全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2016年6月12日から6月18日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

乗客59人と乗員8人にけがはなかった。 ANAの事案は、那覇空港で発生。那覇発札幌行きNH1694便(ボーイング737-800型機、登録番号JA80AN)が離陸滑走中、航空自衛隊機が管制官の指示を受けずに前方を横切ったため離陸を中止。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

重大インシデントは、4月5日に日本航空(JAL/JL、9201)、6月3日に全日本空輸(ANA/NH)と日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)、6月30日にJTA、7月7日にフジドリームエアラインズ(FDA/JH)、7月12日にJAL、10月10日にJALで発生した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

乗客59人と乗員8人にけがはなかった。 ANAの事案は、那覇空港で発生。那覇発札幌行きNH1694便(ボーイング737-800型機、登録番号JA80AN)が離陸滑走中、航空自衛隊機が管制官の指示を受けずに前方を横切ったため離陸を中止。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

重大インシデントは、4月5日に日本航空(JAL/JL、9201)、6月3日に全日本空輸(ANA/NH)と日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)、6月30日にJTA、7月7日にフジドリームエアラインズ(FDA/JH)、7月12日にJAL、10月10日にJALで発生した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

乗客59人と乗員8人にけがはなかった。 ANAの事案は、那覇空港で発生。那覇発札幌行きNH1694便(ボーイング737-800型機、登録番号JA80AN)が離陸滑走中、航空自衛隊機が管制官の指示を受けずに前方を横切ったため離陸を中止。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

重大インシデントは、4月5日に日本航空(JAL/JL、9201)、6月3日に全日本空輸(ANA/NH)と日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)、6月30日にJTA、7月7日にフジドリームエアラインズ(FDA/JH)、7月12日にJAL、10月10日にJALで発生した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

重大インシデントは、4月5日に日本航空(JAL/JL、9201)、6月3日に全日本空輸(ANA/NH)と日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)、6月30日にJTA、7月7日にフジドリームエアラインズ(FDA/JH)、7月12日にJAL、10月10日にJALで発生した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

乗客59人と乗員8人にけがはなかった。 ANAの事案は、那覇空港で発生。那覇発札幌行きNH1694便(ボーイング737-800型機、登録番号JA80AN)が離陸滑走中、航空自衛隊機が管制官の指示を受けずに前方を横切ったため離陸を中止。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

重大インシデントは、4月5日に日本航空(JAL/JL、9201)、6月3日に全日本空輸(ANA/NH)と日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)、6月30日にJTA、7月7日にフジドリームエアラインズ(FDA/JH)、7月12日にJAL、10月10日にJALで発生した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

重大インシデントは、4月5日に日本航空(JAL/JL、9201)、6月3日に全日本空輸(ANA/NH)と日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)、6月30日にJTA、7月7日にフジドリームエアラインズ(FDA/JH)、7月12日にJAL、10月10日にJALで発生した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

15年度、航空事故2件と重大インシデント6件 国交省

2016年6月18日

重大インシデントは、4月5日に日本航空(JAL/JL、9201)、6月3日に全日本空輸(ANA/NH)と日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)、6月30日にJTA、7月7日にフジドリームエアラインズ(FDA/JH)、7月12日にJAL、10月10日にJALで発生した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約…選手の渡航を支援

2016年6月17日

全日本空輸(ANA)は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とパートナーシップ契約を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

機内食を手掛けるANAケータリングサービス(ANAC)の山下翔大(しょうた)さんは、憩いの家の大浴場で除雪車のお湯を温度計で測りながら、トランシーバーで状況を伝えていた。 「家の被害はほぼなかったのですが、家族は最初、車に寝泊まりしていました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

JALやANAホールディングス(9202)などが出資する空港インフラを手掛けるエージーピー(AGP、9377)は、被災者への行政サービス窓口である益城町中央公民館で、航空機用冷暖房車を使った館内の冷房サービスを実施している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約…選手の渡航を支援

