全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2016年1月3日から1月9日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

エア・ドゥ、737-500退役 定期便最終は女満別線

2016年1月9日

後継となるのは2機の737-700で、ANAホールディングス(9202)からのリース機で、8号機を昨年12月、9号機を今月導入する。9機の737-700が揃うことで、2012年10月から進めてきた737の更新は完了する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、737-500退役 定期便最終は女満別線

2016年1月9日

後継となるのは2機の737-700で、ANAホールディングス(9202)からのリース機で、8号機を昨年12月、9号機を今月導入する。9機の737-700が揃うことで、2012年10月から進めてきた737の更新は完了する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、737-500退役 定期便最終は女満別線

2016年1月9日

初号機(JA01AN)は、元全日本空輸(ANA、9202)の「ゴールドジェット」塗装機だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、737-500退役 定期便最終は女満別線

2016年1月9日

後継となるのは2機の737-700で、ANAホールディングス(9202)からのリース機で、8号機を昨年12月、9号機を今月導入する。9機の737-700が揃うことで、2012年10月から進めてきた737の更新は完了する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、737-500退役 定期便最終は女満別線

2016年1月9日

後継となるのは2機の737-700で、ANAホールディングス(9202)からのリース機で、8号機を昨年12月、9号機を今月導入する。9機の737-700が揃うことで、2012年10月から進めてきた737の更新は完了する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、737-500退役 定期便最終は女満別線

2016年1月9日

初号機(JA01AN)は、元全日本空輸(ANA、9202)の「ゴールドジェット」塗装機だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エールフランスの747、14日退役

2016年1月8日

日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。現在日本国内で運航されている747は、政府専用機と日本貨物航空(NCA/KZ)の貨物型のみ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、15年10-12月期納入182機、受注370機 787は34機納入

2016年1月8日

このうち、日本の航空会社への引き渡しは、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)へは737-800を2機、787-8と787-9を1機ずつ、日本航空(JAL/JL、9201)に787-9を1機、計5機だった。 787のうち、長胴型の787-9は20機。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に

2016年1月8日

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に. By Tadayuki YOSHIKAWA ... 全日本空輸(ANA/NH)などのANAグループで貨物事業を担うOCSは、東京都江東区辰巳に「OCS東京ロジスティクスセンター(仮称)」を建設する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、15年10-12月期納入182機、受注370機 787は34機納入

2016年1月8日

このうち、日本の航空会社への引き渡しは、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)へは737-800を2機、787-8と787-9を1機ずつ、日本航空(JAL/JL、9201)に787-9を1機、計5機だった。 787のうち、長胴型の787-9は20機。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に

2016年1月8日

全日本空輸(ANA/NH)などのANAグループで貨物事業を担うOCSは、東京都江東区辰巳に「OCS東京ロジスティクスセンター(仮称)」を建設する。現在の本社(港区芝浦)と新木場オペレーションセンター(江東区新木場)を集約し、2017年10月の稼働を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、15年10-12月期納入182機、受注370機 787は34機納入

2016年1月8日

このうち、日本の航空会社への引き渡しは、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)へは737-800を2機、787-8と787-9を1機ずつ、日本航空(JAL/JL、9201)に787-9を1機、計5機だった。 787のうち、長胴型の787-9は20機。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エールフランスの747、14日退役

2016年1月8日

日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。現在日本国内で運航されている747は、政府専用機と日本貨物航空(NCA/KZ)の貨物型のみ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エールフランスの747、14日退役

2016年1月8日

日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。現在日本国内で運航されている747は、政府専用機と日本貨物航空(NCA/KZ)の貨物型のみ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に

2016年1月8日

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に. By Tadayuki YOSHIKAWA ... 全日本空輸(ANA/NH)などのANAグループで貨物事業を担うOCSは、東京都江東区辰巳に「OCS東京ロジスティクスセンター(仮称)」を建設する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、15年10-12月期納入182機、受注370機 787は34機納入

