全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2016年12月18日から12月24日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

また、ANAグループの有志で結成するバンド、「ANA Music Service(ANAミュージックサービス)」のメンバーがクリスマスソングを演奏した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

また、ANAグループの有志で結成するバンド、「ANA Music Service(ANAミュージックサービス)」のメンバーがクリスマスソングを演奏した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

また、ANAグループの有志で結成するバンド、「ANA Music Service(ANAミュージックサービス)」のメンバーがクリスマスソングを演奏した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

青いサンタ、利用客にプレゼント ANA、福岡行きでクリスマスフライト

2016年12月24日

クリスマスイブの12月24日、全日本空輸(ANA/NH)は羽田空港でクリスマスイベントを実施した。搭乗口で利用者に記念品を配付し、クリスマスソングを演奏し見送った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、A320の14号機お披露目 新制服CAが出迎え

2016年12月23日

14号機は仏トゥールーズ工場製で、スターフライヤーに17.96%出資する筆頭株主のANAホールディングス(9202)からのリース機。18日に北九州空港へ到着した。スターフライヤーのA320はすでに4機が退役しており、14号機到着で10機体制となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

ボーイングは現地時間12月22日、500機目の787型機をコロンビアのアビアンカ航空(AVA/AV)へ引き渡したと発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

ボーイングは現地時間12月22日、500機目の787型機をコロンビアのアビアンカ航空(AVA/AV)へ引き渡したと発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、A320の14号機お披露目 新制服CAが出迎え

2016年12月23日

14号機は仏トゥールーズ工場製で、スターフライヤーに17.96%出資する筆頭株主のANAホールディングス(9202)からのリース機。18日に北九州空港へ到着した。スターフライヤーのA320はすでに4機が退役しており、14号機到着で10機体制となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

ボーイングは現地時間12月22日、500機目の787型機をコロンビアのアビアンカ航空(AVA/AV)へ引き渡したと発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

ボーイングは現地時間12月22日、500機目の787型機をコロンビアのアビアンカ航空(AVA/AV)へ引き渡したと発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

ボーイングは現地時間12月22日、500機目の787型機をコロンビアのアビアンカ航空(AVA/AV)へ引き渡したと発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

日本の航空会社では、ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)が世界最多となる83機(787-8:36機、787-9:44機、787-10:3機)、日本航空(JAL/JL、9201)が45機(787-8:25機、787-9:20機)発注している。両社とも787-8は全機受領済み。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

ボーイングは現地時間12月22日、500機目の787型機をコロンビアのアビアンカ航空(AVA/AV)へ引き渡したと発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

日本の航空会社では、ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)が世界最多となる83機(787-8:36機、787-9:44機、787-10:3機)、日本航空(JAL/JL、9201)が45機(787-8:25機、787-9:20機)発注している。両社とも787-8は全機受領済み。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

ボーイングは現地時間12月22日、500機目の787型機をコロンビアのアビアンカ航空(AVA/AV)へ引き渡したと発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

日本の航空会社では、ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)が世界最多となる83機(787-8:36機、787-9:44機、787-10:3機)、日本航空(JAL/JL、9201)が45機(787-8:25機、787-9:20機)発注している。両社とも787-8は全機受領済み。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

日本の航空会社では、ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)が世界最多となる83機(787-8:36機、787-9:44機、787-10:3機)、日本航空(JAL/JL、9201)が45機(787-8:25機、787-9:20機)発注している。両社とも787-8は全機受領済み。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

日本の航空会社では、ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)が世界最多となる83機(787-8:36機、787-9:44機、787-10:3機)、日本航空(JAL/JL、9201)が45機(787-8:25機、787-9:20機)発注している。両社とも787-8は全機受領済み。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ボーイング、納入500機目の787をアビアンカ航空に引き渡し

2016年12月23日

787の納入は、2011年9月25日に全日空(ANA)へ「JA801A」が引き渡しされ、その運航がはじまりました。現在までに、48社に引き渡し、累計で営業飛行は696,000フライト、旅客数は1億3,300万人にのぼっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日

787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機(登録番号JA801A)が引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化 ...

