全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2018年1月21日から1月27日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開 | FlyTeam ニュース

2018年1月27日

2018年01月27日 00時05分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「ANA presents HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティスト発表

2018年1月27日

全日空(ANA)が特別協賛するフェスティバル「HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティストが発表されました。「ANA プレゼンツ HML FESTIVAL」は、2018年4月28日(土)から5月6日(日)、東京ミッドタウンホールAで開催される、ハワイの音楽を通じたライフスタイルを体験できるフェスティバルです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの東京五輪塗装機HELLO 2020 JET、伊丹離陸 29日から国内線

2018年1月27日

東京オリンピック・パラリンピックに向けた全日本空輸(ANA/NH)の特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)が1月27日午後3時8分ごろ、塗装を行った伊丹空港から羽田へ向けて飛び立った。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開 | FlyTeam ニュース

2018年1月27日

2018年01月27日 00時05分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「ANA presents HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティスト発表

2018年1月27日

全日空(ANA)が特別協賛するフェスティバル「HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティストが発表されました。「ANA プレゼンツ HML FESTIVAL」は、2018年4月28日(土)から5月6日(日)、東京ミッドタウンホールAで開催される、ハワイの音楽を通じたライフスタイルを体験できるフェスティバルです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの東京五輪塗装機HELLO 2020 JET、伊丹離陸 29日から国内線

2018年1月27日

東京オリンピック・パラリンピックに向けた全日本空輸(ANA/NH)の特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)が1月27日午後3時8分ごろ、塗装を行った伊丹空港から羽田へ向けて飛び立った。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開 | FlyTeam ニュース

2018年1月27日

2018年01月27日 00時05分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「ANA presents HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティスト発表

2018年1月27日

全日空(ANA)が特別協賛するフェスティバル「HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティストが発表されました。「ANA プレゼンツ HML FESTIVAL」は、2018年4月28日(土)から5月6日(日)、東京ミッドタウンホールAで開催される、ハワイの音楽を通じたライフスタイルを体験できるフェスティバルです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの東京五輪塗装機HELLO 2020 JET、伊丹離陸 29日から国内線

2018年1月27日

東京オリンピック・パラリンピックに向けた全日本空輸(ANA/NH)の特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)が1月27日午後3時8分ごろ、塗装を行った伊丹空港から羽田へ向けて飛び立った。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「ANA presents HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティスト発表

2018年1月27日

全日空(ANA)が特別協賛するフェスティバル「HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティストが発表されました。「ANA プレゼンツ HML FESTIVAL」は、2018年4月28日(土)から5月6日(日)、東京ミッドタウンホールAで開催される、ハワイの音楽を通じたライフスタイルを体験できるフェスティバルです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの東京五輪塗装機HELLO 2020 JET、伊丹離陸 29日から国内線

2018年1月27日

東京オリンピック・パラリンピックに向けた全日本空輸(ANA/NH)の特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)が1月27日午後3時8分ごろ、塗装を行った伊丹空港から羽田へ向けて飛び立った。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開 | FlyTeam ニュース

2018年1月27日

2018年01月27日 00時05分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「ANA presents HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティスト発表

2018年1月27日

全日空(ANA)が特別協賛するフェスティバル「HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティストが発表されました。「ANA プレゼンツ HML FESTIVAL」は、2018年4月28日(土)から5月6日(日)、東京ミッドタウンホールAで開催される、ハワイの音楽を通じたライフスタイルを体験できるフェスティバルです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの東京五輪塗装機HELLO 2020 JET、伊丹離陸 29日から国内線

2018年1月27日

東京オリンピック・パラリンピックに向けた全日本空輸(ANA/NH)の特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)が1月27日午後3時8分ごろ、塗装を行った伊丹空港から羽田へ向けて飛び立った。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開 | FlyTeam ニュース

2018年1月27日

2018年01月27日 00時05分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「ANA presents HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティスト発表

2018年1月27日

全日空(ANA)が特別協賛するフェスティバル「HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティストが発表されました。「ANA プレゼンツ HML FESTIVAL」は、2018年4月28日(土)から5月6日(日)、東京ミッドタウンホールAで開催される、ハワイの音楽を通じたライフスタイルを体験できるフェスティバルです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAの東京五輪塗装機HELLO 2020 JET、伊丹離陸 29日から国内線