2016年1月8日

このうち、日本の航空会社への引き渡しは、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)へは737-800を2機、787-8と787-9を1機ずつ、日本航空(JAL/JL、9201)に787-9を1機、計5機だった。 787のうち、長胴型の787-9は20機。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に

2016年1月8日

全日本空輸(ANA/NH)などのANAグループで貨物事業を担うOCSは、東京都江東区辰巳に「OCS東京ロジスティクスセンター(仮称)」を建設する。現在の本社(港区芝浦)と新木場オペレーションセンター(江東区新木場)を集約し、2017年10月の稼働を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エールフランスの747、14日退役

2016年1月8日

日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。現在日本国内で運航されている747は、政府専用機と日本貨物航空(NCA/KZ)の貨物型のみ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に

2016年1月8日

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に. By Tadayuki YOSHIKAWA ... 全日本空輸(ANA/NH)などのANAグループで貨物事業を担うOCSは、東京都江東区辰巳に「OCS東京ロジスティクスセンター(仮称)」を建設する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に

2016年1月8日

全日本空輸(ANA/NH)などのANAグループで貨物事業を担うOCSは、東京都江東区辰巳に「OCS東京ロジスティクスセンター(仮称)」を建設する。現在の本社(港区芝浦)と新木場オペレーションセンター(江東区新木場)を集約し、2017年10月の稼働を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に

2016年1月8日

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に. By Tadayuki YOSHIKAWA ... 全日本空輸(ANA/NH)などのANAグループで貨物事業を担うOCSは、東京都江東区辰巳に「OCS東京ロジスティクスセンター(仮称)」を建設する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA系OCS、新物流拠点を17年10月開設 処理能力3倍に

2016年1月8日

全日本空輸(ANA/NH)などのANAグループで貨物事業を担うOCSは、東京都江東区辰巳に「OCS東京ロジスティクスセンター(仮称)」を建設する。現在の本社(港区芝浦)と新木場オペレーションセンター(江東区新木場)を集約し、2017年10月の稼働を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、関西空港就航へ 春にも台北線

2016年1月7日

関空へ就航する見込みのバニラエア=15年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 成田空港を拠点とするバニラエアは、2013年12月20日に就航したANAホールディングス(9202)傘下のLCC。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、定時到着率が世界1位 グループ三冠4回目

2016年1月7日

日本勢では、全日本空輸(ANA/NH)が定時到着率88.88%で世界3位、アジア太平洋地域で2位だった。2014年に主要航空会社部門で1位だったKLMオランダ航空(KLM/KL)は4位だった。 フライトスタッツは2001年設立。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、関西空港就航へ 春にも台北線

2016年1月7日

関空へ就航する見込みのバニラエア=15年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 成田空港を拠点とするバニラエアは、2013年12月20日に就航したANAホールディングス(9202)傘下のLCC。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、定時到着率が世界1位 グループ三冠4回目

2016年1月7日

日本勢では、全日本空輸(ANA/NH)が定時到着率88.88%で世界3位、アジア太平洋地域で2位だった。2014年に主要航空会社部門で1位だったKLMオランダ航空(KLM/KL)は4位だった。 フライトスタッツは2001年設立。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、関西空港就航へ 春にも台北線

2016年1月7日

関空へ就航する見込みのバニラエア=15年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 成田空港を拠点とするバニラエアは、2013年12月20日に就航したANAホールディングス(9202)傘下のLCC。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、定時到着率が世界1位 グループ三冠4回目

2016年1月7日

日本勢では、全日本空輸(ANA/NH)が定時到着率88.88%で世界3位、アジア太平洋地域で2位だった。2014年に主要航空会社部門で1位だったKLMオランダ航空(KLM/KL)は4位だった。 フライトスタッツは2001年設立。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、関西空港就航へ 春にも台北線

2016年1月7日

関空へ就航する見込みのバニラエア=15年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 成田空港を拠点とするバニラエアは、2013年12月20日に就航したANAホールディングス(9202)傘下のLCC。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、定時到着率が世界1位 グループ三冠4回目