2016年12月22日

ANAホールディングスは、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力 ...

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スルガ銀行ANA支店、1月21日に本田航空の操縦士教育コース説明会を開催

2016年12月22日

スルガ銀行ANA支店は2017年1月21日(金)の13時から15時まで、東京・日本橋のスルガビル2階で「エアラインパイロットになろう! HFTC国内一貫教育コース説明会」を開催します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。 北海道と連携協定を締結するANA=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 包括連携協定では北海道の観光や食、スポーツでの地域振興などを展開する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、雪で143便欠航 新千歳便中心に1万9000人影響

2016年12月22日

北海道地方の降雪や猛ふぶきの影響により、12月22日は航空各社の札幌(新千歳)発着便を中心に、欠航や遅延などが生じている。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)では、合わせて143便の欠航が決まった。2社だけで約1万9000人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力 ...

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

... を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

年間ランキング、1位は「澤田社長」、リスクとチャンスの1年に

2016年12月22日

例えば地震は、トラベルビジョンが取り上げただけでも今年のうちに福島や鳥取、台湾、ニュージーランド、イタリア、ミャンマーなどで発生しているほか、個人情報関連でも札幌通運や全日空(NH)のコールセンター、アシアナ航空(OZ)、ベトナム航空(VN)などが悪意のターゲットに 

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

「JALと強い関係築く」特集・アメリカン航空アイソム社長の日本戦略

2016年12月22日

8月に社長に就任したアメリカン航空(AAL/AA)のロバート・アイソム社長が来日した。現在のアメリカン航空は、2013年12月に旧アメリカン航空とUSエアウェイズ(当時)が合併して発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、雪で143便欠航 新千歳便中心に1万9000人影響

2016年12月22日

北海道地方の降雪や猛ふぶきの影響により、12月22日は航空各社の札幌(新千歳)発着便を中心に、欠航や遅延などが生じている。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)では、合わせて143便の欠航が決まった。2社だけで約1万9000人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化

2016年12月22日

ANAでは、国内外に展開しているネットワークを生かしながら、北海道の「ブランド力」向上と広大な地域の活性化を推進する。 ANAと北海道は、北海道の観光振興や食の振興、人づくり、スポーツを基軸とした地域振興、海外事業との連携などで協力していく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力 ...

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スルガ銀行ANA支店、1月21日に本田航空の操縦士教育コース説明会を開催

2016年12月22日

スルガ銀行ANA支店は2017年1月21日(金)の13時から15時まで、東京・日本橋のスルガビル2階で「エアラインパイロットになろう! HFTC国内一貫教育コース説明会」を開催します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。 北海道と連携協定を締結するANA=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 包括連携協定では北海道の観光や食、スポーツでの地域振興などを展開する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、雪で143便欠航 新千歳便中心に1万9000人影響

2016年12月22日

北海道地方の降雪や猛ふぶきの影響により、12月22日は航空各社の札幌(新千歳)発着便を中心に、欠航や遅延などが生じている。全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)では、合わせて143便の欠航が決まった。2社だけで約1万9000人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。 3者は今後、ドローンを活用した社会基盤構築に向けた取り組みを協力して進めていく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

... を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

「JALと強い関係築く」特集・アメリカン航空アイソム社長の日本戦略

2016年12月22日

8月に社長に就任したアメリカン航空(AAL/AA)のロバート・アイソム社長が来日した。現在のアメリカン航空は、2013年12月に旧アメリカン航空とUSエアウェイズ(当時)が合併して発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化

2016年12月22日

ANAでは、国内外に展開しているネットワークを生かしながら、北海道の「ブランド力」向上と広大な地域の活性化を推進する。 ANAと北海道は、北海道の観光振興や食の振興、人づくり、スポーツを基軸とした地域振興、海外事業との連携などで協力していく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力 ...