2018年1月27日

東京オリンピック・パラリンピックに向けた全日本空輸(ANA/NH)の特別塗装機「HELLO 2020 JET」(ボーイング777-200ER型機、登録番号JA741A)が1月27日午後3時8分ごろ、塗装を行った伊丹空港から羽田へ向けて飛び立った。初便は29日の羽田発福岡行きNH243便で、大会終了まで国内線に投入する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「ANA presents HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティスト発表

2018年1月27日

全日空(ANA)が特別協賛するフェスティバル「HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティストが発表されました。「ANA プレゼンツ HML FESTIVAL」は、2018年4月28日(土)から5月6日(日)、東京ミッドタウンホールAで開催される、ハワイの音楽を通じたライフスタイルを体験できるフェスティバルです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

「ANA presents HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティスト発表

2018年1月27日

全日空(ANA)が特別協賛するフェスティバル「HML FESTIVAL」の第2弾出演アーティストが発表されました。「ANA プレゼンツ HML FESTIVAL」は、2018年4月28日(土)から5月6日(日)、東京ミッドタウンホールAで開催される、ハワイの音楽を通じたライフスタイルを体験できるフェスティバルです。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

[雑誌]月刊エアステージ「ときめいて、JAL」18年3月号

2018年1月27日

月刊エアステージ(イカロス出版)の2018年3月号が、1月27日発売。1350円(税込)。表紙は日本航空(JAL/JL、9201)のキャビンアテンダント、椎名由佳さん。 「3月号は年に一度のJAL特集。今回は羽田/バンコク線に乗務するJAL CAを密着取材。機内での仕事様子はもちろん、ステイ中の過ごし方も紹介する。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、SNSで「HELLO 2020 JET」の塗装風景を公開

2018年1月27日

全日空(ANA)は2018年1月29日(月)から、特別塗装機「HELLO 2020 JET」を就航する予定ですが、公式Twitter、Facebookページでその塗装の様子を公開しています。これによると、塗装作業に16日間がかかっています。完成した塗装で伊丹空港内で移動する様子も、FlyTeamメンバーから投稿されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

スターフライヤー、自転車や黒切子などが当たるウィンターキャンペーン

2018年1月26日

スターフライヤーは2018年1月25日(木)から4月15日(日)まで、「スマートラグジュアリーウィンターキャンペーン」を実施しています。 対象は、期間中にスターフライヤーの航空券を購入し、キャンペーンに応募した方で、1片道購入につき、1賞品に応募できます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAセールス、LEXUSとタイアップした松山英樹選手応援ツアーを販売

2018年1月26日

全日空(ANA)グループの旅行会社、ANAセールスは2018年25日(木)、ラグジュアリーライフスタイルブランドLEXUSとANAワンダーアースのタイアップ特別企画第3弾として「松山英樹選手応援ツアー」の販売を開始しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

MRJ、初のキャンセル イースタン航空分、確定発注213機に

2018年1月26日

イースタンはFAA(米国連邦航空局)に事業免許を返上したため、MRJの契約が宙に浮いた状態になっていた。三菱重工では、秘密保持契約に基づき契約内容を明らかにしていないが、MRJのキャンセルは今年に入り正式合意したとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAセールス、LEXUSとタイアップした松山英樹選手応援ツアーを販売

2018年1月26日

全日空(ANA)グループの旅行会社、ANAセールスは2018年25日(木)、ラグジュアリーライフスタイルブランドLEXUSとANAワンダーアースのタイアップ特別企画第3弾として「松山英樹選手応援ツアー」の販売を開始しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

MRJ、初のキャンセル イースタン航空分、確定発注213機に

2018年1月26日

イースタンはFAA(米国連邦航空局)に事業免許を返上したため、MRJの契約が宙に浮いた状態になっていた。三菱重工では、秘密保持契約に基づき契約内容を明らかにしていないが、MRJのキャンセルは今年に入り正式合意したとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、自転車や黒切子などが当たるウィンターキャンペーン

2018年1月26日

スターフライヤーは2018年1月25日(木)から4月15日(日)まで、「スマートラグジュアリーウィンターキャンペーン」を実施しています。 対象は、期間中にスターフライヤーの航空券を購入し、キャンペーンに応募した方で、1片道購入につき、1賞品に応募できます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAセールス、LEXUSとタイアップした松山英樹選手応援ツアーを販売

