全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2017年4月30日から5月6日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ANA、羽田/紋別線で夏の特別キャンペーン 最大5000円分クーポン

2017年5月5日

全日空(ANA)は2017年6月1日(木)から9月30日(土)搭乗分まで、羽田/紋別線で「とくべつ、もんべつ2017 夏キャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、羽田/紋別線で夏の特別キャンペーン 最大5000円分クーポン

2017年5月5日

全日空(ANA)は2017年6月1日(木)から9月30日(土)搭乗分まで、羽田/紋別線で「とくべつ、もんべつ2017 夏キャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岩国空港、5月6日と7日にGWイベント ANA制服着用体験やビンゴ大会など

2017年5月4日

ゴールデンウィークイベント「ぼくもわたしもANAスタッフ 2017」は2017年5月6日(土)と5月7日(日)の2日間、岩国空港で開催されます。 このイベントは、小学生以下を対象に、子供用のANA運航乗務員、客室乗務員、空港グランドスタッフの制服が着用できる体験が催されます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岩国空港、5月6日と7日にGWイベント ANA制服着用体験やビンゴ大会など

2017年5月4日

ゴールデンウィークイベント「ぼくもわたしもANAスタッフ 2017」は2017年5月6日(土)と5月7日(日)の2日間、岩国空港で開催されます。 このイベントは、小学生以下を対象に、子供用のANA運航乗務員、客室乗務員、空港グランドスタッフの制服が着用できる体験が催されます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岩国空港、5月6日と7日にGWイベント ANA制服着用体験やビンゴ大会など

2017年5月4日

ゴールデンウィークイベント「ぼくもわたしもANAスタッフ 2017」は2017年5月6日(土)と5月7日(日)の2日間、岩国空港で開催されます。 このイベントは、小学生以下を対象に、子供用のANA運航乗務員、客室乗務員、空港グランドスタッフの制服が着用できる体験が催されます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岩国空港、5月6日と7日にGWイベント ANA制服着用体験やビンゴ大会など

2017年5月4日

ゴールデンウィークイベント「ぼくもわたしもANAスタッフ 2017」は2017年5月6日(土)と5月7日(日)の2日間、岩国空港で開催されます。 このイベントは、小学生以下を対象に、子供用のANA運航乗務員、客室乗務員、空港グランドスタッフの制服が着用できる体験が催されます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岩国空港、5月6日と7日にGWイベント ANA制服着用体験やビンゴ大会など

2017年5月4日

ゴールデンウィークイベント「ぼくもわたしもANAスタッフ 2017」は2017年5月6日(土)と5月7日(日)の2日間、岩国空港で開催されます。 このイベントは、小学生以下を対象に、子供用のANA運航乗務員、客室乗務員、空港グランドスタッフの制服が着用できる体験が催されます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岩国空港、5月6日と7日にGWイベント ANA制服着用体験やビンゴ大会など

2017年5月4日

ゴールデンウィークイベント「ぼくもわたしもANAスタッフ 2017」は2017年5月6日(土)と5月7日(日)の2日間、岩国空港で開催されます。 このイベントは、小学生以下を対象に、子供用のANA運航乗務員、客室乗務員、空港グランドスタッフの制服が着用できる体験が催されます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岩国空港、5月6日と7日にGWイベント ANA制服着用体験やビンゴ大会など

2017年5月4日

ゴールデンウィークイベント「ぼくもわたしもANAスタッフ 2017」は2017年5月6日(土)と5月7日(日)の2日間、岩国空港で開催されます。 このイベントは、小学生以下を対象に、子供用のANA運航乗務員、客室乗務員、空港グランドスタッフの制服が着用できる体験が催されます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岩国空港、5月6日と7日にGWイベント ANA制服着用体験やビンゴ大会など

2017年5月4日

ゴールデンウィークイベント「ぼくもわたしもANAスタッフ 2017」は2017年5月6日(土)と5月7日(日)の2日間、岩国空港で開催されます。 このイベントは、小学生以下を対象に、子供用のANA運航乗務員、客室乗務員、空港グランドスタッフの制服が着用できる体験が催されます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算

2017年5月2日

レスポンス(Response.jp) · ホーム · 自動車 · ニューモデル · ビジネス · 社会 · テクノロジー · エコカー · アフターマーケット · 試乗記 · モーターサイクル · 新型車 · イベント · ショーカーライブラリー · 企業動向 · テクノロジー · モータースポーツ · 鉄道 · 企業動向 · イベント · テクノロジー 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山空港、19時35分発の羽田線利用者に1500円相当のクーポン提供

2017年5月2日

富山空港は2017年5月3日(水)から6月30日(金)まで、全日空(ANA)の羽田/富山線の利用促進で「リフレッシュキャンペーン」を実施します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算

