全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2015年8月16日から8月22日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

ANAは、国際線の提供座席数を2016年度に同社では初めて、国内線と同等にする計画を進めている。成長が見込めない国内線は、「シェア維持と徹底した効率化」を掲げていることから、エア・ドゥとのコードシェアを拡大することで、国際線に経営資源を振り向けるとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから、羽田-大島線と中部-函館線、広島-札幌線の3路線を運休すると発表した。大島空港からは撤退する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

ANAの親会社であるANAホールディングス(9202)は2015年3月31日現在、エア・ドゥに13.61%出資。筆頭株主である日本政策投資銀行(DBJ)の32.49%に次ぐ出資割合となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから、羽田-大島線と中部-函館線、広島-札幌線の3路線を運休すると発表した。大島空港からは撤退する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

ANAは、国際線の提供座席数を2016年度に同社では初めて、国内線と同等にする計画を進めている。成長が見込めない国内線は、「シェア維持と徹底した効率化」を掲げていることから、エア・ドゥとのコードシェアを拡大することで、国際線に経営資源を振り向けるとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから、羽田-大島線と中部-函館線、広島-札幌線の3路線を運休すると発表した。大島空港からは撤退する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

ANAの親会社であるANAホールディングス(9202)は2015年3月31日現在、エア・ドゥに13.61%出資。筆頭株主である日本政策投資銀行(DBJ)の32.49%に次ぐ出資割合となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから、羽田-大島線と中部-函館線、広島-札幌線の3路線を運休すると発表した。大島空港からは撤退する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

ANAは、国際線の提供座席数を2016年度に同社では初めて、国内線と同等にする計画を進めている。成長が見込めない国内線は、「シェア維持と徹底した効率化」を掲げていることから、エア・ドゥとのコードシェアを拡大することで、国際線に経営資源を振り向けるとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

ANAの親会社であるANAホールディングス(9202)は2015年3月31日現在、エア・ドゥに13.61%出資。筆頭株主である日本政策投資銀行(DBJ)の32.49%に次ぐ出資割合となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

ANAは、国際線の提供座席数を2016年度に同社では初めて、国内線と同等にする計画を進めている。成長が見込めない国内線は、「シェア維持と徹底した効率化」を掲げていることから、エア・ドゥとのコードシェアを拡大することで、国際線に経営資源を振り向けるとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

ANAの親会社であるANAホールディングス(9202)は2015年3月31日現在、エア・ドゥに13.61%出資。筆頭株主である日本政策投資銀行(DBJ)の32.49%に次ぐ出資割合となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから、羽田-大島線と中部-函館線、広島-札幌線の3路線を運休すると発表した。大島空港からは撤退する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

ANAは、国際線の提供座席数を2016年度に同社では初めて、国内線と同等にする計画を進めている。成長が見込めない国内線は、「シェア維持と徹底した効率化」を掲げていることから、エア・ドゥとのコードシェアを拡大することで、国際線に経営資源を振り向けるとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

ANAの親会社であるANAホールディングス(9202)は2015年3月31日現在、エア・ドゥに13.61%出資。筆頭株主である日本政策投資銀行(DBJ)の32.49%に次ぐ出資割合となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

ANAは、国際線の提供座席数を2016年度に同社では初めて、国内線と同等にする計画を進めている。成長が見込めない国内線は、「シェア維持と徹底した効率化」を掲げていることから、エア・ドゥとのコードシェアを拡大することで、国際線に経営資源を振り向けるとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

ANAの親会社であるANAホールディングス(9202)は2015年3月31日現在、エア・ドゥに13.61%出資。筆頭株主である日本政策投資銀行(DBJ)の32.49%に次ぐ出資割合となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

ANAは、国際線の提供座席数を2016年度に同社では初めて、国内線と同等にする計画を進めている。成長が見込めない国内線は、「シェア維持と徹底した効率化」を掲げていることから、エア・ドゥとのコードシェアを拡大することで、国際線に経営資源を振り向けるとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-大島撤退 不採算整理で国際線強化へ