2016年6月17日

全日本空輸(ANA)は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とパートナーシップ契約を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)、ソラシドエア(旧スカイネットアジア航空、SNJ/6J)、スターフライヤー(SFJ/7G、9206)はマイルや義援金の寄付、JALは今年3月にイオン(8267)と締結した覚書に基づき、物資を輸送した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤーが定時性1位、欠航も 国交省16年1-3月期情報公開

2016年6月17日

国土交通省航空局(JCAB)は6月17日、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2016年1-3月期分を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約…選手の渡航を支援

2016年6月17日

全日本空輸(ANA)は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とパートナーシップ契約を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

機内食を手掛けるANAケータリングサービス(ANAC)の山下翔大(しょうた)さんは、憩いの家の大浴場で除雪車のお湯を温度計で測りながら、トランシーバーで状況を伝えていた。 「家の被害はほぼなかったのですが、家族は最初、車に寝泊まりしていました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

JALやANAホールディングス(9202)などが出資する空港インフラを手掛けるエージーピー(AGP、9377)は、被災者への行政サービス窓口である益城町中央公民館で、航空機用冷暖房車を使った館内の冷房サービスを実施している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約…選手の渡航を支援

2016年6月17日

全日本空輸(ANA)は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とパートナーシップ契約を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

スターフライヤーが定時性1位、欠航も 国交省16年1-3月期情報公開

2016年6月17日

国土交通省航空局(JCAB)は6月17日、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2016年1-3月期分を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)、ソラシドエア(旧スカイネットアジア航空、SNJ/6J)、スターフライヤー(SFJ/7G、9206)はマイルや義援金の寄付、JALは今年3月にイオン(8267)と締結した覚書に基づき、物資を輸送した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約…選手の渡航を支援

2016年6月17日

ANAでは、国内外へ遠征する選手の渡航支援を通じて、選手と関係者からANAのサ-ビスに関するフィードバックを参考に、ユニバ-サル対応を強化する。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

JALやANAホールディングス(9202)などが出資する空港インフラを手掛けるエージーピー(AGP、9377)は、被災者への行政サービス窓口である益城町中央公民館で、航空機用冷暖房車を使った館内の冷房サービスを実施している。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約…選手の渡航を支援

2016年6月17日

全日本空輸(ANA)は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とパートナーシップ契約を締結した。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

熊本県益城町で4月14日に震度7を記録した熊本地震発生から、2カ月が過ぎた。2日後には本震と位置づけられる震度6強の地震が発生。熊本空港のターミナルビルも、天井が崩落するなどの被害が出たため、19日に到着便の扱いを再開するまで閉鎖となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

各社による被災地支援の中で、2004年10月23日に起きた新潟中越地震からANAグループが実施しているのが、除雪車の給湯機能を活用した「こころの湯」だ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本被災地「こころの湯」で会話楽しむ ANA、除雪車でお風呂

2016年6月17日

熊本県益城町で4月14日に震度7を記録した熊本地震発生から、2カ月が過ぎた。2日後には本震と位置づけられる震度6強の地震が発生。熊本空港のターミナルビルも、天井が崩落するなどの被害が出たため、19日に到着便の扱いを再開するまで閉鎖となった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

函館空港、通常通り運航 震度6弱の地震

2016年6月16日

一方、函館空港は中心部の東側にあり、車で20分ほどのところにある。 空港に乗り入れている日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、エア・ドゥ(ADO/HD)によると、ターミナルや滑走路に異常はなく、運航に影響は出ていないという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

ANAの篠辺修社長は、「ユニバーサルデザインや心のバリアフリーに取り組んでおり、オフィシャルエアラインとしての支援を通じ、飛行機や空港を利用した際に、選手からいろいろな意見をいただけると思う」と述べ、選手の意見を障がい者が利用しやすいサービスへの改善に 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

