全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2015年10月11日から10月17日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ANA、羽田=上海線を1日3往復に増便へ…日中政府間協議に対応

2015年10月17日

全日本空輸(ANA)は、今年5月の日中両国政府間協議の合意を踏まえ、2016年2月1日から羽田=上海線を増便すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

エア・ドゥ、ダイナミックパッケージ販売開始 ホテルや「旅のパーツ」も

2015年10月17日

一般的なツアーよりも多様な選択肢で、初心者だけでなく旅慣れた利用者からも人気が高い。 スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ/6J)もダイナミックパッケージ「ソラシド +(ぷらす)」の取り扱いを開始している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、那覇空港のグラハン会社に出資 2社が経営統合

2015年10月17日

ANAがグランドハンドリングを委託するエアー沖縄とGSOを経営統合し、グループに参画することで、効率的な事業体制を構築する。 エアー沖縄は1964年12月設立。ANAカウンターでの発券や搭乗手続き、出発ゲートでの搭乗案内など、運航支援業務を請け負っている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、那覇空港のグラハン会社に出資 2社が経営統合

2015年10月17日

同日からANAホールディングス(9202)の資本参加を受け、ANAHD傘下に入る。出資比率は未定。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田=上海線を1日3往復に増便へ…日中政府間協議に対応

2015年10月17日

全日本空輸(ANA)は、今年5月の日中両国政府間協議の合意を踏まえ、2016年2月1日から羽田=上海線を増便すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、羽田=上海線を1日3往復に増便へ…日中政府間協議に対応

2015年10月17日

全日本空輸(ANA)は、今年5月の日中両国政府間協議の合意を踏まえ、2016年2月1日から羽田=上海線を増便すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

エア・ドゥ、ダイナミックパッケージ販売開始 ホテルや「旅のパーツ」も

2015年10月17日

一般的なツアーよりも多様な選択肢で、初心者だけでなく旅慣れた利用者からも人気が高い。 スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ/6J)もダイナミックパッケージ「ソラシド +(ぷらす)」の取り扱いを開始している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、那覇空港のグラハン会社に出資 2社が経営統合

2015年10月17日

ANAがグランドハンドリングを委託するエアー沖縄とGSOを経営統合し、グループに参画することで、効率的な事業体制を構築する。 エアー沖縄は1964年12月設立。ANAカウンターでの発券や搭乗手続き、出発ゲートでの搭乗案内など、運航支援業務を請け負っている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、那覇空港のグラハン会社に出資 2社が経営統合

2015年10月17日

同日からANAホールディングス(9202)の資本参加を受け、ANAHD傘下に入る。出資比率は未定。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田=上海線を1日3往復に増便へ…日中政府間協議に対応

2015年10月17日

全日本空輸(ANA)は、今年5月の日中両国政府間協議の合意を踏まえ、2016年2月1日から羽田=上海線を増便すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

エアアジア・ジャパン、A320初号機が中部到着 3年で黒字化目標

2015年10月16日

2012年8月に成田空港を拠点に就航した旧エアアジア・ジャパンは、マレーシア本国のエアアジアとANAホールディングス(9202)の合弁事業で、2013年6月に合弁を解消。中部空港には2013年3月31日に就航したものの、同年8月末で撤退している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、A320初号機が中部到着 3年で黒字化目標

2015年10月16日

2012年8月に成田空港を拠点に就航した旧エアアジア・ジャパンは、マレーシア本国のエアアジアとANAホールディングス(9202)の合弁事業で、2013年6月に合弁を解消。中部空港には2013年3月31日に就航したものの、同年8月末で撤退している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エバー航空、787-10を24機発注へ

2015年10月16日

航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ビッグホリデー株式会社

2015年10月15日

商品構成は国内旅行から海外旅行まで幅広くおこない、特に全日空(ANA)の便指定商品が充実し、2008年9月に全日空との戦略的共同企画商品の「ANA旅くらぶ」を発売したことにより価格の優位性で売り上げを伸ばし、仕入代行事業の業績は信頼を得ています。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

三菱重工、「MHIレポート2015」を発行…飛行試験前の「MRJ」特集を掲載

2015年10月15日

監査等委員会設置会社への移行に伴って新設した監査等委員に就任した畔柳信雄氏(三菱東京UFJ銀行特別顧問)、クリスティーナ・アメージャン氏(一橋大学大学院商学研究科教授)、伊東信一郎氏(ANAホールディングス会長)の社外取締役3人が、同社のガバナンスに対する 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