2018年1月26日

全日空(ANA)グループの旅行会社、ANAセールスは2018年25日(木)、ラグジュアリーライフスタイルブランドLEXUSとANAワンダーアースのタイアップ特別企画第3弾として「松山英樹選手応援ツアー」の販売を開始しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

1月18日から関西空港発着の貨物便を再開したルフトハンザカーゴ(GEC/LH)は25日、大阪市内で会見し、関西圏で製造される電子部品などのエクスプレス(速達)貨物や、貨物機にしか搭載できない大型貨物などの需要を取り込んでいく姿勢を示した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

MRJ、初のキャンセル イースタン航空分、確定発注213機に

2018年1月26日

イースタンはFAA(米国連邦航空局)に事業免許を返上したため、MRJの契約が宙に浮いた状態になっていた。三菱重工では、秘密保持契約に基づき契約内容を明らかにしていないが、MRJのキャンセルは今年に入り正式合意したとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAセールス、LEXUSとタイアップした松山英樹選手応援ツアーを販売

2018年1月26日

全日空(ANA)グループの旅行会社、ANAセールスは2018年25日(木)、ラグジュアリーライフスタイルブランドLEXUSとANAワンダーアースのタイアップ特別企画第3弾として「松山英樹選手応援ツアー」の販売を開始しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

MRJ、初のキャンセル イースタン航空分、確定発注213機に

2018年1月26日

イースタンはFAA(米国連邦航空局)に事業免許を返上したため、MRJの契約が宙に浮いた状態になっていた。三菱重工では、秘密保持契約に基づき契約内容を明らかにしていないが、MRJのキャンセルは今年に入り正式合意したとみられる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ、第3回ダイバーシティ&インクルージョンフォーラムを開催

2018年1月26日

ANAグループは2018年1月24日(水)、「What's up? ANA」で2017年12月1日(金)に開催した「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン(D&I)フォーラム」の様子を掲載しました。このフォーラムは今回で3回目の開催となり、ダイバーシティ推進担当の約180名が参加しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。 ヘーンズブロッヒ氏は、「2017年の日欧間のシェアは当社とANAのJVが28%を占め、このうち19%が当社、9%がANAだ」と説明した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ルフトハンザカーゴ、関空便再開で速達・大型貨物に照準

2018年1月26日

全日本空輸(ANA/NH)とは、航空貨物について共同事業(JV)を展開しており、ANAの貨物事業会社ANA Cargo(ANAカーゴ)と連携。関西圏のみならず、ANA便により中国や四国、九州、沖縄からの貨物輸送も拡大していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、3月から5月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2018年1月25日

全日空(ANA)は、2018年3月25日(日)から5月6日(日)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。このうち「乗継特割」は、4月1日(日)搭乗分から設定されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

官民で航空イノベーション推進 国交省、羽田で連絡会開催へ

2018年1月25日

こうした課題に対し、連絡会では先端技術を活用した「FAST TRAVEL(ファストトラベル)」の推進に向け、CIQ(税関・出入国管理・検疫)や保安検査、チェックインなどの搭乗手続き、導線の効率化をはじめ、地上支援業務の省力化や自動化に向け、官民一体となって取り組む体制作りを目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、世界一周運賃の途中降機回数引き下げ

2018年1月25日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合のスターアライアンスは現地時間1月24日、世界一周運賃の利用条件を変更した。旅程の中で途中降機しなければならない回数を、これまでの最低3回を2回に減らした。ルール改定により、使いやすくしたという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、バイオリン名器の祭典協賛 名器ストラディバリウス運ぶ

2018年1月25日

ANAによると、世界初の体験型クラシックフェスティバルで、バイオリンの「f字孔」から起こる現象を「“f”enomenon」と称し、さまざまな体験型イベントを開催するという。コンサートには、ベルリンフィルのメンバーも参加する。 今回は、世界から20挺のストラディバリウスが東京に集結。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、3月から5月搭乗分の特定便乗継割引など各種乗継割引運賃を設定

2018年1月25日

全日空(ANA)は、2018年3月25日(日)から5月6日(日)搭乗分の「特定便乗継割引」、「乗継特割」、「乗継旅割」を設定しました。このうち「乗継特割」は、4月1日(日)搭乗分から設定されています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、東京ストラディヴァリウスフェスの公式エアラインパートナーに

2018年1月25日

全日空(ANA)は2018年1月24日(水)、「東京ストラディヴァリウスフェスティバル 2018 -“f”enomenon-」の公式エアラインパートナーに決定したと発表しました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、バイオリン名器の祭典協賛 名器ストラディバリウス運ぶ