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スルガ銀行ANA支店、1月21日に本田航空の操縦士教育コース説明会を開催

2016年12月22日

スルガ銀行ANA支店は2017年1月21日(金)の13時から15時まで、東京・日本橋のスルガビル2階で「エアラインパイロットになろう! HFTC国内一貫教育コース説明会」を開催します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。 北海道と連携協定を締結するANA=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 包括連携協定では北海道の観光や食、スポーツでの地域振興などを展開する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。 3者は今後、ドローンを活用した社会基盤構築に向けた取り組みを協力して進めていく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

... を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「JALと強い関係築く」特集・アメリカン航空アイソム社長の日本戦略

2016年12月22日

8月に社長に就任したアメリカン航空(AAL/AA)のロバート・アイソム社長が来日した。現在のアメリカン航空は、2013年12月に旧アメリカン航空とUSエアウェイズ(当時)が合併して発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化

2016年12月22日

ANAでは、国内外に展開しているネットワークを生かしながら、北海道の「ブランド力」向上と広大な地域の活性化を推進する。 ANAと北海道は、北海道の観光振興や食の振興、人づくり、スポーツを基軸とした地域振興、海外事業との連携などで協力していく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

... や、海上でのドローン有効活用に向けた安全で信頼性の高い自律飛行制御技術の研究に取り組む中で、防災や水産業、観光でドローンの活用を目指す天草市と、航空の安全運航に関して知見のあるANA総合研究所がそれぞれの長所を生かし相互に補完しながら活動する。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。 北海道と連携協定を締結するANA=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 包括連携協定では北海道の観光や食、スポーツでの地域振興などを展開する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。 3者は今後、ドローンを活用した社会基盤構築に向けた取り組みを協力して進めていく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「JALと強い関係築く」特集・アメリカン航空アイソム社長の日本戦略

2016年12月22日

8月に社長に就任したアメリカン航空(AAL/AA)のロバート・アイソム社長が来日した。現在のアメリカン航空は、2013年12月に旧アメリカン航空とUSエアウェイズ(当時)が合併して発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化

2016年12月22日

ANAでは、国内外に展開しているネットワークを生かしながら、北海道の「ブランド力」向上と広大な地域の活性化を推進する。 ANAと北海道は、北海道の観光振興や食の振興、人づくり、スポーツを基軸とした地域振興、海外事業との連携などで協力していく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

... や、海上でのドローン有効活用に向けた安全で信頼性の高い自律飛行制御技術の研究に取り組む中で、防災や水産業、観光でドローンの活用を目指す天草市と、航空の安全運航に関して知見のあるANA総合研究所がそれぞれの長所を生かし相互に補完しながら活動する。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。 北海道と連携協定を締結するANA=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 包括連携協定では北海道の観光や食、スポーツでの地域振興などを展開する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。 3者は今後、ドローンを活用した社会基盤構築に向けた取り組みを協力して進めていく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

... を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「JALと強い関係築く」特集・アメリカン航空アイソム社長の日本戦略

2016年12月22日

8月に社長に就任したアメリカン航空(AAL/AA)のロバート・アイソム社長が来日した。現在のアメリカン航空は、2013年12月に旧アメリカン航空とUSエアウェイズ(当時)が合併して発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化

2016年12月22日

ANAでは、国内外に展開しているネットワークを生かしながら、北海道の「ブランド力」向上と広大な地域の活性化を推進する。 ANAと北海道は、北海道の観光振興や食の振興、人づくり、スポーツを基軸とした地域振興、海外事業との連携などで協力していく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

... や、海上でのドローン有効活用に向けた安全で信頼性の高い自律飛行制御技術の研究に取り組む中で、防災や水産業、観光でドローンの活用を目指す天草市と、航空の安全運航に関して知見のあるANA総合研究所がそれぞれの長所を生かし相互に補完しながら活動する。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