人目から)ブラインドサッカー日本代表の川村選手とANAの篠辺社長、日本ブラインドサッカー協会の釜本代表理事、日本障がい者サッカー連盟の北澤会長、ANAの客室乗務員(両端)=16年6月16日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 関連リンク 全日本空輸

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

函館空港、通常通り運航 震度6弱の地震

2016年6月16日

川汲町は、函館市中心部の北東に位置する海沿いの地域。一方、函館空港は中心部の東側にあり、車で20分ほどのところにある。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

函館空港、通常通り運航 震度6弱の地震

2016年6月16日

一方、函館空港は中心部の東側にあり、車で20分ほどのところにある。 空港に乗り入れている日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、エア・ドゥ(ADO/HD)によると、ターミナルや滑走路に異常はなく、運航に影響は出ていないという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

ANAの篠辺修社長は、「ユニバーサルデザインや心のバリアフリーに取り組んでおり、オフィシャルエアラインとしての支援を通じ、飛行機や空港を利用した際に、選手からいろいろな意見をいただけると思う」と述べ、選手の意見を障がい者が利用しやすいサービスへの改善に 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

函館空港、通常通り運航 震度6弱の地震

2016年6月16日

川汲町は、函館市中心部の北東に位置する海沿いの地域。一方、函館空港は中心部の東側にあり、車で20分ほどのところにある。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

人目から)ブラインドサッカー日本代表の川村選手とANAの篠辺社長、日本ブラインドサッカー協会の釜本代表理事、日本障がい者サッカー連盟の北澤会長、ANAの客室乗務員(両端)=16年6月16日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 関連リンク 全日本空輸

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

ANAの篠辺修社長は、「ユニバーサルデザインや心のバリアフリーに取り組んでおり、オフィシャルエアラインとしての支援を通じ、飛行機や空港を利用した際に、選手からいろいろな意見をいただけると思う」と述べ、選手の意見を障がい者が利用しやすいサービスへの改善に 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

人目から)ブラインドサッカー日本代表の川村選手とANAの篠辺社長、日本ブラインドサッカー協会の釜本代表理事、日本障がい者サッカー連盟の北澤会長、ANAの客室乗務員(両端)=16年6月16日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 関連リンク 全日本空輸

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

ANAの篠辺修社長は、「ユニバーサルデザインや心のバリアフリーに取り組んでおり、オフィシャルエアラインとしての支援を通じ、飛行機や空港を利用した際に、選手からいろいろな意見をいただけると思う」と述べ、選手の意見を障がい者が利用しやすいサービスへの改善に 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

人目から)ブラインドサッカー日本代表の川村選手とANAの篠辺社長、日本ブラインドサッカー協会の釜本代表理事、日本障がい者サッカー連盟の北澤会長、ANAの客室乗務員(両端)=16年6月16日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 関連リンク 全日本空輸

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

ANAの篠辺修社長は、「ユニバーサルデザインや心のバリアフリーに取り組んでおり、オフィシャルエアラインとしての支援を通じ、飛行機や空港を利用した際に、選手からいろいろな意見をいただけると思う」と述べ、選手の意見を障がい者が利用しやすいサービスへの改善に 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、ブラインドサッカー日本代表と支援契約

2016年6月16日

人目から)ブラインドサッカー日本代表の川村選手とANAの篠辺社長、日本ブラインドサッカー協会の釜本代表理事、日本障がい者サッカー連盟の北澤会長、ANAの客室乗務員(両端)=16年6月16日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 関連リンク 全日本空輸

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JTB、全日空装うメールで感染

2016年6月16日

JTBの個人情報流出問題で、同社子会社の社員宛てに送り付けられた「標的型メール」の発信元は香港で、全日空から送られたように装っていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、5月の利用率69.1% 旅客数2.8%減

2016年6月16日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年5月利用実績は、旅客数が前年同月比2.8%減の10万5483人、提供座席数は6.1%減の15万3619席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は6.3%減の1億4629万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