2018年1月25日

全日本空輸(ANA/NH)は、5月に東京・六本木ヒルズで開催される「東京ストラディヴァリウスフェスティバル 2018 -“f”enomenon-」の公式エアラインパートナーとして、バイオリンの名器「ストラディバリウス」を世界各国から運ぶ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

官民で航空イノベーション推進 国交省、羽田で連絡会開催へ

2018年1月25日

こうした課題に対し、連絡会では先端技術を活用した「FAST TRAVEL(ファストトラベル)」の推進に向け、CIQ(税関・出入国管理・検疫)や保安検査、チェックインなどの搭乗手続き、導線の効率化をはじめ、地上支援業務の省力化や自動化に向け、官民一体となって取り組む体制作りを目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、世界一周運賃の途中降機回数引き下げ

2018年1月25日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合のスターアライアンスは現地時間1月24日、世界一周運賃の利用条件を変更した。旅程の中で途中降機しなければならない回数を、これまでの最低3回を2回に減らした。ルール改定により、使いやすくしたという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

官民で航空イノベーション推進 国交省、羽田で連絡会開催へ

2018年1月25日

こうした課題に対し、連絡会では先端技術を活用した「FAST TRAVEL(ファストトラベル)」の推進に向け、CIQ(税関・出入国管理・検疫)や保安検査、チェックインなどの搭乗手続き、導線の効率化をはじめ、地上支援業務の省力化や自動化に向け、官民一体となって取り組む体制作りを目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、世界一周運賃の途中降機回数引き下げ

2018年1月25日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合のスターアライアンスは現地時間1月24日、世界一周運賃の利用条件を変更した。旅程の中で途中降機しなければならない回数を、これまでの最低3回を2回に減らした。ルール改定により、使いやすくしたという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、バイオリン名器の祭典協賛 名器ストラディバリウス運ぶ

2018年1月25日

ANAによると、世界初の体験型クラシックフェスティバルで、バイオリンの「f字孔」から起こる現象を「“f”enomenon」と称し、さまざまな体験型イベントを開催するという。コンサートには、ベルリンフィルのメンバーも参加する。 今回は、世界から20挺のストラディバリウスが東京に集結。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、バイオリン名器の祭典協賛 名器ストラディバリウス運ぶ

2018年1月25日

全日本空輸(ANA/NH)は、5月に東京・六本木ヒルズで開催される「東京ストラディヴァリウスフェスティバル 2018 -“f”enomenon-」の公式エアラインパートナーとして、バイオリンの名器「ストラディバリウス」を世界各国から運ぶ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

官民で航空イノベーション推進 国交省、羽田で連絡会開催へ

2018年1月25日

こうした課題に対し、連絡会では先端技術を活用した「FAST TRAVEL(ファストトラベル)」の推進に向け、CIQ(税関・出入国管理・検疫)や保安検査、チェックインなどの搭乗手続き、導線の効率化をはじめ、地上支援業務の省力化や自動化に向け、官民一体となって取り組む体制作りを目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターアライアンス、世界一周運賃の途中降機回数引き下げ

2018年1月25日

全日本空輸(ANA/NH)などが加盟する航空連合のスターアライアンスは現地時間1月24日、世界一周運賃の利用条件を変更した。旅程の中で途中降機しなければならない回数を、これまでの最低3回を2回に減らした。ルール改定により、使いやすくしたという。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

官民で航空イノベーション推進 国交省、羽田で連絡会開催へ

2018年1月25日

こうした課題に対し、連絡会では先端技術を活用した「FAST TRAVEL(ファストトラベル)」の推進に向け、CIQ(税関・出入国管理・検疫)や保安検査、チェックインなどの搭乗手続き、導線の効率化をはじめ、地上支援業務の省力化や自動化に向け、官民一体となって取り組む体制作りを目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、バイオリン名器の祭典協賛 名器ストラディバリウス運ぶ

2018年1月25日

ANAによると、世界初の体験型クラシックフェスティバルで、バイオリンの「f字孔」から起こる現象を「“f”enomenon」と称し、さまざまな体験型イベントを開催するという。コンサートには、ベルリンフィルのメンバーも参加する。 今回は、世界から20挺のストラディバリウスが東京に集結。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、バイオリン名器の祭典協賛 名器ストラディバリウス運ぶ