【お知らせ】セミナー「変革期迎える日本の航空業界」11月24日開催

2015年10月15日

一方、航空機に目を向けると、ANAがスカイマークの再生支援に関連して、エアバスの総2階建て超大型機A380導入を検討するなど、経営戦略に大きな影響を及ぼしかねない動きも出始めています。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、マイル上級会員向けサイトをリニューアル

2015年10月15日

利用実績のうち、半分はANAグループの運航便であることが条件になる。 今回のサイトリニューアルでは、サービスの検索機能を追加し、スマートフォン用サイトを用意。写真と説明でわかりやすくしたという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの787シートベルト、バッグに再生 全日空商事

2015年10月15日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日空商事は10月22日から、全日本空輸(ANA/NH)公式のECサイト「A-style(エースタイル)」で、機体部品を再利用したグッズの販売を開始する。同社のボーイング787型機のシートベルトを使用したバッグで、数量限定で販売する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱重工、「MHIレポート2015」を発行…飛行試験前の「MRJ」特集を掲載

2015年10月15日

監査等委員会設置会社への移行に伴って新設した監査等委員に就任した畔柳信雄氏(三菱東京UFJ銀行特別顧問)、クリスティーナ・アメージャン氏(一橋大学大学院商学研究科教授)、伊東信一郎氏(ANAホールディングス会長)の社外取締役3人が、同社のガバナンスに対する 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAの787シートベルト、バッグに再生 全日空商事

2015年10月15日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日空商事は10月22日から、全日本空輸(ANA/NH)公式のECサイト「A-style(エースタイル)」で、機体部品を再利用したグッズの販売を開始する。同社のボーイング787型機のシートベルトを使用したバッグで、数量限定で販売する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ビッグホリデー株式会社

2015年10月15日

商品構成は国内旅行から海外旅行まで幅広くおこない、特に全日空(ANA)の便指定商品が充実し、2008年9月に全日空との戦略的共同企画商品の「ANA旅くらぶ」を発売したことにより価格の優位性で売り上げを伸ばし、仕入代行事業の業績は信頼を得ています。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ANAの787シートベルト、バッグに再生 全日空商事

2015年10月15日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日空商事は10月22日から、全日本空輸(ANA/NH)公式のECサイト「A-style(エースタイル)」で、機体部品を再利用したグッズの販売を開始する。同社のボーイング787型機のシートベルトを使用したバッグで、数量限定で販売する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、マイル上級会員向けサイトをリニューアル

2015年10月15日

全日本空輸(ANA/NH)は10月14日、マイル会員制度「ANAマイレージクラブ」のうち、一定の搭乗実績のある会員向けの「プレミアムメンバーサービス」のウェブサイトをリニューアルした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

【お知らせ】セミナー「変革期迎える日本の航空業界」11月24日開催

2015年10月15日

11月24日に都内で開催されるセミナー「変革期迎える日本の航空業界」(主催:セミナーインフォ)で、記者(吉川)が講師を務めます。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの787シートベルト、バッグに再生 全日空商事

2015年10月15日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日空商事は10月22日から、全日本空輸(ANA/NH)公式のECサイト「A-style(エースタイル)」で、機体部品を再利用したグッズの販売を開始する。同社のボーイング787型機のシートベルトを使用したバッグで、数量限定で販売する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ビッグホリデー株式会社

2015年10月15日

商品構成は国内旅行から海外旅行まで幅広くおこない、特に全日空(ANA)の便指定商品が充実し、2008年9月に全日空との戦略的共同企画商品の「ANA旅くらぶ」を発売したことにより価格の優位性で売り上げを伸ばし、仕入代行事業の業績は信頼を得ています。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

三菱重工、「MHIレポート2015」を発行…飛行試験前の「MRJ」特集を掲載

2015年10月15日

監査等委員会設置会社への移行に伴って新設した監査等委員に就任した畔柳信雄氏(三菱東京UFJ銀行特別顧問)、クリスティーナ・アメージャン氏(一橋大学大学院商学研究科教授)、伊東信一郎氏(ANAホールディングス会長)の社外取締役3人が、同社のガバナンスに対する 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

【お知らせ】セミナー「変革期迎える日本の航空業界」11月24日開催

2015年10月15日

一方、航空機に目を向けると、ANAがスカイマークの再生支援に関連して、エアバスの総2階建て超大型機A380導入を検討するなど、経営戦略に大きな影響を及ぼしかねない動きも出始めています。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、マイル上級会員向けサイトをリニューアル

2015年10月15日

利用実績のうち、半分はANAグループの運航便であることが条件になる。 今回のサイトリニューアルでは、サービスの検索機能を追加し、スマートフォン用サイトを用意。写真と説明でわかりやすくしたという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱重工、「MHIレポート2015」を発行…飛行試験前の「MRJ」特集を掲載

