スカイネットアジアの株主優待券買取価格変動チャート
(2014年3月23日から3月29日)

一週間の動き

グラフチャート

スカイネットアジア(ソラシド・エア)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

スカイネットアジア(ソラシド・エア)に関するニュースの紹介

この週におけるスカイネットアジアに関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

遅延率ワースト3はLCC 国交省13年10-12月期情報公開

2014年3月28日

欠航率は2.65%のスターフライヤー(SFJ)がワースト1位。機材繰りによるものが1.89%で最も高かった。以下、日本トランスオーシャン航空(JTA)が2.05%、VNLが2.04%と続いた。もっとも欠航率が低かったのは、スカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNJ)の0.98%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)