当サイトについて

当サイトは、東京(新橋、お茶の水、新宿、八重洲、他)、大阪、名古屋、札幌、福岡の複数のチケットショップ(金券ショップ)における、ANAやJALなどの株主優待券買取価格をインターネットを介して調査し、その結果をランキング形式の比較表で紹介しています。

また、買取価格の過去の変動の様子もチャートグラフで紹介していますので、株主優待券の売りどきを検討される株主の皆さんに活用していただけると幸いです。

対象としている航空会社は、全日空(ANA)日本航空(JAL)ソラシドエアスターフライヤーエアドゥの5社です。最新の比較ランキングはそれぞれのページでご確認ください。

ANAホールディングス(全日本空輸)の株主優待券

路線や便数が多く、株主優待券も数多く出回っているので、全日空の株主優待券は一番人気の"空飛ぶ株主優待券"と言えるでしょう。

ANAの株主優待券は年二回発行され、6月1日から一年間有効な券と、12月1日から一年間有効な券の2種類が常に存在します。 株主優待券の販売と買取のマーケットでは、有効期限を早く迎える方の券(つまり先に発行された方)を「旧券」、有効期限がまだ半年以上ある後から発行された方を「新券」と呼んで区別します。 金券ショップの買取価格も、旧券と新券とでそれぞれが設けられています。

ちなみに、2015年6月搭乗分から株主優待券が刷新されました。正式名称は「株主優待番号ご案内書」となり、スクラッチを削って表示される番号を飛行機の予約記録とヒモ付ける方式に変更されました。 これにより、空港でのチェックイン手続きをスキップして搭乗できるようになります(従来はチェックインの際に株主優待券を原則として渡す必要がありました)。

なお、全日本空輸は2013年4月にホールディングス制となりました。 東証一部及び大証一部に株式公開されているのはANAグループを統括する持ち株会社「ANAホールディングス」です。

ANAホールディングス(全日本空輸)の株式と株主優待券
株式市場 証券コード 単元株式数 株価 特典
東証1部/大証1部 9202 1,000株 Yahoo!ファイナンスへ 国内線搭乗50%割引

>> 株主優待券買取価格の比較ランキングはこちら

日本航空(JAL)の株主優待券

日本のナショナルフラッグキャリアであるJALですが、会社更生法の適用を機に2010年に株主優待制度は一旦休止されました。

しかしながら、昨年の2012年に東証一部への再上場を果たし、2013年の6月には株主優待制度が復活しました。 このため、2013年5月下旬から各チケットショップや金券ショップでJALの株主優待券(株主割引券)の買取価格と販売価格が提示され、売買が行われています。

以前のJALの株主割引券と異なり、割り当てられる席数に制限が設けられていますが、路線も便も多いため、比較的高値で買い取りされています。

日本航空(JAL)の株式と株主優待券
株式市場 証券コード 単元株式数 株価 特典
東証1部 9201 100株 Yahoo!ファイナンスへ 国内線搭乗50%割引

>> 株主優待券買取価格の比較ランキングはこちら

ソラシド・エア(スカイネットアジア航空)の株主優待券

ソラシド・エアーは東京羽田と九州各地を結ぶ比較的新しい航空会社で、2002年の羽田-宮崎間を皮切りに、2013年現在では羽田-熊本、羽田-長崎、羽田-鹿児島、羽田-大分間で運行しています(その他、宮崎-沖縄、鹿児島-沖縄線など)。

会社名は「スカイネットアジア航空」ですが、2011年から「ソラシド・エアー」というブランド名で運行されるようになり、特にそのカラフルな機体が人気を集めています。

株式は公開されていませんが、株主優待制度はあります。株主以外でも使えることから金券ショップでソラシド・エアーの株主優待割引券が出回ることがあります。

主な株主は、日本政策投資銀行、宮交エアグランドサービス、全日本空輸などです。

スカイネットアジア航空(ソラシド・エア)の株式と株主優待券
株式市場 証券コード 単元株式数 株価 特典
非上場 - - - 国内線搭乗25%割引
(2枚同時使用可)

>> 株主優待券買取価格の比較ランキングはこちら

スターフライヤー(SFJ)の株主優待券

スターフライヤーも新規の航空会社です。2006年の羽田-北九州線を皮切りに、2013年現在では羽田-福岡、羽田-関西間でも運行されています。

航空会社では珍しく、コーポレートカラーが黒色で、機体も黒色のデザインとなっています。このブランディング・デザインは2006年にグッド・デザイン賞を受賞しています。

株式は2011年に東証二部上場を果たしました。株主優待制度ももちろん用意されています。

スターフライヤー(SFJ)の株式と株主優待券
株式市場 証券コード 単元株式数 株価 特典
東証二部 9206 100株 Yahoo!ファイナンスへ 国内線搭乗50%割引

>> 株主優待券買取価格の比較ランキングはこちら

エアドゥの株主優待券

エアドゥも大手のANAやJALとは異なる新しい航空会社ですが、新規航空会社の中ではエアドゥは比較的歴史のある航空会社です。

「北海道の翼」が信条であり、1998年に新千歳空港-羽田間に就航して以来、新千歳空港を中心に北海道と道外各地を結ぶ路線を多数運行しています。

2012年にはそれまでの「北海道国際航空株式会社」から「株式会社AIRDO」に社名変更しています。

株式公開はされていませんが、株主優待制度はあります。他の航空会社の株主優待券と同じく、株主以外でも使えることから金券ショップでエアドゥの株主優待券が出回ることがあります。

主な株主は、日本政策投資銀行、全日本空輸、双日。北海道の企業である北洋銀行や石屋製菓も株主に名を連ねています。

エアドゥ(ADO)の株式と株主優待券
株式市場 証券コード 単元株式数 株価 特典
非上場 - 1株 - 国内線搭乗25%割引
(2枚同時使用可)

>> 株主優待券買取価格の比較ランキングはこちら