2018年1月25日

全日本空輸(ANA/NH)は、5月に東京・六本木ヒルズで開催される「東京ストラディヴァリウスフェスティバル 2018 -“f”enomenon-」の公式エアラインパートナーとして、バイオリンの名器「ストラディバリウス」を世界各国から運ぶ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

官民で航空イノベーション推進 国交省、羽田で連絡会開催へ

2018年1月25日

こうした課題に対し、連絡会では先端技術を活用した「FAST TRAVEL(ファストトラベル)」の推進に向け、CIQ(税関・出入国管理・検疫)や保安検査、チェックインなどの搭乗手続き、導線の効率化をはじめ、地上支援業務の省力化や自動化に向け、官民一体となって取り組む体制作りを目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、バイオリン名器の祭典協賛 名器ストラディバリウス運ぶ

2018年1月25日

ANAによると、世界初の体験型クラシックフェスティバルで、バイオリンの「f字孔」から起こる現象を「“f”enomenon」と称し、さまざまな体験型イベントを開催するという。コンサートには、ベルリンフィルのメンバーも参加する。 今回は、世界から20挺のストラディバリウスが東京に集結。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、バイオリン名器の祭典協賛 名器ストラディバリウス運ぶ

2018年1月25日

全日本空輸(ANA/NH)は、5月に東京・六本木ヒルズで開催される「東京ストラディヴァリウスフェスティバル 2018 -“f”enomenon-」の公式エアラインパートナーとして、バイオリンの名器「ストラディバリウス」を世界各国から運ぶ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアバス、A380便予約アプリ AR導入で機内疑似体験

2018年1月25日

A380は機体の広さや豪華さから、「空飛ぶホテル」とも呼ばれている。成田へは、シンガポール航空(SIA/SQ)やルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)、エールフランス航空(AFR/AF)などもA380を就航させていたが、羽田の国際線発着枠の増枠や機材更新に伴い、ボーイング777-300ER型機などに変更。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に ...

2018年1月24日

2018年01月24日 12時15分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年3月25日(日)から、羽田/香港線を増便します。現在、週12往復から14往復便の運航ですが、深夜早朝に運航されるNH821、NH822便を増便し、週14往復便とします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAグループ、2月17日に東京で障害者採用合同面接会 申込2月12日まで

2018年1月24日

全日空(ANA)などANAグループは2018年2月17日(土)、既卒者を対象にした「ANAグループ障がい者採用合同面接会」を開催します。会場は、JR田町駅から徒歩1分の「森永プラザビル本館」です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に ...

2018年1月24日

2018年01月24日 12時15分に配信したFlyTeam ニュース記事です。『全日空(ANA)は2018年3月25日(日)から、羽田/香港線を増便します。現在、週12往復から14往復便の運航ですが、深夜早朝に運航されるNH821、NH822便を増便し、週14往復便とします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAグループ、2月17日に東京で障害者採用合同面接会 申込2月12日まで

2018年1月24日

全日空(ANA)などANAグループは2018年2月17日(土)、既卒者を対象にした「ANAグループ障がい者採用合同面接会」を開催します。会場は、JR田町駅から徒歩1分の「森永プラザビル本館」です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム). ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー · 航

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAグループ、2月17日に東京で障害者採用合同面接会 申込2月12日まで

2018年1月24日

全日空(ANA)などANAグループは2018年2月17日(土)、既卒者を対象にした「ANAグループ障がい者採用合同面接会」を開催します。会場は、JR田町駅から徒歩1分の「森永プラザビル本館」です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

山口宇部空港、定期便利用者2500万人を達成 1月末まで送迎デッキ開放

2018年1月24日

山口宇部空港で2018年1月23日(火)、1966年7月1日(金)の開港から累計の定期便利用者が2,500万人を達成しました。 2,500万人の達成は、全日空(ANA)のANA696便の羽田行きで、2階の出発ロビーでは記念セレモニー、除幕式が行われ、2500万人達成者に花束及び記念品が贈呈されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

全日空(ANA)は2018年3月25日(日)から、羽田/香港線を増便します。現在、週12往復から14往復便の運航ですが、深夜早朝に運航されるNH821、NH822便を増便し、週14往復便とします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAグループ、2月17日に東京で障害者採用合同面接会 申込2月12日まで