2015年8月20日

ANAの親会社であるANAホールディングス(9202)は2015年3月31日現在、エア・ドゥに13.61%出資。筆頭株主である日本政策投資銀行(DBJ)の32.49%に次ぐ出資割合となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、羽田-ロサンゼルスをフルフラット化 成田-パリ運休で羽田集約進む

2015年8月20日

全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤから羽田-ロサンゼルス線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入すると発表した。同路線への展開で、米国本土路線のビジネスクラスは全便がフルフラットシートになる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

ANAは、国際線の提供座席数を2016年度に同社では初めて、国内線と同等にする計画を進めている。成長が見込めない国内線は、「シェア維持と徹底した効率化」を掲げていることから、エア・ドゥとのコードシェアを拡大することで、国際線に経営資源を振り向けるとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥとANA、中部・広島新路線で共同運航

2015年8月20日

エア・ドゥ(ADO/HD)と全日本空輸(ANA/NH)は8月19日、10月25日に始まる冬ダイヤからエア・ドゥが運航する新規3路線で、コードシェア(共同運航)を実施すると正式発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ジェットスター、関西-大分1年で運休 中部-熊本も

2015年8月19日

同路線は2003年12月の全日本空輸(ANA/NH)以来11年ぶりの復活で、利用者増を期待していた。 中部-熊本線は2014年10月26日に1日2往復で開設。今年3月からの夏ダイヤでは1日1往復に減便していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、200万人達成 15年度黒字化が課題

2015年8月19日

お盆休み期間中のロードファクター(座席利用率)は、国際線が93.9%(前年比3.4ポイント上昇)、国内線が91.9%(0.1ポイント低下)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、200万人達成 15年度黒字化が課題

2015年8月19日

お盆休み期間中のロードファクター(座席利用率)は、国際線が93.9%(前年比3.4ポイント上昇)、国内線が91.9%(0.1ポイント低下)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ジェットスター、関西-大分1年で運休 中部-熊本も

2015年8月19日

同路線は2003年12月の全日本空輸(ANA/NH)以来11年ぶりの復活で、利用者増を期待していた。 中部-熊本線は2014年10月26日に1日2往復で開設。今年3月からの夏ダイヤでは1日1往復に減便していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ジェットスター、関西-大分1年で運休 中部-熊本も

2015年8月19日

同路線は2003年12月の全日本空輸(ANA/NH)以来11年ぶりの復活で、利用者増を期待していた。 中部-熊本線は2014年10月26日に1日2往復で開設。今年3月からの夏ダイヤでは1日1往復に減便していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、200万人達成 15年度黒字化が課題

2015年8月19日

お盆休み期間中のロードファクター(座席利用率)は、国際線が93.9%(前年比3.4ポイント上昇)、国内線が91.9%(0.1ポイント低下)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、200万人達成 15年度黒字化が課題

2015年8月19日

お盆休み期間中のロードファクター(座席利用率)は、国際線が93.9%(前年比3.4ポイント上昇)、国内線が91.9%(0.1ポイント低下)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ジェットスター、関西-大分1年で運休 中部-熊本も

2015年8月19日

同路線は2003年12月の全日本空輸(ANA/NH)以来11年ぶりの復活で、利用者増を期待していた。 中部-熊本線は2014年10月26日に1日2往復で開設。今年3月からの夏ダイヤでは1日1往復に減便していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ジェットスター、関西-大分1年で運休 中部-熊本も

2015年8月19日

同路線は2003年12月の全日本空輸(ANA/NH)以来11年ぶりの復活で、利用者増を期待していた。 中部-熊本線は2014年10月26日に1日2往復で開設。今年3月からの夏ダイヤでは1日1往復に減便していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、200万人達成 15年度黒字化が課題

2015年8月19日

お盆休み期間中のロードファクター(座席利用率)は、国際線が93.9%(前年比3.4ポイント上昇)、国内線が91.9%(0.1ポイント低下)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、200万人達成 15年度黒字化が課題

2015年8月19日

お盆休み期間中のロードファクター(座席利用率)は、国際線が93.9%(前年比3.4ポイント上昇)、国内線が91.9%(0.1ポイント低下)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ジェットスター、関西-大分1年で運休 中部-熊本も

