全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2017年10月15日から10月21日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

富山空港、「絶景!飛行機から見える北アルプスの不思議展」を開催中

2017年10月21日

富山県立山カルデラ砂防博物館は、立山町に所在し、常願寺川の源流部にある侵食作用によって形成された立山カルデラの峻厳な自然と、富山平野の保全のため行われてきた砂防事業を紹介する博物館です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

宮崎県、ANAと観光振興で連携協定

2017年10月20日

ANAの宮崎発着便は、1日に羽田線5往復と伊丹線6往復、中部線3往復、福岡線6往復。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

宮崎県、ANAと観光振興で連携協定

2017年10月20日

宮崎県と全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は10月20日、観光振興に関する連携協定を締結した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

宮崎県、ANAと観光振興で連携協定

2017年10月20日

宮崎県と全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は10月20日、観光振興に関する連携協定を締結した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAと宮崎県、観光振興で連携協定 観光客の誘致やスポーツ観光などで協働

2017年10月20日

ANAホールディングスと宮崎県は2017年10月20日(金)、観光振興に関する連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

小松空港、10月28日に「空の日フェスタ2017」開催 制服撮影会など

2017年10月19日

小松空港は2017年10月28日(土)、「空の日フェスタ2017」を開催します。就航する日本航空(JAL)と全日空(ANA)のパイロット、客室乗務員が参加する催しをはじめ、ステージイベントなどが企画されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

2017年10月18日 18時51分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、定時性1位 国交省17年4-6月期情報公開

2017年10月19日

国土交通省航空局(JCAB)はこのほど、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2017年4-6月期分を公表した。定時運航率はエア・ドゥ(ADO/HD)が1位を獲得。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

那覇発初便の前で横断幕をかかげる客室乗務員ら=12年10月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAホールディングス(9202)傘下のピーチは、国内初のLCCとして2012年3月1日に運航開始。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

2017年10月18日 18時51分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

小松空港、10月28日に「空の日フェスタ2017」開催 制服撮影会など

2017年10月19日

小松空港は2017年10月28日(土)、「空の日フェスタ2017」を開催します。就航する日本航空(JAL)と全日空(ANA)のパイロット、客室乗務員が参加する催しをはじめ、ステージイベントなどが企画されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、定時性1位 国交省17年4-6月期情報公開

2017年10月19日

国土交通省航空局(JCAB)はこのほど、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2017年4-6月期分を公表した。定時運航率はエア・ドゥ(ADO/HD)が1位を獲得。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

小松空港、10月28日に「空の日フェスタ2017」開催 制服撮影会など

2017年10月19日

小松空港は2017年10月28日(土)、「空の日フェスタ2017」を開催します。就航する日本航空(JAL)と全日空(ANA)のパイロット、客室乗務員が参加する催しをはじめ、ステージイベントなどが企画されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、定時性1位 国交省17年4-6月期情報公開

2017年10月19日

国土交通省航空局(JCAB)はこのほど、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2017年4-6月期分を公表した。定時運航率はエア・ドゥ(ADO/HD)が1位を獲得。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は10月18日、沖縄就航5周年を迎えた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

2017年10月18日 18時51分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、定時性1位 国交省17年4-6月期情報公開

2017年10月19日

国土交通省航空局(JCAB)はこのほど、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2017年4-6月期分を公表した。定時運航率はエア・ドゥ(ADO/HD)が1位を獲得。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、定時性1位 国交省17年4-6月期情報公開

2017年10月19日

国土交通省航空局(JCAB)はこのほど、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2017年4-6月期分を公表した。定時運航率はエア・ドゥ(ADO/HD)が1位を獲得。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は10月18日、沖縄就航5周年を迎えた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、定時性1位 国交省17年4-6月期情報公開

2017年10月19日

国土交通省航空局(JCAB)はこのほど、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2017年4-6月期分を公表した。定時運航率はエア・ドゥ(ADO/HD)が1位を獲得。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、定時性1位 国交省17年4-6月期情報公開

2017年10月19日

国土交通省航空局(JCAB)はこのほど、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2017年4-6月期分を公表した。定時運航率はエア・ドゥ(ADO/HD)が1位を獲得。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

那覇発初便の前で横断幕をかかげる客室乗務員ら=12年10月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAホールディングス(9202)傘下のピーチは、国内初のLCCとして2012年3月1日に運航開始。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エア・ドゥ、定時性1位 国交省17年4-6月期情報公開

2017年10月19日

国土交通省航空局(JCAB)はこのほど、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2017年4-6月期分を公表した。定時運航率はエア・ドゥ(ADO/HD)が1位を獲得。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