2018年1月24日

全日空(ANA)などANAグループは2018年2月17日(土)、既卒者を対象にした「ANAグループ障がい者採用合同面接会」を開催します。会場は、JR田町駅から徒歩1分の「森永プラザビル本館」です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

山口宇部空港、定期便利用者2500万人を達成 1月末まで送迎デッキ開放

2018年1月24日

山口宇部空港で2018年1月23日(火)、1966年7月1日(金)の開港から累計の定期便利用者が2,500万人を達成しました。 2,500万人の達成は、全日空(ANA)のANA696便の羽田行きで、2階の出発ロビーでは記念セレモニー、除幕式が行われ、2500万人達成者に花束及び記念品が贈呈されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

山口宇部空港、定期便利用者2500万人を達成 1月末まで送迎デッキ開放

2018年1月24日

山口宇部空港で2018年1月23日(火)、1966年7月1日(金)の開港から累計の定期便利用者が2,500万人を達成しました。 2,500万人の達成は、全日空(ANA)のANA696便の羽田行きで、2階の出発ロビーでは記念セレモニー、除幕式が行われ、2500万人達成者に花束及び記念品が贈呈されました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

全日空(ANA)は2018年3月25日(日)から、羽田/香港線を増便します。現在、週12往復から14往復便の運航ですが、深夜早朝に運航されるNH821、NH822便を増便し、週14往復便とします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

全日空(ANA)は2018年3月25日(日)から、羽田/香港線を増便します。現在、週12往復から14往復便の運航ですが、深夜早朝に運航されるNH821、NH822便を増便し、週14往復便とします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

全日空(ANA)は2018年3月25日(日)から、羽田/香港線を増便します。現在、週12往復から14往復便の運航ですが、深夜早朝に運航されるNH821、NH822便を増便し、週14往復便とします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

全日空(ANA)は2018年3月25日(日)から、羽田/香港線を増便します。現在、週12往復から14往復便の運航ですが、深夜早朝に運航されるNH821、NH822便を増便し、週14往復便とします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、3月下旬から羽田/香港線を増便 深夜便を追加で週14往復便に

2018年1月24日

全日空(ANA)は2018年3月25日(日)から、羽田/香港線を増便します。現在、週12往復から14往復便の運航ですが、深夜早朝に運航されるNH821、NH822便を増便し、週14往復便とします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

ボーイングは現地時間1月22日(日本時間23日)、787型機では全長がもっとも長い787-10がFAA(米国連邦航空局)から型式設計変更(ATC)の認証を取得し、商業運航が認められたと発表した。最初の引き渡し先となるシンガポール航空(SIA/SQ)へは、今年前半に納入される見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

大雪の影響で夕方以降の全便が欠航となり保安検査場が閉鎖された羽田空港=18年1月22日18時6分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAでは、23日は神戸を午前7時5分に出発予定だった羽田行きNH412便や、バンコク発成田行きNH806便など、国内線22便と国際線15便の計37便の欠航が

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

大雪の影響で夕方以降の全便が欠航となり保安検査場が閉鎖された羽田空港=18年1月22日18時6分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAでは、23日は神戸を午前7時5分に出発予定だった羽田行きNH412便や、バンコク発成田行きNH806便など、国内線22便と国際線15便の計37便の欠航が

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

22日のJAL便は、羽田や成田、仙台発着便を中心に国内線124便と、成田発の国際線20便の計144便が欠航し、合わせて約1万8580人に影響が生じた。国内線のうち、118便が関東地方の降雪によるもので、残り6便は仙台空港の降雪による欠航だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

ボーイングは現地時間1月22日(日本時間23日)、787型機では全長がもっとも長い787-10がFAA(米国連邦航空局)から型式設計変更(ATC)の認証を取得し、商業運航が認められたと発表した。最初の引き渡し先となるシンガポール航空(SIA/SQ)へは、今年前半に納入される見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

大雪の影響で夕方以降の全便が欠航となり保安検査場が閉鎖された羽田空港=18年1月22日18時6分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAでは、23日は神戸を午前7時5分に出発予定だった羽田行きNH412便や、バンコク発成田行きNH806便など、国内線22便と国際線15便の計37便の欠航が

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

大雪の影響で夕方以降の全便が欠航となり保安検査場が閉鎖された羽田空港=18年1月22日18時6分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. ANAでは、23日は神戸を午前7時5分に出発予定だった羽田行きNH412便や、バンコク発成田行きNH806便など、国内線22便と国際線15便の計37便の欠航が

