全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2013年12月15日から12月21日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

バニラエア就航、台北でも熱烈歓迎 利用率8割以上目指す

2013年12月21日

ANAホールディングス(9202)傘下のLCC(低コスト航空会社)のバニラエア(VNL)が12月20日、就航した。成田空港を拠点とするVNLの機材は当初、エアバスA320型機(180席)1機のみだが、28日に2機目が投入される。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

全日空の国内線、3月から値上げ 円安影響で

2013年12月20日

全日本空輸(ANA)は12月19日、国内線運賃を2014年3月7日から値上げすると発表した。円安の影響による燃油費増加などのため。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザ、羽田就航へ 14年夏ダイヤから

2013年12月19日

... は、関西空港経由便に変更した上で運航を続ける。 羽田とドイツ間では、共同事業を実施している全日本空輸(ANA)も、夏ダイヤから羽田-フランクフルト線を1日2往復へ増便し、羽田-ミュンヘン線を1日1往復で開設する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

全日空、羽田-ミュンヘン14年夏ダイヤで新設 フランクフルト増便

2013年12月19日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA)は12月18日、2014年3月30日から始まる夏ダイヤの国際線計画の第2弾を発表した。発着枠配分で獲得した羽田空港の昼間時間帯(午前6時から午後11時まで)にドイツ2路線を毎日運航で開設する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

2013年12月19日 配信ニュース

2013年12月19日

全日空(ANA)は2014年3月30日から、羽田空港の発着枠拡大でドイツの2枠について羽田/フランクフルト線の増便、羽田/ミュンヘン線の新規就航を行うことに伴い、成田/フランクフルト線、成田/ミュンヘ 2013/12/19 ANA、羽田発着フランクフルト線を増便、ミュンヘン線に新規 

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、福岡-関西運休 福岡-中部新設へ

2013年12月18日

現在全日本空輸(ANA)が1日10往復、LCCではジェットスター・ジャパン(JJP)が1日2往復運航している。 SFJの中部就航は初めてで、福岡-中部線のフライト時間は1時間20分程度。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LCCの予約好調 航空各社、年末年始の予約状況

2013年12月16日

日本航空(JAL、9201)や全日本空輸(ANA)、スカイマーク(SKY、9204)など航空各社は12月13日、年末年始の予約状況を発表した。対象期間は12月20日から2013年1月5日までの17日間。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スカイマークのミニスカ新制服が1位 先週の注目記事13年12月8日-14日

2013年12月15日

このほか、全日本空輸(ANA)の14年夏ダイヤで羽田発着の国際線に初のファーストクラス設定路線が誕生するといった記事や、ボーイング747-400型機の里帰りフライトなどの記事が上位に入りました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)