全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2018年1月28日から2月3日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.8% 17年12月、北米8.2%増18万人

2018年2月3日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が2月2日に発表した2017年12月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.6%増の84万9513人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.5%増の55億5404万4000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は7.6%増の

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=2日

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - 東証1部上場銘柄のうち、RS I(相対力指数)のランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

日経平均は反落、前日大幅高の反動、米金利上昇への警戒も

2018年2月2日

個別銘柄では、経費削減の効果で2018年3月期業績予想の上方修正を1日に発表したリコー(7752.T)や、国内やアジア向け自動車部品が伸びて17年4―12月期連結営業利益が前年同期比83.4%増の73億1700万円と大幅増益だったフタバ産業(7241.T)が大幅上昇した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、3月に「ANAファンフェスタ2018」開催へ 参加者を募集

2018年2月2日

全日空(ANA)は2018年3月17日(土)と3月18日(日)の2日間、「ANAファンフェスタ2018」を開催、参加者を募集しています。開催場所は羽田空港近く、時間は2日間とも10時から16時です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

日経平均は反落、前日大幅高の反動、米金利上昇への警戒も

2018年2月2日

個別銘柄では、経費削減の効果で2018年3月期業績予想の上方修正を1日に発表したリコー(7752.T)や、国内やアジア向け自動車部品が伸びて17年4―12月期連結営業利益が前年同期比83.4%増の73億1700万円と大幅増益だったフタバ産業(7241.T)が大幅上昇した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、3月に「ANAファンフェスタ2018」開催へ 参加者を募集

2018年2月2日

全日空(ANA)は2018年3月17日(土)と3月18日(日)の2日間、「ANAファンフェスタ2018」を開催、参加者を募集しています。開催場所は羽田空港近く、時間は2日間とも10時から16時です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

インドネシア・エアアジアX、5月から成田/ジャカルタ線にA330で就航 ...

2018年2月2日

2018年02月02日 12時05分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『インドネシア・エアアジア・エックスは2018年5月1日(火)から、成田/ジャカルタ線に就航します。インドネシア・エアアジアXは、成田/デンパサール線のデイリー運航に続く、日本路線の2路線目となります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める ...

2018年2月2日

2018年02月02日 12時35分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=2日

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - 東証1部上場銘柄のうち、RS I(相対力指数)のランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

日経平均は反落、前日大幅高の反動、米金利上昇への警戒も

2018年2月2日

個別銘柄では、経費削減の効果で2018年3月期業績予想の上方修正を1日に発表したリコー(7752.T)や、国内やアジア向け自動車部品が伸びて17年4―12月期連結営業利益が前年同期比83.4%増の73億1700万円と大幅増益だったフタバ産業(7241.T)が大幅上昇した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、3月に「ANAファンフェスタ2018」開催へ 参加者を募集

2018年2月2日

全日空(ANA)は2018年3月17日(土)と3月18日(日)の2日間、「ANAファンフェスタ2018」を開催、参加者を募集しています。開催場所は羽田空港近く、時間は2日間とも10時から16時です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

日経平均は反落、前日大幅高の反動、米金利上昇への警戒も

2018年2月2日

個別銘柄では、経費削減の効果で2018年3月期業績予想の上方修正を1日に発表したリコー(7752.T)や、国内やアジア向け自動車部品が伸びて17年4―12月期連結営業利益が前年同期比83.4%増の73億1700万円と大幅増益だったフタバ産業(7241.T)が大幅上昇した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、3月に「ANAファンフェスタ2018」開催へ 参加者を募集

2018年2月2日

全日空(ANA)は2018年3月17日(土)と3月18日(日)の2日間、「ANAファンフェスタ2018」を開催、参加者を募集しています。開催場所は羽田空港近く、時間は2日間とも10時から16時です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

インドネシア・エアアジアX、5月から成田/ジャカルタ線にA330で就航 ...

