

乗客数はビジネス30人、エコノミー166人の計196人だった。 ANAが夏ダイヤで開設した羽田発着新路線は、ロンドン、パリ、ミュンヘン、バンクーバー、ジャカルタ、ハノイ、マニラの7路線。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田/那覇線で747-400のラストフライト

2014年3月31日

全日空(ANA)は2014年3月31日、747-400旅客機の定期便運航を終えます。3月30日には747-400、機体記号(レジ)「JA8961」が羽田/福岡線、羽田/新千歳線で、それぞれ最後の運航を終えました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

全日本空輸(ANA)は3月30日、羽田-バンクーバー線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

乗客数はビジネス30人、エコノミー166人の計196人だった。 ANAが夏ダイヤで開設した羽田発着新路線は、ロンドン、パリ、ミュンヘン、バンクーバー、ジャカルタ、ハノイ、マニラの7路線。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、747「ジャンボ」那覇行きラストフライト

2014年3月31日

きょう3月31日で全機が退役する、全日本空輸(ANA)のボーイング747-400D型機によるラストフライト往路となる那覇行きNH127便が午前8時50分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-バンクーバー線就航

2014年3月31日

全日本空輸(ANA)は3月30日、羽田-バンクーバー線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

AMC、グルメマイルで春のボーナスマイルキャンペーン 5月末まで

2014年3月30日

ANAマイレージクラブ(AMC)では2014年5月31日までの期間、全国のグルメマイル参加店でマイルを積算すると、税込み合計利用金額に応じ、ボーナスマイルを獲得できるキャンペーンを実施しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

羽田発着枠が拡大 ANAのハノイ線で増枠開始、JALはホーチミン線就航

2014年3月30日

2014年3月30日、航空各社らの夏スケジュールがはじまり、予定されていた羽田国際空港の国際線発着枠が拡大されました。国際線発着枠は未配分のアメリカ行きも含め1日40便、年間約3万回分が拡大されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの747、福岡線最終便 羽田着は1時間遅れ

2014年3月30日

福岡空港では、ANAグループのシンボル、ヒマワリの造花と横断幕を持った社員らに出迎えられた。 折り返しの羽田行きNH250便は、乗客564人(うち幼児6人)と乗員15人を乗せて43分遅れの午前11時53分に福岡の7番ゲートを出発。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

羽田、昼間国際線が拡充、海外・訪日の需要獲得へ競争激化

2014年3月30日

サテライト3階部分※クリックでフォトニュースに移動 羽田空港昼間時間帯の国際線発着枠が3月30日に拡大した。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

羽田発着枠が拡大 ANAのハノイ線で増枠開始、JALはホーチミン線就航

2014年3月30日

2014年3月30日、航空各社らの夏スケジュールがはじまり、予定されていた羽田国際空港の国際線発着枠が拡大されました。国際線発着枠は未配分のアメリカ行きも含め1日40便、年間約3万回分が拡大されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの747、福岡線最終便 羽田着は1時間遅れ

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、あす31日で退役するボーイング747-400D型機による羽田-那覇線の最終便を運航した。機材は登録番号JA8961。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

羽田発着枠が拡大 ANAのハノイ線で増枠開始、JALはホーチミン線就航

2014年3月30日

2014年3月30日、航空各社らの夏スケジュールがはじまり、予定されていた羽田国際空港の国際線発着枠が拡大されました。国際線発着枠は未配分のアメリカ行きも含め1日40便、年間約3万回分が拡大されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

AMC、グルメマイルで春のボーナスマイルキャンペーン 5月末まで

2014年3月30日

ANAマイレージクラブ(AMC)では2014年5月31日までの期間、全国のグルメマイル参加店でマイルを積算すると、税込み合計利用金額に応じ、ボーナスマイルを獲得できるキャンペーンを実施しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

羽田、昼間国際線が拡充、海外・訪日の需要獲得へ競争激化

2014年3月30日

サテライト3階部分※クリックでフォトニュースに移動 羽田空港昼間時間帯の国際線発着枠が3月30日に拡大した。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

羽田発着枠が拡大 ANAのハノイ線で増枠開始、JALはホーチミン線就航

2014年3月30日

2014年3月30日、航空各社らの夏スケジュールがはじまり、予定されていた羽田国際空港の国際線発着枠が拡大されました。国際線発着枠は未配分のアメリカ行きも含め1日40便、年間約3万回分が拡大されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

AMC、新生銀行の新規口座開設と円預金でボーナスマイル

2014年3月30日

ANAマイレージクラブ(AMC)では2014年5月30日までの期間中、新生銀行で所定の方法で新規口座開設、円預金「2週間満期預金」を利用すると、ボーナスマイルを獲得できるキャンペーンを実施しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

羽田発着枠が拡大 ANAのハノイ線で増枠開始、JALはホーチミン線就航

2014年3月30日

2014年3月30日、航空各社らの夏スケジュールがはじまり、予定されていた羽田国際空港の国際線発着枠が拡大されました。国際線発着枠は未配分のアメリカ行きも含め1日40便、年間約3万回分が拡大されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

羽田、昼間国際線が拡充、海外・訪日の需要獲得へ競争激化

2014年3月30日

サテライト3階部分※クリックでフォトニュースに移動 羽田空港昼間時間帯の国際線発着枠が3月30日に拡大した。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

羽田発着枠が拡大 ANAのハノイ線で増枠開始、JALはホーチミン線就航

2014年3月30日

2014年3月30日、航空各社らの夏スケジュールがはじまり、予定されていた羽田国際空港の国際線発着枠が拡大されました。国際線発着枠は未配分のアメリカ行きも含め1日40便、年間約3万回分が拡大されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

羽田発着枠が拡大 ANAのハノイ線で増枠開始、JALはホーチミン線就航

2014年3月30日

2014年3月30日、航空各社らの夏スケジュールがはじまり、予定されていた羽田国際空港の国際線発着枠が拡大されました。国際線発着枠は未配分のアメリカ行きも含め1日40便、年間約3万回分が拡大されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

羽田発着枠が拡大 ANAのハノイ線で増枠開始、JALはホーチミン線就航

2014年3月30日

2014年3月30日、航空各社らの夏スケジュールがはじまり、予定されていた羽田国際空港の国際線発着枠が拡大されました。国際線発着枠は未配分のアメリカ行きも含め1日40便、年間約3万回分が拡大されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ハノイ線開設 羽田の国際線17路線に

2014年3月30日

全日本空輸(ANA)は3月30日、夏ダイヤの新路線となる羽田-ハノイ線を開設した。機材はボーイング767-300ER型機(ビジネス35席、エコノミー179席の計214席)で、毎日1往復運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの777-9Xなど5機種大量発注が1位 先週の注目記事14年3月23日-29日

2014年3月30日

一番読まれたものは、ANAホールディングス(9202)によるボーイング777-9XやエアバスA321neoなどの大量発注に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、羽田-ホーチミン線就航 初便搭乗率80.9%

2014年3月30日

同路線は、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用するため、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、JALは5枠が配分された昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)の発着枠とは別枠。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)