「JALと強い関係築く」特集・アメリカン航空アイソム社長の日本戦略

2016年12月22日

8月に社長に就任したアメリカン航空(AAL/AA)のロバート・アイソム社長が来日した。現在のアメリカン航空は、2013年12月に旧アメリカン航空とUSエアウェイズ(当時)が合併して発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。 3者は今後、ドローンを活用した社会基盤構築に向けた取り組みを協力して進めていく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

「JALと強い関係築く」特集・アメリカン航空アイソム社長の日本戦略

2016年12月22日

8月に社長に就任したアメリカン航空(AAL/AA)のロバート・アイソム社長が来日した。現在のアメリカン航空は、2013年12月に旧アメリカン航空とUSエアウェイズ(当時)が合併して発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化

2016年12月22日

ANAでは、国内外に展開しているネットワークを生かしながら、北海道の「ブランド力」向上と広大な地域の活性化を推進する。 ANAと北海道は、北海道の観光振興や食の振興、人づくり、スポーツを基軸とした地域振興、海外事業との連携などで協力していく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

... や、海上でのドローン有効活用に向けた安全で信頼性の高い自律飛行制御技術の研究に取り組む中で、防災や水産業、観光でドローンの活用を目指す天草市と、航空の安全運航に関して知見のあるANA総合研究所がそれぞれの長所を生かし相互に補完しながら活動する。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。 北海道と連携協定を締結するANA=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 包括連携協定では北海道の観光や食、スポーツでの地域振興などを展開する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。 3者は今後、ドローンを活用した社会基盤構築に向けた取り組みを協力して進めていく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAHD、北海道と包括連携協定

2016年12月22日

... を傘下に持つANAホールディングス(9202)は12月21日、北海道と包括連携協定を締結すると発表した。ANAの路線網を活かし、北海道のブランド力向上と地域活性化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの機体工場見学者、累計100万人を達成---23年目

2016年12月22日

全日本空輸(ANA)は、羽田空港の整備工場で実施している「機体工場見学」の来訪者数が、2016年12月19日に累計100万人を突破したと発表した。 機体工場見学は、ANAのCSR活動の一環として1993年9月から開始、今年で23年目となっている。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

... や、海上でのドローン有効活用に向けた安全で信頼性の高い自律飛行制御技術の研究に取り組む中で、防災や水産業、観光でドローンの活用を目指す天草市と、航空の安全運航に関して知見のあるANA総合研究所がそれぞれの長所を生かし相互に補完しながら活動する。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化

2016年12月22日

ANAでは、国内外に展開しているネットワークを生かしながら、北海道の「ブランド力」向上と広大な地域の活性化を推進する。 ANAと北海道は、北海道の観光振興や食の振興、人づくり、スポーツを基軸とした地域振興、海外事業との連携などで協力していく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。 3者は今後、ドローンを活用した社会基盤構築に向けた取り組みを協力して進めていく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAと北海道が包括連携---北海道の「ブランド力」向上と地域の活性化

2016年12月22日

ANAでは、国内外に展開しているネットワークを生かしながら、北海道の「ブランド力」向上と広大な地域の活性化を推進する。 ANAと北海道は、北海道の観光振興や食の振興、人づくり、スポーツを基軸とした地域振興、海外事業との連携などで協力していく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

... や、海上でのドローン有効活用に向けた安全で信頼性の高い自律飛行制御技術の研究に取り組む中で、防災や水産業、観光でドローンの活用を目指す天草市と、航空の安全運航に関して知見のあるANA総合研究所がそれぞれの長所を生かし相互に補完しながら活動する。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ドローンを活用した社会基盤構築へ、天草市×東京大学×ANAが協力…ヘリとドローンの衝突回避など

2016年12月22日

天草市、東京大学、ANAホールディングス傘下のANA総合研究所は、ドローンを活用した社会基盤構築に向け、協定を締結した。 3者は今後、ドローンを活用した社会基盤構築に向けた取り組みを協力して進めていく。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、11月の利用率 76.1% 旅客数7.9%増