2015年8月19日

同路線は2003年12月の全日本空輸(ANA/NH)以来11年ぶりの復活で、利用者増を期待していた。 中部-熊本線は2014年10月26日に1日2往復で開設。今年3月からの夏ダイヤでは1日1往復に減便していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、200万人達成 15年度黒字化が課題

2015年8月19日

お盆休み期間中のロードファクター(座席利用率)は、国際線が93.9%(前年比3.4ポイント上昇)、国内線が91.9%(0.1ポイント低下)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエア、200万人達成 15年度黒字化が課題

2015年8月19日

お盆休み期間中のロードファクター(座席利用率)は、国際線が93.9%(前年比3.4ポイント上昇)、国内線が91.9%(0.1ポイント低下)だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「第7回北海道大雪おみやげ博2015inセントレア」を開催

2015年8月18日

セントレアでは、人気就航地である北海道旭川・大雪圏をご紹介する観光物産展「「第7回北海道大雪おみやげ博2015inセントレア」」を開催します。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ANA、スター・ウォーズ特別塗装機を2機発表 新キャラBB-8をデザイン

2015年8月18日

新たに発表されたのは、12月18日公開の新たな3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場する新キャラクタ-、「BB-8」を機体全体にデザインした、ボーイング777-300ER型機の国際線仕様機(登録番号JA789A)「BB-8 ANA JET」と、BB-8に加えて映画に登場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、スター・ウォーズ特別塗装機を2機発表 新キャラBB-8をデザイン

2015年8月18日

全日本空輸(ANA/NH)は8月18日、映画『スター・ウォーズ』のキャラクターを描いた特別塗装機を、新たに2機発表した。2020年3月までの5年間「STAR WARSプロジェクト」を展開し、計3機の特別塗装機を運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「第7回北海道大雪おみやげ博2015inセントレア」を開催

2015年8月18日

セントレアでは、人気就航地である北海道旭川・大雪圏をご紹介する観光物産展「「第7回北海道大雪おみやげ博2015inセントレア」」を開催します。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ANA、スター・ウォーズ特別塗装機を2機発表 新キャラBB-8をデザイン

2015年8月18日

新たに発表されたのは、12月18日公開の新たな3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場する新キャラクタ-、「BB-8」を機体全体にデザインした、ボーイング777-300ER型機の国際線仕様機(登録番号JA789A)「BB-8 ANA JET」と、BB-8に加えて映画に登場 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、スター・ウォーズ特別塗装機を2機発表 新キャラBB-8をデザイン

2015年8月18日

全日本空輸(ANA/NH)は8月18日、映画『スター・ウォーズ』のキャラクターを描いた特別塗装機を、新たに2機発表した。2020年3月までの5年間「STAR WARSプロジェクト」を展開し、計3機の特別塗装機を運航する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「第7回北海道大雪おみやげ博2015inセントレア」を開催

2015年8月18日

セントレアでは、人気就航地である北海道旭川・大雪圏をご紹介する観光物産展「「第7回北海道大雪おみやげ博2015inセントレア」」を開催します。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

「第7回北海道大雪おみやげ博2015inセントレア」を開催

2015年8月18日

セントレアでは、人気就航地である北海道旭川・大雪圏をご紹介する観光物産展「「第7回北海道大雪おみやげ博2015inセントレア」」を開催します。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、57円から50円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を52円から46円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を45円から40円に引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAとJAL国際線利用率9割、国内LCCは旅客大幅増 航空各社のお盆実績

2015年8月17日

国際線ではJALのロードファクター(座席利用率、L/F)が90%を超え、ANAも9割に肉薄する勢いだった。SKYは予約時点で予約率が前年を下回っていたが、L/Fは前年を上回った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、9月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAとJAL国際線利用率9割、国内LCCは旅客大幅増 航空各社のお盆実績

