スターフライヤー株主優待券 高価買取価格の最新比較ランキング

本日1月19日 10時30分現在の買取価格

スターフライヤー株主優待券の平均買取価格
買取の平均価格 1,789
スターフライヤー株主優待券の買取価格ランキング
順位 金券ショプ名 都道府県 エリア 買取価格
1位 アリーズチケット 大阪 梅田 2,000円
1位 ダイヤチケット 東京 新宿 2,000円
1位 お茶の水チケット 東京 お茶の水 2,000円
1位 チケットモモ 東京 飯田橋 2,000円
1位 ショップOZ 東京 上野 2,000円
6位 アクセスチケット(本店) 神奈川 相模原市 1,800円
7位 チケットキャビン(梅田本部) 大阪 梅田 1,700円
8位 格安チケットコム 兵庫県 芦屋 1,600円
9位 ゑびすや 東京 新橋 1,000円

調査日時:2018年1月19日 10時30分

上記のランキング表は、全国のチケットショップ(金券ショップ)におけるスターフライヤー株主優待券の買取価格をインターネットを介して調べた結果です(全国全てのチケットショップを網羅しているわけではありません)。

各店舗の買取価格は、店頭持ち込みの条件や枚数などの条件によって変わる場合がありますので、当サイトの調査価格は、あくまでも参考価格としてご活用ください。

当サイトでは、情報の正確性の確保に努めていますが、その完全性や有用性を保証するものではありません。当サイトは、当サイトの内容に関するいかなる間違い、不掲載について一切の責任を負うものではなく、当サイトを利用されたことにより生じるいかなる損害についても、何ら責任を負うものではありません。

過去一週間の買取価格の動き(スターフライヤー)

以下のチャートグラフは、1月13日から本日1月19日までの過去7日間のスターフライヤー株主優待券の買取価格の相場変動を表しています。

今日1月19日の価格は、変動する可能性がないとは言えませんのでご注意ください。

過去7日間における株主優待券の平均買取価格の変動

グラフチャート

過去の買取価格の動き(スターフライヤー)

以下のチャートグラフは、2013年2月から本日2018年1月19日までのスターフライヤー株主優待券の買取価格の相場変動(週次)を表しています。

過去の株主優待券平均買取価格の動き(スターフライヤー 週次)

グラフチャート

買取価格変動チャートの見方

  • 縦線の最高点は、その週の平均買取価格の最高値を表しています。
  • 縦線の最低点は、その週の平均買取価格の最安値を表しています。
  • 四角い枠は、その週の平均買取価格の始値(日曜日の平均価格)と終値(土曜日の平均価格)を表しています。
  • 四角い枠が塗りつぶされていない場合、その週は買取の平均価格が上昇したことを表しています(陽線)。つまり、その場合は枠の底辺が週初日(日曜日)の平均価格(始値)、上辺が週最終日(土曜日)の平均価格(終値)です。
  • 四角い枠が塗りつぶされている場合、その週は買取の平均価格が下落したことを表しています(陰線)。つまり、その場合は枠の上辺が週初日(日曜日)の平均価格(始値)、底辺が週最終日(土曜日)の平均価格です(終値)。

スターフライヤーに関するニュースの紹介

スターフライヤーに関する最新のニュースをいくつかご紹介します。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 18年2月分

2018年1月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、2月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 18年2月分

2018年1月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、2月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 18年2月分

2018年1月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、2月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、12月の旅客数0.7%増12.7万人 利用率74.5%

2018年1月18日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年12月利用実績は、旅客数が前年同月比0.7%増の12万7592人、提供座席数は0.1%減の17万1281席、ロードファクター(座席利用率、L/F)は0.3ポイント上昇し74.5%となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空局、1月19日に鳥衝突防止対策検討会を開催 事例や防止対策を共有

2018年1月18日

国土交通省航空局は2018年1月19日(金)、「第16回 鳥衝突防止対策検討会」を開催します。この検討会では、最近の鳥衝突発生状況や鳥衝突事例、各空港での鳥衝突防止対策について情報を共有し、今後の鳥衝突防止に向けた方策を検討します。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)