2018年2月2日

2018年02月02日 12時05分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『インドネシア・エアアジア・エックスは2018年5月1日(火)から、成田/ジャカルタ線に就航します。インドネシア・エアアジアXは、成田/デンパサール線のデイリー運航に続く、日本路線の2路線目となります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=2日

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - 東証1部上場銘柄のうち、RS I(相対力指数)のランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

日経平均は反落、前日大幅高の反動、米金利上昇への警戒も

2018年2月2日

個別銘柄では、経費削減の効果で2018年3月期業績予想の上方修正を1日に発表したリコー(7752.T)や、国内やアジア向け自動車部品が伸びて17年4―12月期連結営業利益が前年同期比83.4%増の73億1700万円と大幅増益だったフタバ産業(7241.T)が大幅上昇した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

日経平均は反落、前日大幅高の反動、米金利上昇への警戒も

2018年2月2日

個別銘柄では、経費削減の効果で2018年3月期業績予想の上方修正を1日に発表したリコー(7752.T)や、国内やアジア向け自動車部品が伸びて17年4―12月期連結営業利益が前年同期比83.4%増の73億1700万円と大幅増益だったフタバ産業(7241.T)が大幅上昇した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

インドネシア・エアアジアX、5月から成田/ジャカルタ線にA330で就航 ...

2018年2月2日

2018年02月02日 12時05分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『インドネシア・エアアジア・エックスは2018年5月1日(火)から、成田/ジャカルタ線に就航します。インドネシア・エアアジアXは、成田/デンパサール線のデイリー運航に続く、日本路線の2路線目となります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

インドネシア・エアアジアX、5月から成田/ジャカルタ線にA330で就航

2018年2月2日

インドネシアからの訪日旅客は増加しており、2017年は352,200人で、2016年から30%増となっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

インドネシア・エアアジアX、5月から成田/ジャカルタ線にA330で就航

2018年2月2日

インドネシアからの訪日旅客は増加しており、2017年は352,200人で、2016年から30%増となっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、2022年度まで国際線で未就航エリア進出や新機材導入進める

2018年2月2日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、中核となるANAは、「ダントツ品質」とする顧客満足を高める価値の提供を続け、2020年の首都圏空港の発着枠拡大にあわせた国際線ネットワークの大幅な拡大を掲げています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

インドネシア・エアアジアX、5月から成田/ジャカルタ線にA330で就航

2018年2月2日

インドネシアからの訪日旅客は増加しており、2017年は352,200人で、2016年から30%増となっています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANAが一時4%超す下げ、18年3月期予想の据え置きなど嫌気

2018年2月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングスが一時4%を超す下げとなった。同社は1日、2017年4─12月期の連結業績を発表し、営業利益は前年同期比27.4%増の1659億6600万円となった。通期業績予想は据え置いた。 同時に中期経営計画も発表。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、アジアでLCC強化 中距離路線展開で22年度に利益3倍に

2018年2月2日

同日発表した17年4―12月期の連結決算によると、売上高、営業利益、純利益いずれも同期として過去最高を更新した。18年3月期(17年度)通期の業績予想は従来のまま維持する。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

UPDATE 1-ANAHD、LCC事業で22年度営業益200億円計画 中距離 ...

2018年2月1日

ANAホールディングスは2022年度にLCC(格安航空会社)事業の営業利益を200億円に増やす計画だ。芝田浩二上席執行役員が1日の中期経営計画に関する会見で明らかにした。20年をめどに需要拡大が見込まれるアジア市場で中距離路線を就航する予定。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、4―12月期営業益27.4%増の1660億円 通期予想は据え置き

2018年2月1日

ANAホールディングス(9202.T)が1日発表した2017年4―12月期の連結営業利益は前期比27.4%増の1660億円となり、4―12月期として過去最高を更新した。18年3月期通期の連結営業利益予想の1600億円に対して約60億円上振れたが、計画通りに推移しているとして、通期予想は従来のまま据え置いた。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は反発が見込まれる。前日の米国株の上昇は小幅にとどまったが、為替は1ドル109円台前半とやや円安に振れている。直近で調整色を強めた日本株に対しては、自律反発を期待した買いが先行する見通し。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAグループの中期経営戦略、収益は2022年度に17年度比130%

2018年2月1日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、その先の持続的な成長の実現に向け、新たな5年間の成長戦略として「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