2016年12月22日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年11月利用実績は、旅客数が前年同月比7.9%増の12万3330人、提供座席数は2.4%増の16万2525席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.4%増の1億5518万9000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、JOC「アスナビ」を通じ、2017年4月入社の2名を採用内定

2016年12月21日

ANAホ-ルディングス傘下のANAエアポ-トサ-ビスは、日本オリンピック委員会(JOC)が行うトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、2名の採用を内定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

全日本空輸(ANA)は、原油価格の上昇や円安の影響で、2017年2月1日以降の国際線旅客の航空券に「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を適用すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、2月発券分から国際線旅客便の燃油サーチャージ徴収を再開

2016年12月20日

ANA、2月発券分から国際線旅客便の燃油サーチャージ徴収を再開 | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · ショッピング · 航空会社 · ミリタリー · 路線 · 空港 · 機材 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

小型機だけど大型低燃費エンジン 写真特集・ANA A320neo初号機(後編)

2016年12月20日

全日本空輸(ANA/NH)が国際線に投入するエアバスA320neoの初号機(登録番号JA211A、MSN7401)が12月17日、羽田空港に到着した。国内の航空会社が受領した最初のA320neoで、2017年1月から中国線などに就航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

小型機だけど大型低燃費エンジン 写真特集・ANA A320neo初号機(後編)

2016年12月20日

ANAを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)はA320neoを7機発注。全機が国際線仕様機で、2018年度までに受領する。羽田に到着した初号機は、11月25日に製造され、12月15日(日本時間16日)に独ハンブルクで引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、2月発券分から国際線旅客便の燃油サーチャージ徴収を再開

2016年12月20日

全日空(ANA)は、2017年2月1日(水)発券分から、国際線旅客便の燃油サーチャージ額について、2017年1月末分までの非徴収から変更、徴収を再開すると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

... 当たり3500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジアが1500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパンが1000円、日本=中国・香港・台湾・マカオが500円、日本=韓国が200円。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

小型機だけど大型低燃費エンジン 写真特集・ANA A320neo初号機(後編)

2016年12月20日

全日本空輸(ANA/NH)が国際線に投入するエアバスA320neoの初号機(登録番号JA211A、MSN7401)が12月17日、羽田空港に到着した。国内の航空会社が受領した最初のA320neoで、2017年1月から中国線などに就航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

全日本空輸(ANA)は、原油価格の上昇や円安の影響で、2017年2月1日以降の国際線旅客の航空券に「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を適用すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

小型機だけど大型低燃費エンジン 写真特集・ANA A320neo初号機(後編)

2016年12月20日

全日本空輸(ANA/NH)が国際線に投入するエアバスA320neoの初号機(登録番号JA211A、MSN7401)が12月17日、羽田空港に到着した。国内の航空会社が受領した最初のA320neoで、2017年1月から中国線などに就航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

小型機だけど大型低燃費エンジン 写真特集・ANA A320neo初号機(後編)

2016年12月20日

ANAを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)はA320neoを7機発注。全機が国際線仕様機で、2018年度までに受領する。羽田に到着した初号機は、11月25日に製造され、12月15日(日本時間16日)に独ハンブルクで引き渡された。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

... 当たり3500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジアが1500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパンが1000円、日本=中国・香港・台湾・マカオが500円、日本=韓国が200円。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

小型機だけど大型低燃費エンジン 写真特集・ANA A320neo初号機(後編)

2016年12月20日

全日本空輸(ANA/NH)が国際線に投入するエアバスA320neoの初号機(登録番号JA211A、MSN7401)が12月17日、羽田空港に到着した。国内の航空会社が受領した最初のA320neoで、2017年1月から中国線などに就航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

レスポンス(Response.jp) · ホーム · 自動車 · 自動車 · ニューモデル · ビジネス · 社会 · テクノロジー · スポーツ/エンタメ · エコカー · 試乗記 · アフターマーケット · 記事の画像. 窓ガラス用接着剤でボディ剛性を向上---横浜ゴムが高弾性タイプを開発 · 記事の画像. 圏央道茨城県区間 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