〔焦点〕超長期社債発行、マイナス金利下で3倍増 一部に売れ残りも

2016年6月15日

東京 15日 ロイター] - 金融市場にマイナス金利ショックが広がる中、今年度に入って超長期社債の発行が相次いでいる。発行体にとって低い金利 ... 一方で、ANAホールディングス 債のように発行額が200億円にもかかわらず完売している銘柄もある。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

〔焦点〕超長期社債発行、マイナス金利下で3倍増 一部に売れ残りも

2016年6月15日

東京 15日 ロイター] - 金融市場にマイナス金利ショックが広がる中、今年度に入って超長期社債の発行が相次いでいる。発行体にとって低い金利 ... 一方で、ANAホールディングス 債のように発行額が200億円にもかかわらず完売している銘柄もある。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

〔焦点〕超長期社債発行、マイナス金利下で3倍増 一部に売れ残りも

2016年6月15日

東京 15日 ロイター] - 金融市場にマイナス金利ショックが広がる中、今年度に入って超長期社債の発行が相次いでいる。発行体にとって低い金利 ... 一方で、ANAホールディングス 債のように発行額が200億円にもかかわらず完売している銘柄もある。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

〔焦点〕超長期社債発行、マイナス金利下で3倍増 一部に売れ残りも

2016年6月15日

東京 15日 ロイター] - 金融市場にマイナス金利ショックが広がる中、今年度に入って超長期社債の発行が相次いでいる。発行体にとって低い金利 ... 一方で、ANAホールディングス 債のように発行額が200億円にもかかわらず完売している銘柄もある。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

「16年度下期は2路線新設」特集・五島社長に聞く黒字化後のバニラエア

2016年6月14日

バニラエア(VNL/JW)が、2016年3月期に黒字転換を果たした。前身はマレーシアのエアアジアとANAホールディングス(9202)が出資するLCC、旧エアアジア・ジャパン。両社が合弁解消後の2013年12月20日、ANAホールディングスの100%子会社のLCCとして再就航した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「16年度下期は2路線新設」特集・五島社長に聞く黒字化後のバニラエア

2016年6月14日

バニラエア(VNL/JW)が、2016年3月期に黒字転換を果たした。前身はマレーシアのエアアジアとANAホールディングス(9202)が出資するLCC、旧エアアジア・ジャパン。両社が合弁解消後の2013年12月20日、ANAホールディングスの100%子会社のLCCとして再就航した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

第1回日本サービス大賞、内閣総理大臣賞に「ななつ星」

2016年6月14日

優秀賞では、「キッザニア」の企画、運営、開発などをおこなうKCJ GROUPの「こどもの職業・社会体験施設『キッザニア』」、全日空(NH)の「価値向上し続けるおもてなしの航空輸送サービス」、滋賀県のおうみ冨士農業協同組合の「1日農業者体験サービス『青空フィットネス 

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「16年度下期は2路線新設」特集・五島社長に聞く黒字化後のバニラエア

2016年6月14日

バニラエア(VNL/JW)が、2016年3月期に黒字転換を果たした。前身はマレーシアのエアアジアとANAホールディングス(9202)が出資するLCC、旧エアアジア・ジャパン。両社が合弁解消後の2013年12月20日、ANAホールディングスの100%子会社のLCCとして再就航した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「16年度下期は2路線新設」特集・五島社長に聞く黒字化後のバニラエア

2016年6月14日

バニラエア(VNL/JW)が、2016年3月期に黒字転換を果たした。前身はマレーシアのエアアジアとANAホールディングス(9202)が出資するLCC、旧エアアジア・ジャパン。両社が合弁解消後の2013年12月20日、ANAホールディングスの100%子会社のLCCとして再就航した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、17年に新CEO就任

2016年6月14日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合「スターアライアンス」の新CEOに、ジェフリー・ゴー氏(47)が2017年1月1日付で就任する。今年末で退任予定のマーク・シュワブ現CEOの後任となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