UPDATE 1-ANAHD、LCC事業で22年度営業益200億円計画 中距離路線へ進出

2018年2月1日

東京 1日 ロイター] - ANAホールディングスは2022年度にLCC(格安航空会社)事業の営業利益を200億円に増やす計画だ。芝田浩二上席執行役員が1日の中期経営計画に関する会見で明らかにした。20年をめどに需要拡大が見込まれるアジア市場で中距離路線を就航する予定。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、4―12月期営業益27.4%増の1660億円 通期予想は据え置き

2018年2月1日

... [東京 1日 ロイター] - ANAホールディングス(9202.T)が1日発表した2017年4―12月期の連結営業利益は前期比27.4%増の1660億円となり、4―12月期として過去最高を更新した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は反発が見込まれる。前日の米国株の上昇は小幅にとどまったが、為替は1ドル109円台前半とやや円安に振れている。直近で調整色を強めた日本株に対しては、自律反発を期待した買いが先行する見通し。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAの17年4-12月期、純利益76.7%増 売上・利益とも過去最高

2018年2月1日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が2月1日に発表した2017年4-12月期(第3四半期)連結決算は、純利益が前年同期比76.7%増の1529億5900万円だった。通期見通しは据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループの中期経営戦略、収益は2022年度に17年度比130 ...

2018年2月1日

2018年02月01日 15時55分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの17年4-12月期、純利益76.7%増 売上・利益とも過去最高

2018年2月1日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が2月1日に発表した2017年4-12月期(第3四半期)連結決算は、純利益が前年同期比76.7%増の1529億5900万円だった。通期見通しは据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

UPDATE 1-ANAHD、LCC事業で22年度営業益200億円計画 中距離路線へ進出

2018年2月1日

東京 1日 ロイター] - ANAホールディングスは2022年度にLCC(格安航空会社)事業の営業利益を200億円に増やす計画だ。芝田浩二上席執行役員が1日の中期経営計画に関する会見で明らかにした。20年をめどに需要拡大が見込まれるアジア市場で中距離路線を就航する予定。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、4―12月期営業益27.4%増の1660億円 通期予想は据え置き

2018年2月1日

... [東京 1日 ロイター] - ANAホールディングス(9202.T)が1日発表した2017年4―12月期の連結営業利益は前期比27.4%増の1660億円となり、4―12月期として過去最高を更新した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAグループの中期経営戦略、収益は2022年度に17年度比130%

2018年2月1日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、その先の持続的な成長の実現に向け、新たな5年間の成長戦略として「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

UPDATE 1-ANAHD、LCC事業で22年度営業益200億円計画 中距離路線へ進出

2018年2月1日

東京 1日 ロイター] - ANAホールディングスは2022年度にLCC(格安航空会社)事業の営業利益を200億円に増やす計画だ。芝田浩二上席執行役員が1日の中期経営計画に関する会見で明らかにした。20年をめどに需要拡大が見込まれるアジア市場で中距離路線を就航する予定。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAHD、4―12月期営業益27.4%増の1660億円 通期予想は据え置き

2018年2月1日

... [東京 1日 ロイター] - ANAホールディングス(9202.T)が1日発表した2017年4―12月期の連結営業利益は前期比27.4%増の1660億円となり、4―12月期として過去最高を更新した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は反発が見込まれる。前日の米国株の上昇は小幅にとどまったが、為替は1ドル109円台前半とやや円安に振れている。直近で調整色を強めた日本株に対しては、自律反発を期待した買いが先行する見通し。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAグループの中期経営戦略、収益は2022年度に17年度比130%

2018年2月1日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、その先の持続的な成長の実現に向け、新たな5年間の成長戦略として「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、4―12月期営業益27.4%増の1660億円 通期予想は据え置き

2018年2月1日

... [東京 1日 ロイター] - ANAホールディングス(9202.T)が1日発表した2017年4―12月期の連結営業利益は前期比27.4%増の1660億円となり、4―12月期として過去最高を更新した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAグループの中期経営戦略、収益は2022年度に17年度比130%

2018年2月1日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、その先の持続的な成長の実現に向け、新たな5年間の成長戦略として「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAHD、4―12月期営業益27.4%増の1660億円 通期予想は据え置き

2018年2月1日

... [東京 1日 ロイター] - ANAホールディングス(9202.T)が1日発表した2017年4―12月期の連結営業利益は前期比27.4%増の1660億円となり、4―12月期として過去最高を更新した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANAグループの中期経営戦略、収益は2022年度に17年度比130%