2016年1月7日

日本勢では、全日本空輸(ANA/NH)が定時到着率88.88%で世界3位、アジア太平洋地域で2位だった。2014年に主要航空会社部門で1位だったKLMオランダ航空(KLM/KL)は4位だった。 フライトスタッツは2001年設立。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、関西空港就航へ 春にも台北線

2016年1月7日

関空へ就航する見込みのバニラエア=15年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 成田空港を拠点とするバニラエアは、2013年12月20日に就航したANAホールディングス(9202)傘下のLCC。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、関西空港就航へ 春にも台北線

2016年1月7日

関空へ就航する見込みのバニラエア=15年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 成田空港を拠点とするバニラエアは、2013年12月20日に就航したANAホールディングス(9202)傘下のLCC。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、沖縄のグラハン3社統合へ 7月めど

2016年1月7日

石垣と宮古、久米島、与那国、南大東の離島5空港でのJTAとRAC便のすべての空港地上支援業務を担当している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

段ボール製チェックイン機導入のピーチ、設置費用「2万円だけ」

2016年1月6日

航空各社による年末年始の利用実績が、1月5日に出揃った。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は円安で海外発の需要が好調だった。4回目の年越しを迎えたLCCも、ロードファクター(座席利用率、L/F)がおおむね8割以上と、利用が定着してきたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA年末年始の輸送実績、国際線の利用率2.3ポイントダウン

2016年1月5日

... のリゾート方面に加え、アジア・オセアニア・北米方面が好調だった。海外発の訪日需要も、アジア・中国方面を中心に引き続き好調。新規就航した羽田=シドニー路線は好調で、期間中ほぼ満席。利用率は2.3ポイントダウンして79.4%と80%を割り込んだ。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

しかし、ANAは長距離路線を飛ぶボーイング777-300ERの後継機として、777の次世代機777-9Xを2014年7月に20機発注済み。2021年度から2027年度に導入と、今から約5年後には就航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

ANAホールディングス(9202)が、エアバスの総2階建ての超大型機A380を3機導入する方針を固めた。1月中に発表する2017年度からの中期経営計画とともに発表するとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA年末年始の輸送実績、国際線の利用率2.3ポイントダウン

2016年1月5日

... のリゾート方面に加え、アジア・オセアニア・北米方面が好調だった。海外発の訪日需要も、アジア・中国方面を中心に引き続き好調。新規就航した羽田=シドニー路線は好調で、期間中ほぼ満席。利用率は2.3ポイントダウンして79.4%と80%を割り込んだ。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC、利用率80-90%台 航空各社、年末年始の利用実績

2016年1月5日

スカイマーク(SKY/BC)など新規航空会社とLCC4社の航空各社は1月5日、年末年始(15年12月25日から16年1月3日まで、10日間)の利用実績を発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

そして2015年1月28日、スカイマーク(SKY/BC)は経営破綻する。再建に向け、井手隆司前会長ら旧経営陣は、全日本空輸(ANA/NH)とJALの大手2社とは距離を置く“第三極”としての独立性にこだわる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA年末年始の輸送実績、国際線の利用率2.3ポイントダウン

2016年1月5日

... のリゾート方面に加え、アジア・オセアニア・北米方面が好調だった。海外発の訪日需要も、アジア・中国方面を中心に引き続き好調。新規就航した羽田=シドニー路線は好調で、期間中ほぼ満席。利用率は2.3ポイントダウンして79.4%と80%を割り込んだ。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

しかし、ANAは長距離路線を飛ぶボーイング777-300ERの後継機として、777の次世代機777-9Xを2014年7月に20機発注済み。2021年度から2027年度に導入と、今から約5年後には就航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

ANAホールディングス(9202)が、エアバスの総2階建ての超大型機A380を3機導入する方針を固めた。1月中に発表する2017年度からの中期経営計画とともに発表するとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA年末年始の輸送実績、国際線の利用率2.3ポイントダウン