2017年10月18日 18時51分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

就航5周年を迎えた那覇空港LCCターミナルを出発するピーチの関西行きMM214便=17年10月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAホールディングス(9202)傘下のピーチは、国内初のLCCとして2012年3月1日に運航開始。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

2017年10月18日 18時51分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

就航5周年を迎えた那覇空港LCCターミナルを出発するピーチの関西行きMM214便=17年10月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAホールディングス(9202)傘下のピーチは、国内初のLCCとして2012年3月1日に運航開始。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

2017年10月18日 18時51分に配信したFlyTeam ニュース記事です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

定期航空協会、平成30年度税制改正要望 航空券連帯税の導入に反対

2017年10月19日

定期航空協会は2017年10月、「平成30年度税制改正に関する要望」の内容を公表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

就航5周年を迎えた那覇空港LCCターミナルを出発するピーチの関西行きMM214便=17年10月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAホールディングス(9202)傘下のピーチは、国内初のLCCとして2012年3月1日に運航開始。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

就航5周年を迎えた那覇空港LCCターミナルを出発するピーチの関西行きMM214便=17年10月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAホールディングス(9202)傘下のピーチは、国内初のLCCとして2012年3月1日に運航開始。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

2017年10月19日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

就航5周年を迎えた那覇空港LCCターミナルを出発するピーチの関西行きMM214便=17年10月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAホールディングス(9202)傘下のピーチは、国内初のLCCとして2012年3月1日に運航開始。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に

2017年10月19日

全日本空輸(ANA/NH)が借り受けている貨物ターミナル内の一部施設を旅客用に約4億円かけて改装した。 2013年9月13日に石垣線が就航し、同月20日には那覇発着初の国際線となる台北(桃園)線が就航。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

貨物便の燃油サーチャージは、シンガポールで取引されるジェット燃油価格で算出。JALとANA両社は、2カ月前の平均値を基に毎月改定している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 17年11月分

2017年10月19日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、11月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、9月の旅客数10.5%増13万人 利用率75.9%

2017年10月19日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2017年9月利用実績は、旅客数が前年同月比10.5%増の13万192人、提供座席数は11.7%増の17万2268席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.5%増の1億6560万座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ) 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値下げ 9月の原油市況受け

2017年10月18日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

神戸空港と神戸ヘリポート、11月5日に空の日イベント 格納庫や空港見学も

2017年10月18日

神戸空港では、神戸空港場内をバスで巡るツアーや、スカイマーク格納庫見学、小型航空機と空港で働く車の見学のほか、ターミナルビルで、全日空(ANA)、ソラシドエア、AIR DOのグッズ販売や、お仕事体験コーナー、キッズ制服着用会などが行われます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値下げ 9月の原油市況受け

2017年10月18日

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2018年1月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2017年10月18日

全日空(ANA)は、2018年1月6日(土)から1月31日(水)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、12月以降発券分の国際線旅客燃油サーチャージ 11月から値上げ

2017年10月17日

全日空(ANA)は2017年12月1日(金)発券分から、国際線旅客の燃油サーチャージ額を値上げします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

JTA、利用者数157万人 利用率81.6%、17年4-9月期

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)と競合する羽田発着路線のうち、羽田-石垣線は旅客数が9万4668人(3.7%減)、提供座席数は10万7480席(7.0%減)、L/Fが88.1%(3.1ポイント上昇)。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、12月以降発券分の国際線旅客燃油サーチャージ 11月から値上げ

2017年10月17日

全日空(ANA)は2017年12月1日(金)発券分から、国際線旅客の燃油サーチャージ額を値上げします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTA、利用者数157万人 利用率81.6%、17年4-9月期

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)と競合する羽田発着路線のうち、羽田-石垣線は旅客数が9万4668人(3.7%減)、提供座席数は10万7480席(7.0%減)、L/Fが88.1%(3.1ポイント上昇)。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTA、利用者数157万人 利用率81.6%、17年4-9月期

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)と競合する羽田発着路線のうち、羽田-石垣線は旅客数が9万4668人(3.7%減)、提供座席数は10万7480席(7.0%減)、L/Fが88.1%(3.1ポイント上昇)。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。燃油価格の上昇によるもの。サーチャージの引き上げは、4-5月発券分以来となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTA、利用者数157万人 利用率81.6%、17年4-9月期

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)と競合する羽田発着路線のうち、羽田-石垣線は旅客数が9万4668人(3.7%減)、提供座席数は10万7480席(7.0%減)、L/Fが88.1%(3.1ポイント上昇)。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTA、利用者数157万人 利用率81.6%、17年4-9月期