2018年2月1日

全日空(ANA)を含むANAグループは2018年2月1日(木)、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、その先の持続的な成長の実現に向け、新たな5年間の成長戦略として「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を策定、公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

今日の株式見通し=反発、円安で買い戻し 決算発表銘柄に個別物色

2018年2月1日

ダウが反発したことで日本株もいったんは落ち着きを取り戻しそうだ。もう少し増益の織り込みが進めば水準を切り上げてもおかしくはないが、値固めの1日となるだろう」とみている。 日経平均がきょう上昇して取引を終えれば、20カ月連続の月初高となる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

関空にも到着免税店 今春3店舗、全日空商事

2018年1月31日

関西空港を運営する関西エアポートは1月31日、国際線到着エリアで免税店をオープンすると発表した。関税法基本通達が2017年4月1日に一部改正され、日本入国時にも免税品を購入できるようになったことによるもので、関西エリアでは初の到着時免税店となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

RAC、Q300最終便が那覇到着 アーク塗装で11年離島結ぶ

2018年1月31日

Q300は、国内の航空会社ではRACのほかにANAウイングス(AKX/EH)も運航していたが、2014年3月31日に全機退役。このほかに、国土交通省航空局(JCAB)が飛行検査機を1機(JA007G)運用しているが、民間機はRAC機の退役でゼロとなった。 RACでは、2月1日に那覇発着の退役記念チャーターフライトを実施。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、17年4-12月期純利益5.4%増 国内線、無料Wi-Fiで好調

2018年1月31日

国内線の旅客収入は4.6%増の3985億円。旅客数は5.3%増の2591万9577人、ASKは0.6%増の269億937万1000席キロ、RPKは5.3%増の195億180万9000人キロ、L/Fは72.5%(3.2ポイント上昇)となった。旅客単価は0.6%減の1万5376円だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

関 国際空港、2018年春に初の到着時免税店3店舗が営業を開始 ...

2018年1月31日

2018年01月31日 17時55分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

関空にも到着免税店 今春3店舗、全日空商事

2018年1月31日

関西空港を運営する関西エアポートは1月31日、国際線到着エリアで免税店をオープンすると発表した。関税法基本通達が2017年4月1日に一部改正され、日本入国時にも免税品を購入できるようになったことによるもので、関西エリアでは初の到着時免税店となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、17年4-12月期純利益5.4%増 国内線、無料Wi-Fiで好調

2018年1月31日

国内線の旅客収入は4.6%増の3985億円。旅客数は5.3%増の2591万9577人、ASKは0.6%増の269億937万1000席キロ、RPKは5.3%増の195億180万9000人キロ、L/Fは72.5%(3.2ポイント上昇)となった。旅客単価は0.6%減の1万5376円だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、17年4-12月期純利益5.4%増 国内線、無料Wi-Fiで好調

2018年1月31日

国内線の旅客収入は4.6%増の3985億円。旅客数は5.3%増の2591万9577人、ASKは0.6%増の269億937万1000席キロ、RPKは5.3%増の195億180万9000人キロ、L/Fは72.5%(3.2ポイント上昇)となった。旅客単価は0.6%減の1万5376円だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

関 国際空港、2018年春に初の到着時免税店3店舗が営業を開始 ...

2018年1月31日

2018年01月31日 17時55分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JAL、17年4-12月期純利益5.4%増 国内線、無料Wi-Fiで好調

2018年1月31日

国内線の旅客収入は4.6%増の3985億円。旅客数は5.3%増の2591万9577人、ASKは0.6%増の269億937万1000席キロ、RPKは5.3%増の195億180万9000人キロ、L/Fは72.5%(3.2ポイント上昇)となった。旅客単価は0.6%減の1万5376円だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

伊丹、世界初の空港内ワイン醸造所 4月に先行開業、展望デッキはワイヤーに

2018年1月30日

現在1階にある到着口は、南側が全日本空輸(ANA/NH)、北側が日本航空(JAL/JL、9201)と二分されているが、4月のリニューアル後は中央エリア2階に集約する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