... 当たり3500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジアが1500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパンが1000円、日本=中国・香港・台湾・マカオが500円、日本=韓国が200円。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

全日本空輸(ANA)は、原油価格の上昇や円安の影響で、2017年2月1日以降の国際線旅客の航空券に「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を適用すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

... 当たり3500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジアが1500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパンが1000円、日本=中国・香港・台湾・マカオが500円、日本=韓国が200円。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

全日本空輸(ANA)は、原油価格の上昇や円安の影響で、2017年2月1日以降の国際線旅客の航空券に「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を適用すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

... 当たり3500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジアが1500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパンが1000円、日本=中国・香港・台湾・マカオが500円、日本=韓国が200円。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

全日本空輸(ANA)は、原油価格の上昇や円安の影響で、2017年2月1日以降の国際線旅客の航空券に「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を適用すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

... 当たり3500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジアが1500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパンが1000円、日本=中国・香港・台湾・マカオが500円、日本=韓国が200円。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

全日本空輸(ANA)は、原油価格の上昇や円安の影響で、2017年2月1日以降の国際線旅客の航空券に「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を適用すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

... 当たり3500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジアが1500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパンが1000円、日本=中国・香港・台湾・マカオが500円、日本=韓国が200円。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

全日本空輸(ANA)は、原油価格の上昇や円安の影響で、2017年2月1日以降の国際線旅客の航空券に「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を適用すると発表した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10カ月ぶり適用 2017年2月から

2016年12月20日

... 当たり3500円、日本=ハワイ・インド・インドネシアが2000円、日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジアが1500円、日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパンが1000円、日本=中国・香港・台湾・マカオが500円、日本=韓国が200円。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ再設定へ 17年2月から、10カ月ぶり

2016年12月19日

10カ月ぶりに燃油サーチャージを再設定するANA=16年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 2月1日から3月31日発券分が対象となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

同校には、ボーイング787-8型機の模型飛行機に、校名を刻んでプレゼントした。100万人目となった児童は「今度飛行機に乗るときは全日空に乗る」とあいさつすると、大人たちからは笑いが漏れた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ再設定へ 17年2月から、10カ月ぶり

2016年12月19日

全日本空輸(ANA/NH)は12月19日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、2017年2月発券分から再設定すると発表した。燃油価格の上昇と円安によるもので、今年3月以来、10カ月ぶりの設定となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、燃油サーチャージ再設定へ 17年2月から、10カ月ぶり

2016年12月19日

10カ月ぶりに燃油サーチャージを再設定するANA=16年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 2月1日から3月31日発券分が対象となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

同校には、ボーイング787-8型機の模型飛行機に、校名を刻んでプレゼントした。100万人目となった児童は「今度飛行機に乗るときは全日空に乗る」とあいさつすると、大人たちからは笑いが漏れた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALも燃油サーチャージ再設定へ 17年2月から

2016年12月19日

燃油価格の上昇と円安によるもので、今年3月以来、10カ月ぶりの設定となる。 10カ月ぶりに燃油サーチャージを再設定するJAL=16年7月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 2月1日から3月31日発券分が対象となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

同校には、ボーイング787-8型機の模型飛行機に、校名を刻んでプレゼントした。100万人目となった児童は「今度飛行機に乗るときは全日空に乗る」とあいさつすると、大人たちからは笑いが漏れた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

同校には、ボーイング787-8型機の模型飛行機に、校名を刻んでプレゼントした。100万人目となった児童は「今度飛行機に乗るときは全日空に乗る」とあいさつすると、大人たちからは笑いが漏れた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA機体工場、見学者100万人到達 23年で

2016年12月19日

A320neo初号機を見学する児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. A321ceoの入庫を見つめる児童=16年12月19日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 関連リンク 機体工場見学(全日本空輸). 13年9月には「78万7000人」 ・ANAの工場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