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)と競合する羽田発着路線のうち、羽田-石垣線は旅客数が9万4668人(3.7%減)、提供座席数は10万7480席(7.0%減)、L/Fが88.1%(3.1ポイント上昇)。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

12-1月分の燃油サーチャージを引き上げるANA=17年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 12月1日から2018年1月31日発券分が対象。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。燃油価格の上昇によるもの。サーチャージの引き上げは、4-5月発券分以来となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTA、利用者数157万人 利用率81.6%、17年4-9月期

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)と競合する羽田発着路線のうち、羽田-石垣線は旅客数が9万4668人(3.7%減)、提供座席数は10万7480席(7.0%減)、L/Fが88.1%(3.1ポイント上昇)。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。燃油価格の上昇によるもの。サーチャージの引き上げは、4-5月発券分以来となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

12-1月分の燃油サーチャージを引き上げるANA=17年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 12月1日から2018年1月31日発券分が対象。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

12-1月分の燃油サーチャージを引き上げるANA=17年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 12月1日から2018年1月31日発券分が対象。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。燃油価格の上昇によるもの。サーチャージの引き上げは、4-5月発券分以来となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

12-1月分の燃油サーチャージを引き上げるANA=17年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 12月1日から2018年1月31日発券分が対象。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。燃油価格の上昇によるもの。サーチャージの引き上げは、4-5月発券分以来となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

12-1月分の燃油サーチャージを引き上げるANA=17年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 12月1日から2018年1月31日発券分が対象。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。燃油価格の上昇によるもの。サーチャージの引き上げは、4-5月発券分以来となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

12-1月分の燃油サーチャージを引き上げるANA=17年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 12月1日から2018年1月31日発券分が対象。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。燃油価格の上昇によるもの。サーチャージの引き上げは、4-5月発券分以来となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

12-1月分の燃油サーチャージを引き上げるANA=17年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 12月1日から2018年1月31日発券分が対象。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

全日本空輸(ANA/NH)は10月16日、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月発券分から引き上げると発表した。燃油価格の上昇によるもの。サーチャージの引き上げは、4-5月発券分以来となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、燃油サーチャージ引き上げ 17年12月-18年1月分

2017年10月17日

12-1月分の燃油サーチャージを引き上げるANA=17年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 12月1日から2018年1月31日発券分が対象。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAとベトナム航空、訪日客に4日間Wi-Fi無料キャンペーン 2月末まで

2017年10月16日

ベトナム発日本行きのベトナム航空、またはANAの航空券を購入後、キャンペーンに申し込むと、NINJAが提供するWi-Fiルーターで高速の4G/LTEインターネット接続を無料で4日間、日本国内で利用できます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は現在、成田/香港/アディスアベバ線を週3便で運航しているほか、コードシェア便で、ANAの羽田/バンコク線、成田/香港線、シンガポール航空の羽田、成田発着のシンガポール線でもコードシェア運航しており、これらの経由便を合わせると、日本から毎日3便 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

なお、全日空(ANA)などを含むANAホールディングスの各社では、地方創生の推進や地域活性化などで地方自治体と包括連携を締結しており、三重県、静岡県、北海道、高知県、徳島県、新潟県、青森県、長崎県、岐阜県などと双方の資源の有効活用する取り組みを進めてい 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAとベトナム航空、訪日客に4日間Wi-Fi無料キャンペーン 2月末まで

2017年10月16日

ベトナム航空と全日空(ANA)は2017年10月1日(日)から2018年2月28日(水)まで、ベトナムからの訪日旅行者を対象に4日間無料で無制限のWi-Fiが利用できる特別プロモーション「Hi Japan!」を実施しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は2017年10月29日(日)から、成田/バンコク線で全日空(ANA)とコードシェアを開始します。これにより、ANA運航の成田/バンコク線を利用し、バンコク経由でアディスアベバに接続できるようになります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は現在、成田/香港/アディスアベバ線を週3便で運航しているほか、コードシェア便で、ANAの羽田/バンコク線、成田/香港線、シンガポール航空の羽田、成田発着のシンガポール線でもコードシェア運航しており、これらの経由便を合わせると、日本から毎日3便 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

なお、全日空(ANA)などを含むANAホールディングスの各社では、地方創生の推進や地域活性化などで地方自治体と包括連携を締結しており、三重県、静岡県、北海道、高知県、徳島県、新潟県、青森県、長崎県、岐阜県などと双方の資源の有効活用する取り組みを進めてい 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は2017年10月29日(日)から、成田/バンコク線で全日空(ANA)とコードシェアを開始します。これにより、ANA運航の成田/バンコク線を利用し、バンコク経由でアディスアベバに接続できるようになります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は現在、成田/香港/アディスアベバ線を週3便で運航しているほか、コードシェア便で、ANAの羽田/バンコク線、成田/香港線、シンガポール航空の羽田、成田発着のシンガポール線でもコードシェア運航しており、これらの経由便を合わせると、日本から毎日3便 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

