全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2013年7月14日から7月20日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

今週も大きな動きなしです。三連休に飛行機の株主優待券の需要が上がる、という一時的な動きもないんですね。

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

日本当局、救命無線機搭載しなくても787型機の国内運航認める方針=関係筋

2013年7月20日

東京 19日 ロイター] - ロンドンのヒースロー空港で前週起きたエチオピア航空のボーイング 787型機(ドリームライナー)発火事故を受け、日本の航空当局は、英当局が原因と特定した航空機用救命無線機を搭載していなくても、国内での同機種の運航を認める方針だ。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

日本、救命無線機搭載しなくても787の国内運航認める方針=関係筋

2013年7月20日

東京 19日 ロイター] - ロンドンのヒースロー空港で前週起きたエチオピア航空のボーイング(BA.N: 株価, 企業情報, レポート)787型機(ドリーム ... 事情に詳しい2人の航空関係筋が明らかにした。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

12年度旅客数、LCC効果で国内線8.7%増 国際線は12.8%増 国交省航空輸送統計

2013年7月19日

国交省では、全日本空輸(ANA)が那覇空港のハブ機能を活用し、便数増加や機材の大型化を行ったことによるものと見ている。 国内線旅客数の上位は、1位が羽田-新千歳線で前年度比1.8%増の868万1515人。ロードファクター(L/F、座席利用率)は67.7%だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

UPDATE1: クレジット市場動向=CDS指数が91bpに低下、円安・株高に反応

2013年7月18日

東京 18日 ロイター] - <対国債スプレッド> 政保債(地方公)10年 3.0─3.5bp 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp 地方債(都債) 10年 4.0─5.0bp 電力債(東電) 5年 210─220bp クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa nシリーズ19 にタイト化圧力がかかった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

2013年7月16日 配信ニュース一覧

2013年7月16日

全日空(ANA)の貨物部門、ANA CARGOは2013年7月13日から、成田/バンコク線、バンコク/那覇線を運航再開しました。787の運航停止により、3月から運休していたもの。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

B787の運行は通常通り、英空港の出火は情報収集中=ANA・JAL

2013年7月14日

東京 13日 ロイター] - 英国ロンドン・ヒースロー空港で12日、駐機中だったエチオピア航空ETHA.ULのボーイング787型機(ドリームライナー)から出火したことについて、ANAホールディングス(9202.T: 株価, ニュース, レポート)と日本航空(JAL)(9201.T: 株価, ニュース, レポート) 

>> 発信元へ(ロイター via Google)

中部、新ターミナル「作る方向」-エアアジアJの動向注視

2013年7月14日

6月に全日空(NH)とエアアジア(AK)が提携を解消したことで、一部で「ターミナル建設凍結」との報道もあったが、同社広報によると、現在中部に就航している航空会社などとターミナル建設に向けた対話をおこなっているほか、エプロンや駐車場整備についても詳細な計画を詰め 

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

アシアナ機事故が1位 先週の注目記事13年7月7日-13日

2013年7月14日

4位はシンガポール航空(SIA)の新シート発表、6位は全日本空輸(ANA)の七夕フライト、7位はスカイマーク(SKY、9204)の石垣就航と続きました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)