官民で航空業界の技術革新 国交省、省力・自動化推進の連絡会

2018年1月30日

それぞれが自動化やロボットの導入、AI(人工知能)、ビッグデータなどを活用した先端技術の導入事例を紹介し、共有した。 JCABの蝦名邦晴局長は、開会のあいさつで、少子高齢化が進んだ現状を踏まえ、航空の現場でも人手不足が生じると指摘。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

伊丹、世界初の空港内ワイン醸造所 4月に先行開業、展望デッキはワイヤーに

2018年1月30日

現在1階にある到着口は、南側が全日本空輸(ANA/NH)、北側が日本航空(JAL/JL、9201)と二分されているが、4月のリニューアル後は中央エリア2階に集約する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

官民で航空業界の技術革新 国交省、省力・自動化推進の連絡会

2018年1月30日

国土交通省航空局(JCAB)は1月30日、先端技術を活用して旅客サービスの向上を図る、官民連携の会議「航空イノベーション推進官民連絡会」の初会合を、羽田空港国際線ターミナル4階「TIAT Sky Hall」で開催した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

伊丹、世界初の空港内ワイン醸造所 4月に部分開業、展望デッキはワイヤーに

2018年1月30日

現在1階にある到着口は、南側が全日本空輸(ANA/NH)、北側が日本航空(JAL/JL、9201)と二分されているが、4月のリニューアル後は中央エリア2階に集約する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

官民で航空業界の技術革新 国交省、省力・自動化推進の連絡会

2018年1月30日

ANAグループは、航空機を牽引する「トーイング・トラクター」やPBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ=搭乗橋)の訓練用シミュレータの導入事例を説明。ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は、1人でプッシュバックできるトーバーを使用しないトラクターを紹介した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

伊丹、世界初の空港内ワイン醸造所 4月に部分開業、展望デッキはワイヤーに

2018年1月30日

現在1階にある到着口は、南側が全日本空輸(ANA/NH)、北側が日本航空(JAL/JL、9201)と二分されているが、4月のリニューアル後は中央エリア2階に集約する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝 | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー · 航空フォ

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190,000円から ...

2018年1月29日

2018年01月29日 10時55分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

全日空(ANA)は、2018年1月26日(金)に羽田発福岡着ANA273便の羽田空港への引き返しについて、陳謝しています。この便は777-300の機体記号(レジ)「JA754A」で運航していたもので、片方のエンジンの不具合から航空管制上の優先権を要請し、21時5分に羽田空港へ引き返し、欠航となりました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

関西国際空港、2月から自走式セルフチェックインロボットの実証運用を実施

2018年1月29日

「KATE」は航空データ通信技術を扱う団体のSITAが開発したもので、搭載されたアプリケーションで空港内の位置情報を記憶し、混雑しているカウンター付近へ自走します。その後、Wi-Fiを通じて航空会社のチェックインシステムと通信を行い、チェックインサービスを提供します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190,000円から ...

2018年1月29日

2018年01月29日 10時55分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝 | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー · 航空フォ

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190,000円から ...

2018年1月29日

2018年01月29日 10時55分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

全日空(ANA)は、2018年1月26日(金)に羽田発福岡着ANA273便の羽田空港への引き返しについて、陳謝しています。この便は777-300の機体記号(レジ)「JA754A」で運航していたもので、片方のエンジンの不具合から航空管制上の優先権を要請し、21時5分に羽田空港へ引き返し、欠航となりました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190,000円から ...

2018年1月29日

2018年01月29日 10時55分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝 | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー · 航空フォ

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

全日空(ANA)は、2018年1月26日(金)に羽田発福岡着ANA273便の羽田空港への引き返しについて、陳謝しています。この便は777-300の機体記号(レジ)「JA754A」で運航していたもので、片方のエンジンの不具合から航空管制上の優先権を要請し、21時5分に羽田空港へ引き返し、欠航となりました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝 | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー · 航空フォ

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

全日空(ANA)は、2018年1月26日(金)に羽田発福岡着ANA273便の羽田空港への引き返しについて、陳謝しています。この便は777-300の機体記号(レジ)「JA754A」で運航していたもので、片方のエンジンの不具合から航空管制上の優先権を要請し、21時5分に羽田空港へ引き返し、欠航となりました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝 | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー · 航空フォ