2015年8月17日

全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)、スカイマーク(SKY/BC)など航空各社は8月17日、お盆期間中の利用実績を発表した。 国際線ではJALのロードファクター(座席利用率、L/F)が90%を超え、ANAも9割に肉薄する勢いだった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、57円から50円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を52円から46円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を45円から40円に引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、9月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、57円から50円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を52円から46円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を45円から40円に引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、9月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、57円から50円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を52円から46円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を45円から40円に引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、9月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、57円から50円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を52円から46円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を45円から40円に引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、9月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、57円から50円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を52円から46円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を45円から40円に引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、9月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、57円から50円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を52円から46円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を45円から40円に引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、9月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、57円から50円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を52円から46円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を45円から40円に引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き下げ 15年9月分

2015年8月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、9月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き下げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

南アフリカ航空、日本再就航に意欲 需要は増加傾向

2015年8月16日

その後、全日本空輸(ANA/NH)が運航する香港路線とコードシェアを始めた。2007年4月に関空便、2008年10月に成田便、2012年8月に中部(セントレア)便、2013年9月に羽田便でコードシェアを開始し、南アフリカ航空が運航するヨハネスブルク-香港線と接続している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

南アフリカ航空、日本再就航に意欲 需要は増加傾向

2015年8月16日

その後、全日本空輸(ANA/NH)が運航する香港路線とコードシェアを始めた。2007年4月に関空便、2008年10月に成田便、2012年8月に中部(セントレア)便、2013年9月に羽田便でコードシェアを開始し、南アフリカ航空が運航するヨハネスブルク-香港線と接続している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

南アフリカ航空、日本再就航に意欲 需要は増加傾向

2015年8月16日

その後、全日本空輸(ANA/NH)が運航する香港路線とコードシェアを始めた。2007年4月に関空便、2008年10月に成田便、2012年8月に中部(セントレア)便、2013年9月に羽田便でコードシェアを開始し、南アフリカ航空が運航するヨハネスブルク-香港線と接続している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

南アフリカ航空、日本再就航に意欲 需要は増加傾向

2015年8月16日

その後、全日本空輸(ANA/NH)が運航する香港路線とコードシェアを始めた。2007年4月に関空便、2008年10月に成田便、2012年8月に中部(セントレア)便、2013年9月に羽田便でコードシェアを開始し、南アフリカ航空が運航するヨハネスブルク-香港線と接続している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

南アフリカ航空、日本再就航に意欲 需要は増加傾向

2015年8月16日

その後、全日本空輸(ANA/NH)が運航する香港路線とコードシェアを始めた。2007年4月に関空便、2008年10月に成田便、2012年8月に中部(セントレア)便、2013年9月に羽田便でコードシェアを開始し、南アフリカ航空が運航するヨハネスブルク-香港線と接続している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

南アフリカ航空、日本再就航に意欲 需要は増加傾向

2015年8月16日

その後、全日本空輸(ANA/NH)が運航する香港路線とコードシェアを始めた。2007年4月に関空便、2008年10月に成田便、2012年8月に中部(セントレア)便、2013年9月に羽田便でコードシェアを開始し、南アフリカ航空が運航するヨハネスブルク-香港線と接続している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

南アフリカ航空、日本再就航に意欲 需要は増加傾向

2015年8月16日

その後、全日本空輸(ANA/NH)が運航する香港路線とコードシェアを始めた。2007年4月に関空便、2008年10月に成田便、2012年8月に中部(セントレア)便、2013年9月に羽田便でコードシェアを開始し、南アフリカ航空が運航するヨハネスブルク-香港線と接続している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

南アフリカ航空、日本再就航に意欲 需要は増加傾向

2015年8月16日

その後、全日本空輸(ANA/NH)が運航する香港路線とコードシェアを始めた。2007年4月に関空便、2008年10月に成田便、2012年8月に中部(セントレア)便、2013年9月に羽田便でコードシェアを開始し、南アフリカ航空が運航するヨハネスブルク-香港線と接続している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCC搭乗ルポのピーチ編が1位 先週の注目記事15年8月9日-15日

2015年8月16日

第2位は全日空商事が8月12日に発表・販売開始した、全日本空輸(ANA/NH)のボーイング777のシートベルトを活用した、数量限定バッグ。商品企画そのものは良いのですが、なぜ発表が乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から30年目の日なのでしょうか。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)