年が明けて1月に入ると、スカイマークはANAに絞って交渉を進めていた。ところが3連休明けの1月13日に、「断られました」と井手隆司前会長と、有森正和前社長が来られた。その時、“インテグラルはANAとコードシェアするなら出資する集団”と、二人は思われていたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 16年7月分

2016年6月13日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、7月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱重工、MRJ部品の表面処理・塗装会社 トヨタ協力会社と

2016年6月13日

松阪APMは参画企業とともに、従来よりも短いフロータイムで、効率的な部品生産の仕組み作りを目指す。 MRJの量産については、今秋から初号機の最終組立を開始予定。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

前編のつづき。2015年1月に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)は、機材をボーイング737-800型機(1クラス177席)に再統一後、不採算路線から撤退するなどが奏功し、3月28日には民事再生手続きが終結した。 現在の経営陣は、2015年9月に発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 16年7月分

2016年6月13日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、7月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

前編のつづき。2015年1月に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)は、機材をボーイング737-800型機(1クラス177席)に再統一後、不採算路線から撤退するなどが奏功し、3月28日には民事再生手続きが終結した。 現在の経営陣は、2015年9月に発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

年が明けて1月に入ると、スカイマークはANAに絞って交渉を進めていた。ところが3連休明けの1月13日に、「断られました」と井手隆司前会長と、有森正和前社長が来られた。その時、“インテグラルはANAとコードシェアするなら出資する集団”と、二人は思われていたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 16年7月分

2016年6月13日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、7月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱重工、MRJ部品の表面処理・塗装会社 トヨタ協力会社と

2016年6月13日

松阪APMは参画企業とともに、従来よりも短いフロータイムで、効率的な部品生産の仕組み作りを目指す。 MRJの量産については、今秋から初号機の最終組立を開始予定。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

前編のつづき。2015年1月に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)は、機材をボーイング737-800型機(1クラス177席)に再統一後、不採算路線から撤退するなどが奏功し、3月28日には民事再生手続きが終結した。 現在の経営陣は、2015年9月に発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 16年7月分

2016年6月13日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、7月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

前編のつづき。2015年1月に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)は、機材をボーイング737-800型機(1クラス177席)に再統一後、不採算路線から撤退するなどが奏功し、3月28日には民事再生手続きが終結した。 現在の経営陣は、2015年9月に発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

年が明けて1月に入ると、スカイマークはANAに絞って交渉を進めていた。ところが3連休明けの1月13日に、「断られました」と井手隆司前会長と、有森正和前社長が来られた。その時、“インテグラルはANAとコードシェアするなら出資する集団”と、二人は思われていたようだ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 16年7月分

2016年6月13日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、22円から36円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を20円から34円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を17円から29円に引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

三菱重工、MRJ部品の表面処理・塗装会社 トヨタ協力会社と

2016年6月13日

松阪APMは参画企業とともに、従来よりも短いフロータイムで、効率的な部品生産の仕組み作りを目指す。 MRJの量産については、今秋から初号機の最終組立を開始予定。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

前編のつづき。2015年1月に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)は、機材をボーイング737-800型機(1クラス177席)に再統一後、不採算路線から撤退するなどが奏功し、3月28日には民事再生手続きが終結した。 現在の経営陣は、2015年9月に発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 16年7月分

2016年6月13日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、7月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

前編のつづき。2015年1月に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)は、機材をボーイング737-800型機(1クラス177席)に再統一後、不採算路線から撤退するなどが奏功し、3月28日には民事再生手続きが終結した。 現在の経営陣は、2015年9月に発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

佐山会長:スカイマークへの出資比率は、インテグラルが50.1%、(日本政策投資銀行などが出資する)UDSが33.4%、ANAホールディングス(9202)が16.5%。株主間契約はギリギリまで交渉していた。 記者会見から戻ったら、イントレピッドが出てきた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