2015年10月15日

監査等委員会設置会社への移行に伴って新設した監査等委員に就任した畔柳信雄氏(三菱東京UFJ銀行特別顧問)、クリスティーナ・アメージャン氏(一橋大学大学院商学研究科教授)、伊東信一郎氏(ANAホールディングス会長)の社外取締役3人が、同社のガバナンスに対する 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ビッグホリデー株式会社

2015年10月15日

商品構成は国内旅行から海外旅行まで幅広くおこない、特に全日空(ANA)の便指定商品が充実し、2008年9月に全日空との戦略的共同企画商品の「ANA旅くらぶ」を発売したことにより価格の優位性で売り上げを伸ばし、仕入代行事業の業績は信頼を得ています。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ANA、マイル上級会員向けサイトをリニューアル

2015年10月15日

全日本空輸(ANA/NH)は10月14日、マイル会員制度「ANAマイレージクラブ」のうち、一定の搭乗実績のある会員向けの「プレミアムメンバーサービス」のウェブサイトをリニューアルした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

【お知らせ】セミナー「変革期迎える日本の航空業界」11月24日開催

2015年10月15日

11月24日に都内で開催されるセミナー「変革期迎える日本の航空業界」(主催:セミナーインフォ)で、記者(吉川)が講師を務めます。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ソラシド、ダイナミックパッケージ販売開始 航空券と宿泊組み合わせ自由

2015年10月14日

スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ/6J)は10月14日、ツアー内容を利用者が自由に組み合わせるダイナミックパッケージ「ソラシド +(ぷらす)」の販売を開始した。同社の就航地への旅行が対象で、出発前日の午後4時59分まで予約できる。企画・実施はANAセールス。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-上海増便へ 16年2月から3往復に

2015年10月14日

冬ダイヤの羽田-上海線は、浦東発着便で中国東方航空(CES/MU)が1日2往復、ANAとJALが1日1往復ずつ、春秋航空(CQH/9C)が週4往復、上海吉祥航空(DKH/HO)と上海航空(CSH/FM)が週3往復ずつ運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-上海増便へ 16年2月から3往復に

2015年10月14日

全日本空輸(ANA/NH)は10月14日、羽田-上海線を2016年2月1日から増便すると発表した。国土交通省と中国の航空当局が今年5月、羽田空港への昼間時間帯への乗り入れに合意したことによるもので、1日1往復を増便。ANAの同路線は1日3往復となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL新人CA乗務開始が1位 先週の注目記事15年10月4日-10日

2015年10月11日

10月4日から10日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、日本航空(JAL/JL、9201)がパソナグループのキャプランとともに2014年1月に開設した、客室乗務員(CA)を目指す学生向け講座「JALエアラインアカデミー」1期生の乗務開始の記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL新人CA乗務開始が1位 先週の注目記事15年10月4日-10日

2015年10月11日

10月4日から10日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、日本航空(JAL/JL、9201)がパソナグループのキャプランとともに2014年1月に開設した、客室乗務員(CA)を目指す学生向け講座「JALエアラインアカデミー」1期生の乗務開始の記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL新人CA乗務開始が1位 先週の注目記事15年10月4日-10日

2015年10月11日

10月4日から10日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、日本航空(JAL/JL、9201)がパソナグループのキャプランとともに2014年1月に開設した、客室乗務員(CA)を目指す学生向け講座「JALエアラインアカデミー」1期生の乗務開始の記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL新人CA乗務開始が1位 先週の注目記事15年10月4日-10日

2015年10月11日

10月4日から10日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、日本航空(JAL/JL、9201)がパソナグループのキャプランとともに2014年1月に開設した、客室乗務員(CA)を目指す学生向け講座「JALエアラインアカデミー」1期生の乗務開始の記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL新人CA乗務開始が1位 先週の注目記事15年10月4日-10日

2015年10月11日

10月4日から10日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、日本航空(JAL/JL、9201)がパソナグループのキャプランとともに2014年1月に開設した、客室乗務員(CA)を目指す学生向け講座「JALエアラインアカデミー」1期生の乗務開始の記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL新人CA乗務開始が1位 先週の注目記事15年10月4日-10日

2015年10月11日

10月4日から10日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、日本航空(JAL/JL、9201)がパソナグループのキャプランとともに2014年1月に開設した、客室乗務員(CA)を目指す学生向け講座「JALエアラインアカデミー」1期生の乗務開始の記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)