2016年1月5日

... のリゾート方面に加え、アジア・オセアニア・北米方面が好調だった。海外発の訪日需要も、アジア・中国方面を中心に引き続き好調。新規就航した羽田=シドニー路線は好調で、期間中ほぼ満席。利用率は2.3ポイントダウンして79.4%と80%を割り込んだ。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC、利用率80-90%台 航空各社、年末年始の利用実績

2016年1月5日

スカイマーク(SKY/BC)など新規航空会社とLCC4社の航空各社は1月5日、年末年始(15年12月25日から16年1月3日まで、10日間)の利用実績を発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

そして2015年1月28日、スカイマーク(SKY/BC)は経営破綻する。再建に向け、井手隆司前会長ら旧経営陣は、全日本空輸(ANA/NH)とJALの大手2社とは距離を置く“第三極”としての独立性にこだわる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA年末年始の輸送実績、国際線の利用率2.3ポイントダウン

2016年1月5日

... のリゾート方面に加え、アジア・オセアニア・北米方面が好調だった。海外発の訪日需要も、アジア・中国方面を中心に引き続き好調。新規就航した羽田=シドニー路線は好調で、期間中ほぼ満席。利用率は2.3ポイントダウンして79.4%と80%を割り込んだ。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

しかし、ANAは長距離路線を飛ぶボーイング777-300ERの後継機として、777の次世代機777-9Xを2014年7月に20機発注済み。2021年度から2027年度に導入と、今から約5年後には就航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

ANAホールディングス(9202)が、エアバスの総2階建ての超大型機A380を3機導入する方針を固めた。1月中に発表する2017年度からの中期経営計画とともに発表するとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA年末年始の輸送実績、国際線の利用率2.3ポイントダウン

2016年1月5日

... のリゾート方面に加え、アジア・オセアニア・北米方面が好調だった。海外発の訪日需要も、アジア・中国方面を中心に引き続き好調。新規就航した羽田=シドニー路線は好調で、期間中ほぼ満席。利用率は2.3ポイントダウンして79.4%と80%を割り込んだ。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

2016年1月5日

そして2015年1月28日、スカイマーク(SKY/BC)は経営破綻する。再建に向け、井手隆司前会長ら旧経営陣は、全日本空輸(ANA/NH)とJALの大手2社とは距離を置く“第三極”としての独立性にこだわる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率72.2% 山口宇部は60.3%

2016年1月5日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2015年11月の利用実績は、旅客数が前年同月比10.6%減の11万4279人、提供座席数が3.2%増の15万8764席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は11.0ポイント低下し72.2%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥの札幌行き、規定高度超えで運航か 2日に後続3便欠航、816人に影響

2016年1月4日

機材・乗員繰りにより、同日午後0時20分札幌発のHD20便と午後3時50分羽田発のHD29便、午後6時札幌発のHD32便の3便を運休した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAとJAL、円安で海外発好調 年末年始の利用実績

2016年1月4日

全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)、フジドリームエアラインズ(FDA/JH)の3社は1月4日、年末年始(15年12月25日から16年1月3日まで、10日間)の利用実績を発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥの札幌行き、規定高度超えで運航か 2日に後続3便欠航、816人に影響

2016年1月4日

機材・乗員繰りにより、同日午後0時20分札幌発のHD20便と午後3時50分羽田発のHD29便、午後6時札幌発のHD32便の3便を運休した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAとJAL、円安で海外発好調 年末年始の利用実績

2016年1月4日

全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)、フジドリームエアラインズ(FDA/JH)の3社は1月4日、年末年始(15年12月25日から16年1月3日まで、10日間)の利用実績を発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥの札幌行き、規定高度超えで運航か 2日に後続3便欠航、816人に影響

2016年1月4日

... のHD29便、午後6時札幌発のHD32便にも乗務する予定だったが、エア・ドゥはこれら3便を運休した。 エア・ドゥによると、3便に搭乗予定の816人は、同社の後続便や他社便のほか、翌3日に同社や全日本空輸(ANA/NH)が設定した羽田-札幌線の臨時便に搭乗したという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥの札幌行き、規定高度超えで運航か 2日に後続3便欠航、816人に影響

