JAL株主優待券 高価買取価格の最新比較ランキング

本日11月20日 22時30分現在の買取価格

JAL株主優待券の平均買取価格(新券)
買取の平均価格 3,133
JAL株主優待券の買取価格ランキング(新券)
順位 金券ショプ名 都道府県 エリア 買取価格
1位 ショップOZ 東京 上野 3,400円
2位 チケットキャビン(梅田本部) 大阪 梅田 3,300円
3位 アリーズチケット 大阪 梅田 2,700円

調査日時:2017年11月20日 22時30分

上記のランキング表は、全国のチケットショップ(金券ショップ)におけるJAL株主優待券の買取価格をインターネットを介して調べた結果です(全国全てのチケットショップを網羅しているわけではありません)。

各店舗の買取価格は、店頭持ち込みの条件や枚数などの条件によって変わる場合がありますので、当サイトの調査価格は、あくまでも参考価格としてご活用ください。

当サイトでは、情報の正確性の確保に努めていますが、その完全性や有用性を保証するものではありません。当サイトは、当サイトの内容に関するいかなる間違い、不掲載について一切の責任を負うものではなく、当サイトを利用されたことにより生じるいかなる損害についても、何ら責任を負うものではありません。

過去一週間の買取価格の動き(JAL)

以下のチャートグラフは、11月14日から本日11月20日までの過去7日間のJAL株主優待券の買取価格の相場変動を表しています。

今日11月20日の価格は、変動する可能性がないとは言えませんのでご注意ください。

過去7日間における株主優待券の平均買取価格の変動(JAL)

グラフチャート

過去の買取価格の動き(JAL)

以下のチャートグラフは、2013年5月下旬から本日2017年11月20日までのJAL株主優待券の買取価格の相場変動(週次)を表しています。(JALの株主優待割引券の買取価格は、株主優待制度が再開された2013年6月の半月前ごろから各金券ショップで提示されるようになりました。)

過去の株主優待券平均買取価格の動き(JAL 週次)

グラフチャート

買取価格変動チャートの見方

  • 縦線の最高点は、その週の平均買取価格の最高値を表しています。
  • 縦線の最低点は、その週の平均買取価格の最安値を表しています。
  • 四角い枠は、その週の平均買取価格の始値(日曜日の平均価格)と終値(土曜日の平均価格)を表しています。
  • 四角い枠が塗りつぶされていない場合、その週は買取の平均価格が上昇したことを表しています(陽線)。つまり、その場合は枠の底辺が週初日(日曜日)の平均価格(始値)、上辺が週最終日(土曜日)の平均価格(終値)です。
  • 四角い枠が塗りつぶされている場合、その週は買取の平均価格が下落したことを表しています(陰線)。つまり、その場合は枠の上辺が週初日(日曜日)の平均価格(始値)、底辺が週最終日(土曜日)の平均価格です(終値)。

日本航空に関するニュースの紹介

日本航空に関する最新のニュースをいくつかご紹介します。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

JAL、11月26日に伊丹空港で東京2020大会1000日前イベントを開催 ...

2017年11月20日

2017年11月20日 11時55分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JAL、2018年元旦「初日の出 初富士フライト」を販売 25000円から

2017年11月20日

日本航空(JAL)は2017年11月20日(月)、2018年1月1日(月・祝)に実施する毎年恒例の「初日の出 初富士フライト」の詳細を発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

岡山空港、開港30周年で愛称募集 18年3月発表

2017年11月20日

運用時間は午前7時から午後10時まで。 現在の就航路線は、国内線が3路線で日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の羽田線と、エア・ドゥ(ADO/HD)の札幌(新千歳)線、日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)の那覇線。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、成田10回目の「初日の出フライト」 羽田9回目

2017年11月20日

日本航空(JAL/JL、9201)グループは2018年1月1日、毎年恒例の「初日の出フライト」を成田発着と羽田発着の2コースで実施する。成田は国際線機材を、羽田は国内線機材を使用。成田コースはビジネスクラスを、羽田コースはファーストクラスを設定する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、マニラ就航50周年 大川専務「往来増加を実感」

2017年11月20日

セレモニーに出席したJALの大川順子専務は、同路線をDC-10で運航していたころに客室乗務員として乗務していたという。「当時、業務渡航での利用が多かった」と振り返り、「近年は業務渡航のほか、観光需要でも期待できる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)