2017年5月2日

レスポンス(Response.jp) · ホーム · 自動車 · ニューモデル · ビジネス · 社会 · テクノロジー · エコカー · アフターマーケット · 試乗記 · モーターサイクル · 新型車 · イベント · ショーカーライブラリー · 企業動向 · テクノロジー · モータースポーツ · 鉄道 · 企業動向 · イベント · テクノロジー 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算 - レスポンス

2017年5月2日

全日本空輸(ANA)が発表した2017年3月期連結業績は、経常利益が前年同期比7.4%増の1403億円と過去最高益だった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算

2017年5月2日

レスポンス(Response.jp) · ホーム · 自動車 · ニューモデル · ビジネス · 社会 · テクノロジー · エコカー · アフターマーケット · 試乗記 · モーターサイクル · 新型車 · イベント · ショーカーライブラリー · 企業動向 · テクノロジー · モータースポーツ · 鉄道 · 企業動向 · イベント · テクノロジー 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算

2017年5月2日

レスポンス(Response.jp) · ホーム · 自動車 · ニューモデル · ビジネス · 社会 · テクノロジー · エコカー · アフターマーケット · 試乗記 · モーターサイクル · 新型車 · イベント · ショーカーライブラリー · 企業動向 · テクノロジー · モータースポーツ · 鉄道 · 企業動向 · イベント · テクノロジー 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算

2017年5月2日

レスポンス(Response.jp) · ホーム · 自動車 · ニューモデル · ビジネス · 社会 · テクノロジー · エコカー · アフターマーケット · 試乗記 · モーターサイクル · 新型車 · イベント · ショーカーライブラリー · 企業動向 · テクノロジー · モータースポーツ · 鉄道 · 企業動向 · イベント · テクノロジー 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算

2017年5月2日

レスポンス(Response.jp) · ホーム · 自動車 · ニューモデル · ビジネス · 社会 · テクノロジー · エコカー · アフターマーケット · 試乗記 · モーターサイクル · 新型車 · イベント · ショーカーライブラリー · 企業動向 · テクノロジー · モータースポーツ · 鉄道 · 企業動向 · イベント · テクノロジー 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、国際線好調で当期利益が過去最高 2017年3月期決算

2017年5月2日

レスポンス(Response.jp) · ホーム · 自動車 · ニューモデル · ビジネス · 社会 · テクノロジー · エコカー · アフターマーケット · 試乗記 · モーターサイクル · 新型車 · イベント · ショーカーライブラリー · 企業動向 · テクノロジー · モータースポーツ · 鉄道 · 企業動向 · イベント · テクノロジー 

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

路線は、国内線5路線を1日30往復60便運航。機材はエアバスA320型機(1クラス150席)で、2016年12月に14号機(登録番号JA24MC)をANAホールディングス(9202)からのリースで導入し、10機運航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月期通期決算(非連結)は、純利益が前期(16年3月期)比24.5%減の19億3100万円だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

路線は、国内線5路線を1日30往復60便運航。機材はエアバスA320型機(1クラス150席)で、2016年12月に14号機(登録番号JA24MC)をANAホールディングス(9202)からのリースで導入し、10機運航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

路線は、国内線5路線を1日30往復60便運航。機材はエアバスA320型機(1クラス150席)で、2016年12月に14号機(登録番号JA24MC)をANAホールディングス(9202)からのリースで導入し、10機運航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

路線は、国内線5路線を1日30往復60便運航。機材はエアバスA320型機(1クラス150席)で、2016年12月に14号機(登録番号JA24MC)をANAホールディングス(9202)からのリースで導入し、10機運航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

路線は、国内線5路線を1日30往復60便運航。機材はエアバスA320型機(1クラス150席)で、2016年12月に14号機(登録番号JA24MC)をANAホールディングス(9202)からのリースで導入し、10機運航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

路線は、国内線5路線を1日30往復60便運航。機材はエアバスA320型機(1クラス150席)で、2016年12月に14号機(登録番号JA24MC)をANAホールディングス(9202)からのリースで導入し、10機運航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

路線は、国内線5路線を1日30往復60便運航。機材はエアバスA320型機(1クラス150席)で、2016年12月に14号機(登録番号JA24MC)をANAホールディングス(9202)からのリースで導入し、10機運航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

路線は、国内線5路線を1日30往復60便運航。機材はエアバスA320型機(1クラス150席)で、2016年12月に14号機(登録番号JA24MC)をANAホールディングス(9202)からのリースで導入し、10機運航している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、3月の旅客数12.8%増 利用率83.7%

2017年5月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年3月利用実績は、旅客数が前年同月比12.8%増の14万2740人、提供座席数は2.1%増の17万1596席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は2.1%増の1億6383万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、純利益24.5%減 繰越欠損金解消で、17年3月期

2017年5月1日

航空運送事業は、全日本空輸(ANA/NH)とのコードシェアによる販売分は提供座席数の減少により前期を下回ったが、自社販売分は生産量減を集客が上回ったことで増収になった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)