なお、全日空(ANA)などを含むANAホールディングスの各社では、地方創生の推進や地域活性化などで地方自治体と包括連携を締結しており、三重県、静岡県、北海道、高知県、徳島県、新潟県、青森県、長崎県、岐阜県などと双方の資源の有効活用する取り組みを進めてい 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は2017年10月29日(日)から、成田/バンコク線で全日空(ANA)とコードシェアを開始します。これにより、ANA運航の成田/バンコク線を利用し、バンコク経由でアディスアベバに接続できるようになります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は現在、成田/香港/アディスアベバ線を週3便で運航しているほか、コードシェア便で、ANAの羽田/バンコク線、成田/香港線、シンガポール航空の羽田、成田発着のシンガポール線でもコードシェア運航しており、これらの経由便を合わせると、日本から毎日3便 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は2017年10月29日(日)から、成田/バンコク線で全日空(ANA)とコードシェアを開始します。これにより、ANA運航の成田/バンコク線を利用し、バンコク経由でアディスアベバに接続できるようになります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は現在、成田/香港/アディスアベバ線を週3便で運航しているほか、コードシェア便で、ANAの羽田/バンコク線、成田/香港線、シンガポール航空の羽田、成田発着のシンガポール線でもコードシェア運航しており、これらの経由便を合わせると、日本から毎日3便 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

なお、全日空(ANA)などを含むANAホールディングスの各社では、地方創生の推進や地域活性化などで地方自治体と包括連携を締結しており、三重県、静岡県、北海道、高知県、徳島県、新潟県、青森県、長崎県、岐阜県などと双方の資源の有効活用する取り組みを進めてい 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は2017年10月29日(日)から、成田/バンコク線で全日空(ANA)とコードシェアを開始します。これにより、ANA運航の成田/バンコク線を利用し、バンコク経由でアディスアベバに接続できるようになります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は現在、成田/香港/アディスアベバ線を週3便で運航しているほか、コードシェア便で、ANAの羽田/バンコク線、成田/香港線、シンガポール航空の羽田、成田発着のシンガポール線でもコードシェア運航しており、これらの経由便を合わせると、日本から毎日3便 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

ANAホールディングスは2017年10月13日(金)、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAホールディングス、地方創生の推進に向け大分県と包括連携協定を締結

2017年10月16日

なお、全日空(ANA)などを含むANAホールディングスの各社では、地方創生の推進や地域活性化などで地方自治体と包括連携を締結しており、三重県、静岡県、北海道、高知県、徳島県、新潟県、青森県、長崎県、岐阜県などと双方の資源の有効活用する取り組みを進めてい 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は2017年10月29日(日)から、成田/バンコク線で全日空(ANA)とコードシェアを開始します。これにより、ANA運航の成田/バンコク線を利用し、バンコク経由でアディスアベバに接続できるようになります。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エチオピア航空、冬ダイヤからANAの成田/バンコク線でコードシェア開始

2017年10月16日

エチオピア航空は現在、成田/香港/アディスアベバ線を週3便で運航しているほか、コードシェア便で、ANAの羽田/バンコク線、成田/香港線、シンガポール航空の羽田、成田発着のシンガポール線でもコードシェア運航しており、これらの経由便を合わせると、日本から毎日3便 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

伊丹空港、空の日イベント盛況 CRJさよなら展示も

2017年10月15日

伊丹空港と関西空港を運営する関西エアポートは、空の日のイベント「空の日エアポート フェスティバル2017」を、伊丹で10月14日に開催した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

伊丹空港、空の日イベント盛況 CRJさよなら展示も

2017年10月15日

伊丹空港と関西空港を運営する関西エアポートは、空の日のイベント「空の日エアポート フェスティバル2017」を、伊丹で10月14日に開催した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

伊丹空港、空の日イベント盛況 CRJさよなら展示も

2017年10月15日

伊丹空港と関西空港を運営する関西エアポートは、空の日のイベント「空の日エアポート フェスティバル2017」を、伊丹で10月14日に開催した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

伊丹空港、空の日イベント盛況 CRJさよなら展示も

2017年10月15日

伊丹空港と関西空港を運営する関西エアポートは、空の日のイベント「空の日エアポート フェスティバル2017」を、伊丹で10月14日に開催した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)