全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2013年9月29日から10月5日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ボーイング、13年7-9月期納入170機、受注233機 9月は納入62機と受注127機

2013年10月5日

機種別で見ると、引き渡しは737が112機(前年同期は102機)、767が5機(7機)、787が23機(12機)、777が26機(20機)、747が4機(8機)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、6日も台風23号影響残る JALとANA、スカイマークは臨時便

2013年10月5日

全日本空輸(ANA)の国内線は、那覇空港の発着便で一部遅延が生じる可能性がある。宮古、石垣の各空港発着便は、午前11時までの全便と午後の一部の便で欠航が決定している。7日は台風24号の影響で、那覇発着便に影響が懸念されるという。 ANAは臨時便を3便運航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、台風23号で5日の沖縄方面欠航 6日も影響残る

2013年10月5日

6日のJALグループ便は、JTAとRACの久米島と与那国空港発着便で、一部欠航が決まっている。 全日本空輸(ANA)の国内線は、那覇、宮古、石垣の各空港発着便が全便欠航。6日は那覇、宮古、石垣発着便への運航に影響が生じる可能性があるとしている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

羽田空港の国際線発着枠配分、結果に至った理由の説明と関連する行政文書の開示を請求=JAL 社長

2013年10月4日

東京 4日 ロイター] - 日本航空(JAL) の植木義晴社長は4日、来春に増加する羽田空港の国際線発着枠を国土交通省がANAホールディングス(ANA) に傾斜配分したことについて、結果を導くに至った理由の説明と関連する行政文書の開示を請求したと述べた。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

UPDATE 1-JAL 、羽田の国際線発着枠配分の是正求める 行政文書の開示も請求

2013年10月4日

東京 4日 ロイター] - 日本航空(JAL) の植木義晴社長は4日、来春に増加する羽田空港の国際線発着枠を国土交通省がANAホールディングス(ANA) に傾斜配分したことについて、是正を求めつつ、関連する行政文書の開示を請求したと述べた。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

アクセスランキング、羽田発着枠の傾斜配分に注目集まる

2013年10月4日

配分は、現時点で就航先が決まっている16枠のうち、11枠が全日空(NH)、5枠が日本航空(JL)となったもので、JLへの公的支援が競争環境を歪めているというNHの主張に沿って配慮がなされたといえます。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

UPDATE 1-クレジット市場動向=CDS指数は小動き、米財政問題の行方見守る

2013年10月3日

個別銘柄の取引は、商船三井 が165bp、ANAホールディングス が133bp、近畿日本鉄道 が110 bp、セイコーエプソン が88bp、日本ソブリン(ドル建て)が62bp、JFEホールディングス の1年が18bpとなった。 ANAHDは小幅タイト。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

JALとANA、アイソン彗星鑑賞で特別チャーター便

2013年10月3日

日本航空(JL)と全日空(NH)は12月8日、2013年末に地球に再接近する彗星「アイソン彗星」を上空から鑑賞できる特別チャーター便の運航を実施する。それぞれジャルパックとANAセールスでツアーを造成し、販売を開始する予定だ。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

東京株式市場・大引け=大幅反落、材料出尽くし感から先物主導で下げ幅拡大

2013年10月2日

ロイターは1日、国土交通省が来春新たに拡大する羽田空港の国際線発着枠をANAホールディングス に傾斜配分する方針であることが分かったと報じた。JALは競争上不利になるとの懸念が広がった。 半面、ダイセキ環境ソリューション は年初来高値を更新。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ホットストック:ANA は小動き、発着枠優先は想定内との声

2013年10月2日

東京 2日 ロイター] - ANAホールディングス は小動き。来春新たに拡大する羽田空港の国際線発着枠を同社に傾斜配分する方針であることが分かったが反応は鈍い。一方、日本航空 (JAL)は売りが先行している。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

日経平均大幅反落、材料出尽くし感から先物主導で下げ幅拡大

2013年10月2日

ロイターは1日、国土交通省が来春新たに拡大する羽田空港の国際線発着枠をANAホールディングス(9202.T: 株価, ニュース, レポート)に傾斜配分する方針であることが分かったと報じた。JALは競争上不利になるとの懸念が広がった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

羽田空港の国際線発着枠はANA に11枠、JAL に5枠=国交省

2013年10月2日

東京 2日 ロイター] - 国土交通省は2日、来春に増加する羽田空港の国際線発着枠について、ANAホールディングス(ANA) に傾斜配分すると発表した。今回配分する16枠のうち、ANAに11枠、日本航空 (JAL)に5枠、それぞれ割り当てる。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

羽田昼間発着枠、全日空11枠、日航5枠 国交省、将来の歪み懸念

2013年10月2日

国土交通省は10月2日、2014年春に増枠される羽田空港国際線の昼間発着枠を、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に11枠、日本航空(JAL、9201)に5枠を配分すると発表した。ANAの主張に沿った配分となった形だ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