佐山会長:スカイマークへの出資比率は、インテグラルが50.1%、(日本政策投資銀行などが出資する)UDSが33.4%、ANAホールディングス(9202)が16.5%。株主間契約はギリギリまで交渉していた。 記者会見から戻ったら、イントレピッドが出てきた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

前編のつづき。2015年1月に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)は、機材をボーイング737-800型機(1クラス177席)に再統一後、不採算路線から撤退するなどが奏功し、3月28日には民事再生手続きが終結した。 現在の経営陣は、2015年9月に発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

佐山会長:スカイマークへの出資比率は、インテグラルが50.1%、(日本政策投資銀行などが出資する)UDSが33.4%、ANAホールディングス(9202)が16.5%。株主間契約はギリギリまで交渉していた。 記者会見から戻ったら、イントレピッドが出てきた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 16年7月分

2016年6月13日

日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、7月1日から国際貨物便の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

佐山会長「勝負は勝たないといけない」特集・トップが描くスカイマークの将来(後編)

2016年6月13日

前編のつづき。2015年1月に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)は、機材をボーイング737-800型機(1クラス177席)に再統一後、不採算路線から撤退するなどが奏功し、3月28日には民事再生手続きが終結した。 現在の経営陣は、2015年9月に発足。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALとANA、国際貨物サーチャージ引き上げ 16年7月分

2016年6月13日

ANAは北米や欧州、中東などの長距離路線を、22円から36円に、シンガポールやタイ、ベトナム、インドネシアなどの遠距離アジア路線を20円から34円に、韓国や台湾、中国、香港、フィリピンなどの近距離アジア路線を17円から29円に引き上げる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

春秋日本、9月まで燃油サーチャージ廃止を継続

2016年6月12日

春秋航空日本(IJ)はこのほど、8月と9月に発券する航空券について、引き続き燃油サーチャージを徴収しないことを決定した。4月と5月のシンガポールケロシン市況価格の平均が1バレルあたり52.28米ドルとなり、円換算額が5726円となったことを受けたもの。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

春秋日本、9月まで燃油サーチャージ廃止を継続

2016年6月12日

春秋航空日本(IJ)はこのほど、8月と9月に発券する航空券について、引き続き燃油サーチャージを徴収しないことを決定した。4月と5月のシンガポールケロシン市況価格の平均が1バレルあたり52.28米ドルとなり、円換算額が5726円となったことを受けたもの。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

春秋日本、9月まで燃油サーチャージ廃止を継続

2016年6月12日

春秋航空日本(IJ)はこのほど、8月と9月に発券する航空券について、引き続き燃油サーチャージを徴収しないことを決定した。4月と5月のシンガポールケロシン市況価格の平均が1バレルあたり52.28米ドルとなり、円換算額が5726円となったことを受けたもの。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

春秋日本、9月まで燃油サーチャージ廃止を継続

2016年6月12日

春秋航空日本(IJ)はこのほど、8月と9月に発券する航空券について、引き続き燃油サーチャージを徴収しないことを決定した。4月と5月のシンガポールケロシン市況価格の平均が1バレルあたり52.28米ドルとなり、円換算額が5726円となったことを受けたもの。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

春秋日本、9月まで燃油サーチャージ廃止を継続

2016年6月12日

春秋航空日本(IJ)はこのほど、8月と9月に発券する航空券について、引き続き燃油サーチャージを徴収しないことを決定した。4月と5月のシンガポールケロシン市況価格の平均が1バレルあたり52.28米ドルとなり、円換算額が5726円となったことを受けたもの。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JALの777新ビジネスクラスが1位 先週の注目記事16年6月5日-11日

2016年6月12日

路線編は4位にランクインしました。10位の記事は、インタビューの中からボーイング787型機に関するものを抜粋して先行掲載したものです。 第3位は、同じくダブリンでのインタビューで、全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長に機材計画を尋ねたものです。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)