2016年1月4日

... のHD29便、午後6時札幌発のHD32便にも乗務する予定だったが、エア・ドゥはこれら3便を運休した。 エア・ドゥによると、3便に搭乗予定の816人は、同社の後続便や他社便のほか、翌3日に同社や全日本空輸(ANA/NH)が設定した羽田-札幌線の臨時便に搭乗したという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングとMRJ顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングと顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングと顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングと顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングと顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングと顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

同時にパートナーの表彰式が開かれ、台湾のAIDC、ドイツのエアバスヘリコプターズ、ナブテスコ(6268)が2015年の表彰パートナーに選ばれた。 三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱航空機、ボーイングと顧客支援のマイルストーン到達式典

2016年1月4日

三菱航空機は12月24日、MRJの量産初号機の引き渡しスケジュールを1年程度延期すると発表。ローンチカスタマーであるANAホールディングス(9202)への引き渡しは、2018年4-6月期(第2四半期)から7-9月期(第3四半期)となる見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

御来光と初富士に拍手 写真特集・初日の出フライト2016(JAL編)

2016年1月3日

本写真特集では、全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)、スターフライヤー(SFJ/7G、9206)による初日の出フライトの様子を取り上げる。乗れなかった人や、他社のフライトに興味がある人にもご覧いただきたい。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

“達人CA”がおもてなし 写真特集・初日の出フライト2016(ANA編)

2016年1月3日

毎年元日に各社が実施する初日の出フライト。機内からの眺めは格別なもので、多くの人が高額にもかかわらず、こぞって新年最初のフライトに申し込む。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

日本で最初に777を就航させたANAで教官を務める佐久間昭嗣機長に、777の先進性などを聞きました。 第3位は、777特集前編。ANAの777導入時期と初便、現在の座席配列などをまとめました。前後編合わせてご覧ください。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

“達人CA”がおもてなし 写真特集・初日の出フライト2016(ANA編)

2016年1月3日

本写真特集では、全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)、スターフライヤー(SFJ/7G、9206)による初日の出フライトの様子を取り上げる。乗れなかった人や、他社のフライトに興味がある人にもご覧いただきたい。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

一番読まれたものは、全日本空輸(ANA/NH)による初日の出フライトの記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

御来光と初富士に拍手 写真特集・初日の出フライト2016(JAL編)

2016年1月3日

本写真特集では、全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)、スターフライヤー(SFJ/7G、9206)による初日の出フライトの様子を取り上げる。乗れなかった人や、他社のフライトに興味がある人にもご覧いただきたい。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

日本で最初に777を就航させたANAで教官を務める佐久間昭嗣機長に、777の先進性などを聞きました。 第3位は、777特集前編。ANAの777導入時期と初便、現在の座席配列などをまとめました。前後編合わせてご覧ください。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

一番読まれたものは、全日本空輸(ANA/NH)による初日の出フライトの記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

日本で最初に777を就航させたANAで教官を務める佐久間昭嗣機長に、777の先進性などを聞きました。 第3位は、777特集前編。ANAの777導入時期と初便、現在の座席配列などをまとめました。前後編合わせてご覧ください。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

一番読まれたものは、全日本空輸(ANA/NH)による初日の出フライトの記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

日本で最初に777を就航させたANAで教官を務める佐久間昭嗣機長に、777の先進性などを聞きました。 第3位は、777特集前編。ANAの777導入時期と初便、現在の座席配列などをまとめました。前後編合わせてご覧ください。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

一番読まれたものは、全日本空輸(ANA/NH)による初日の出フライトの記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

ANAの777導入時期と初便、現在の座席配列などをまとめました。前後編合わせてご覧ください。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

一番読まれたものは、全日本空輸(ANA/NH)による初日の出フライトの記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

ANAの777導入時期と初便、現在の座席配列などをまとめました。前後編合わせてご覧ください。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの初日の出フライトが1位 先週の注目記事15年12月27日

2016年1月3日

一番読まれたものは、全日本空輸(ANA/NH)による初日の出フライトの記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)