JALとANAの年末年始予約状況、国内線が1割増

2016年12月19日

国内大手航空会社の2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の航空旅客の予約状況を発表した。 全日本空輸(ANA)の国内線の予約数は前年同期比10.0%増の164万0803人で、予約率は6.4ポイントアップして66.7%だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

広島空港、12月と1月に元機長や整備士による講演会や航空教室を開催へ

2016年12月18日

12月23日(祝・金)、1月8日(日)には国際線2階団体待合室Bで、元全日空(ANA)の国際線シニア機長、門田明さんによる講演会が開催されます。時間は11時から、14時からの2回です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

広島空港、12月と1月に元機長や整備士による講演会や航空教室を開催へ

2016年12月18日

12月23日(祝・金)、1月8日(日)には国際線2階団体待合室Bで、元全日空(ANA)の国際線シニア機長、門田明さんによる講演会が開催されます。時間は11時から、14時からの2回です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

日ハムのJALチャーターV旅行が1位 先週の注目記事16年12月11日-17日

2016年12月18日

JALからのプレゼントを手にする栗山監督(左から2番目)と大野選手(右から2番目)=16年12月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 日ハムは2006年シーズン以来10年ぶりに日本一となり、12日に日本航空(JAL/JL、9201)のチャーター機でホノルルへ向かいまし 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

広島空港、12月と1月に元機長や整備士による講演会や航空教室を開催へ

2016年12月18日

12月23日(祝・金)、1月8日(日)には国際線2階団体待合室Bで、元全日空(ANA)の国際線シニア機長、門田明さんによる講演会が開催されます。時間は11時から、14時からの2回です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

日ハムのJALチャーターV旅行が1位 先週の注目記事16年12月11日-17日

2016年12月18日

JALからのプレゼントを手にする栗山監督(左から2番目)と大野選手(右から2番目)=16年12月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 日ハムは2006年シーズン以来10年ぶりに日本一となり、12日に日本航空(JAL/JL、9201)のチャーター機でホノルルへ向かいまし 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

広島空港、12月と1月に元機長や整備士による講演会や航空教室を開催へ

2016年12月18日

12月23日(祝・金)、1月8日(日)には国際線2階団体待合室Bで、元全日空(ANA)の国際線シニア機長、門田明さんによる講演会が開催されます。時間は11時から、14時からの2回です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

日ハムのJALチャーターV旅行が1位 先週の注目記事16年12月11日-17日

2016年12月18日

JALからのプレゼントを手にする栗山監督(左から2番目)と大野選手(右から2番目)=16年12月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 日ハムは2006年シーズン以来10年ぶりに日本一となり、12日に日本航空(JAL/JL、9201)のチャーター機でホノルルへ向かいまし 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

日ハムのJALチャーターV旅行が1位 先週の注目記事16年12月11日-17日

2016年12月18日

JALからのプレゼントを手にする栗山監督(左から2番目)と大野選手(右から2番目)=16年12月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 日ハムは2006年シーズン以来10年ぶりに日本一となり、12日に日本航空(JAL/JL、9201)のチャーター機でホノルルへ向かいまし 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

日ハムのJALチャーターV旅行が1位 先週の注目記事16年12月11日-17日

2016年12月18日

JALからのプレゼントを手にする栗山監督(左から2番目)と大野選手(右から2番目)=16年12月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 日ハムは2006年シーズン以来10年ぶりに日本一となり、12日に日本航空(JAL/JL、9201)のチャーター機でホノルルへ向かいまし 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

日ハムのJALチャーターV旅行が1位 先週の注目記事16年12月11日-17日

2016年12月18日

JALからのプレゼントを手にする栗山監督(左から2番目)と大野選手(右から2番目)=16年12月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire. 日ハムは2006年シーズン以来10年ぶりに日本一となり、12日に日本航空(JAL/JL、9201)のチャーター機でホノルルへ向かいまし 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)