UPDATE 1-羽田の国際線発着枠はANA に傾斜配分、競争環境の公平性確保目指す=国交省

2013年10月2日

東京 2日 ロイター] - 国土交通省は2日、来春に増加する羽田空港の国際線発着枠について、ANAホールディングス(ANA) に傾斜配分すると発表した。今回配分する16枠のうち、ANAに11枠、日本航空 (JAL)に5枠、それぞれ割り当てた。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

日経平均大幅反落、材料出尽くし感から先物主導で下げ幅拡大

2013年10月2日

ロイターは1日、国土交通省が来春新たに拡大する羽田空港の国際線発着枠をANAホールディングス(9202.T: 株価, ニュース, レポート)に傾斜配分する方針であることが分かったと報じた。JALは競争上不利になるとの懸念が広がった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

羽田空港の国際線発着枠はANAに11枠、JALに5枠=国交省

2013年10月2日

ツイート · Mixiチェック. [東京 2日 ロイター] - 国土交通省は2日、来春に増加する羽田空港の国際線発着枠について、ANAホールディングス(ANA)(9202.T: 株価, ニュース, レポート)に傾斜配分すると発表した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

東京株式市場・大引け=大幅反落、材料出尽くし感から先物主導で下げ幅拡大

2013年10月2日

ロイターは1日、国土交通省が来春新たに拡大する羽田空港の国際線発着枠をANAホールディングス に傾斜配分する方針であることが分かったと報じた。JALは競争上不利になるとの懸念が広がった。 半面、ダイセキ環境ソリューション は年初来高値を更新。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

羽田空港の国際線発着枠、ANAに傾斜配分へ=関係筋

2013年10月2日

<東京 1日 ロイター> - 国土交通省が来春新たに拡大する羽田空港の国際線発着枠をANAホールディングス(ANA)(9202.T: 株価, ニュース, レポート)に傾斜配分する方針であることが分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

2013年10月02日 配信ニュース

2013年10月2日

羽田空港の国際線発着枠の配分が近づいていますが、これに関してロイターは全日空(ANA)へ発着枠が傾斜配分される見込み、と伝えています。ロイターはANAに11枠、日本航空(JAL)には5枠としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「8月の単月黒字が自信」バニラ・エア石井社長インタビュー

2013年10月1日

12月20日に就航するANAホールディングス(9202)系LCC(低コスト航空会社)のバニラ・エア。観光需要が主要ターゲットで、成田を拠点に那覇、札幌、台北、ソウルの計4都市へ乗り入れる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラ・エア、成田拠点に那覇や台北など4都市就航 12月20日から、グアム視野に

2013年9月30日

ANAホールディングス(9202)傘下のエアアジア・ジャパン(WAJ)は9月30日、新ブランド「バニラ・エア」として12月20日から就航すると発表した。成田を拠点に那覇、札幌、台北、ソウルの計4都市へ乗り入れる。運航便数は1日2往復から4往復。予約開始は11月1日正午から。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ピカチュウジャンボの那覇行きラストフライト

2013年9月30日

全日本空輸(ANA)の2機あるポケモンジェットのうち、「ピカチュウジャンボ」(ボーイング747-400D、登録番号JA8957)のラストフライト往路となる那覇行きNH127便が9月30日午前9時2分、羽田空港を出発した。復路の那覇発羽田行きNH126便が、定期便最後の運航となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

2013年09月30日 配信ニュース

2013年9月30日

全日空(ANA)は747-400を2013年9月30日、ピカチュウジャンボの機体記号(レジ)「JA8957」を退役させます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スマホ導入でチームワークも向上 特集・ANA空港係員はスマホで業務改善(前編)

2013年9月30日

こうしたGSの業務を改善するツールとして、全日本空輸(ANA)は2月26日から、NTTドコモ(9437)のスマートフォン300台を羽田空港に導入した。国内線200台と国際線100台で、業務効率の改善や顧客サービスの品質を向上するほか、運営コスト削減にもつなげる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

アトラス航空、ケニアのアストラルと747-400FをACMI契約

2013年9月29日

アストラル・アヴィエーションはイギリスに拠点を置くANAエアライン・マネジメント、ANAアビエーションと協力。アメリカ、ヨーロッパ、ドバイ、インド、南アフリカとナイロビ間での貨物便を運航する計画です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、ファーストクラスのワイン選定会 ソムリエCA「集中力維持が大変」

2013年9月29日

全日本空輸(ANA)が2014年3月から1年間、国際線ファーストクラスとビジネスクラスで提供するワインの選定会が、9月20日と27日の両日都内で行われた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

成田空港の連絡シャトル引退が1位 先週の注目記事13年9月22日-28日

2013年9月29日

3位は仙台空港で2012年2月5日に発生した全日本空輸(ANA、当時エアーニッポン)が運航する伊丹発仙台行きANA731便が滑走路に尻もちをついた事故についてまとめた、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)の調査報告に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

2013年09月29日 配信ニュース

2013年9月29日

全日空(ANA)は2013年9月27日、767-300の機体記号(レジ)「JA8285」をアメリカ・ツーソン国際空港へフェリーしました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)