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

全日空(ANA)は、2018年1月26日(金)に羽田発福岡着ANA273便の羽田空港への引き返しについて、陳謝しています。この便は777-300の機体記号(レジ)「JA754A」で運航していたもので、片方のエンジンの不具合から航空管制上の優先権を要請し、21時5分に羽田空港へ引き返し、欠航となりました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝 | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー · 航空フォ

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

全日空(ANA)は、2018年1月26日(金)に羽田発福岡着ANA273便の羽田空港への引き返しについて、陳謝しています。この便は777-300の機体記号(レジ)「JA754A」で運航していたもので、片方のエンジンの不具合から航空管制上の優先権を要請し、21時5分に羽田空港へ引き返し、欠航となりました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝 | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー · 航空フォ

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、1月26日の羽田発福岡着ANA273便の羽田引き返しで陳謝

2018年1月29日

全日空(ANA)は、2018年1月26日(金)に羽田発福岡着ANA273便の羽田空港への引き返しについて、陳謝しています。この便は777-300の機体記号(レジ)「JA754A」で運航していたもので、片方のエンジンの不具合から航空管制上の優先権を要請し、21時5分に羽田空港へ引き返し、欠航となりました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミーセール 190000円から

2018年1月29日

全日空(ANA)は2018年1月12日(金)から2月28日(水)まで、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミークラスでセールを実施しています。対象出発期間は5月1日(火)から5月5日(土)までです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、富士山や東京タワー描いた777就航 東京五輪向け特別塗装機

2018年1月29日

全日本空輸(ANA/NH)は1月29日、特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を国内線に就航させた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、「旅作」で使えるTOKYOクーポン第2弾を配布 4000円分割引

2018年1月28日

全日空(ANA)は2018年2月15日(木)まで、国内ダイナミックパッケージ「旅作」で利用できるTOKYOクーポン第2弾を配布しています。 対象の旅行期間は、1月16日(火)から3月31日(土)まで、旅行代金の総額が20,000円以上の場合に利用できます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、東京五輪の特別塗装機公開 HELLO 2020 JET、29日に国内線就航

2018年1月28日

全日本空輸(ANA/NH)は1月28日、東京オリンピック・パラリンピックに向けた特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を羽田空港の格納庫でお披露目した。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「将来はデザイナーか整備士」写真特集・中学生が描いたHELLO 2020 JET

2018年1月28日

松本朝陽さんが描いた伊丹空港とHELLO 2020 JET=18年1月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. HELLO 2020 JETの塗装作業は、伊丹にあるANAホールディングス(9202)が出資する整備会社MROジャパンの格納庫で実施。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、「旅作」で使えるTOKYOクーポン第2弾を配布 4000円分割引

2018年1月28日

全日空(ANA)は2018年2月15日(木)まで、国内ダイナミックパッケージ「旅作」で利用できるTOKYOクーポン第2弾を配布しています。 対象の旅行期間は、1月16日(火)から3月31日(土)まで、旅行代金の総額が20,000円以上の場合に利用できます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「将来はデザイナーか整備士」写真特集・中学生が描いたHELLO 2020 JET

2018年1月28日

松本朝陽さんが描いた伊丹空港とHELLO 2020 JET=18年1月28日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. HELLO 2020 JETの塗装作業は、伊丹にあるANAホールディングス(9202)が出資する整備会社MROジャパンの格納庫で実施。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「将来はデザイナーか整備士」写真特集・中学生が描いたHELLO 2020 JET

2018年1月28日

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けた全日本空輸(ANA/NH)の特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)が、1月29日に国内線に就航する。塗装作業は伊丹空港で行われ、27日に羽田へフェリーされた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、東京五輪の特別塗装機公開 HELLO 2020 JET、29日に国内線就航

2018年1月28日

全日本空輸(ANA/NH)は1月28日、東京オリンピック・パラリンピックに向けた特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を羽田空港の格納庫でお披露目した。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、東京五輪の特別塗装機公開 HELLO 2020 JET、29日に国内線就航

2018年1月28日

全日本空輸(ANA/NH)は1月28日、東京オリンピック・パラリンピックに向けた特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)を羽田空港の格納庫でお披露目した。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)