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

22日のJAL便は、羽田や成田、仙台発着便を中心に国内線124便と、成田発の国際線20便の計144便が欠航し、合わせて約1万8580人に影響が生じた。国内線のうち、118便が関東地方の降雪によるもので、残り6便は仙台空港の降雪による欠航だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

22日のJAL便は、羽田や成田、仙台発着便を中心に国内線124便と、成田発の国際線20便の計144便が欠航し、合わせて約1万8580人に影響が生じた。国内線のうち、118便が関東地方の降雪によるもので、残り6便は仙台空港の降雪による欠航だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

22日のJAL便は、羽田や成田、仙台発着便を中心に国内線124便と、成田発の国際線20便の計144便が欠航し、合わせて約1万8580人に影響が生じた。国内線のうち、118便が関東地方の降雪によるもので、残り6便は仙台空港の降雪による欠航だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

787-10、FAAから認証取得 初納入はシンガポール航空

2018年1月23日

787-9の胴体をそのまま延長し、設計と部品の95%は787-9と同じことから、ボーイングは効率性と共通性の高さをアピールする。メーカー標準座席数は2クラス構成の場合、787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

22日のJAL便は、羽田や成田、仙台発着便を中心に国内線124便と、成田発の国際線20便の計144便が欠航し、合わせて約1万8580人に影響が生じた。国内線のうち、118便が関東地方の降雪によるもので、残り6便は仙台空港の降雪による欠航だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

22日のJAL便は、羽田や成田、仙台発着便を中心に国内線124便と、成田発の国際線20便の計144便が欠航し、合わせて約1万8580人に影響が生じた。国内線のうち、118便が関東地方の降雪によるもので、残り6便は仙台空港の降雪による欠航だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

22日のJAL便は、羽田や成田、仙台発着便を中心に国内線124便と、成田発の国際線20便の計144便が欠航し、合わせて約1万8580人に影響が生じた。国内線のうち、118便が関東地方の降雪によるもので、残り6便は仙台空港の降雪による欠航だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、23日は50便欠航 4年ぶり大雪、22日は3万3000人超影響

2018年1月23日

都心では2014年2月以来4年ぶりの大雪となった1月22日、航空各社では羽田空港や成田空港の発着便を中心に、欠航が相次いだ。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、22日は国内線226便と国際線37便の計263便が欠航し、合わせて約3万2780人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

チャイナエアライン (CI)

2018年1月22日

2種類から選択できました。鶏肉か豚肉で鶏肉を選択しましたが、味は至って普通でした。 ビールは、台湾ビール ハイネケン サッポロが搭載されていました。 【座席(シート)】 リクライニングが出来なく、お尻の部分が動くタイプのシートでした。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、欧州行きキャリア運賃で一部都市を追加・削除 1月23日購入分から

2018年1月22日

ANA、欧州行きキャリア運賃で一部都市を追加・削除 1月23日購入分から | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

17年度上期、重大インシデント1件 航空事故なし 国交省

2018年1月22日

全日本空輸(ANA/NH)グループが148件、JALグループが117件だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、雪で140便超欠航 1万5000人以上に影響

2018年1月22日

ANAでは、22日は羽田を午後3時に出発予定の札幌(新千歳)行きNH69便や、新千歳午前10時20分発予定の稚内行きNH4821便など、羽田や新千歳発着の国内線42便が欠航。約4800人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州行きキャリア運賃で一部都市を追加・削除 1月23日購入分から

2018年1月22日

全日空(ANA)は2018年1月23日(火)以降の購入分から、ヨーロッパ行きのANAキャリア運賃を一部改定します。改定は、設定都市が一部追加と削除です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

17年度上期、重大インシデント1件 航空事故なし 国交省

2018年1月22日

全日本空輸(ANA/NH)グループが148件、JALグループが117件だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、雪で140便超欠航 1万5000人以上に影響

2018年1月22日

西日本から東北地方の広い範囲で雪が降る影響で、航空各社では、1月22日は羽田や成田の発着便を中心に欠航が生じている。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、午後2時20分現在で国内線98便の欠航が決定。約1万2000人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州行きキャリア運賃で一部都市を追加・削除 1月23日購入分から

2018年1月22日

ANA、欧州行きキャリア運賃で一部都市を追加・削除 1月23日購入分から | FlyTeam ニュース. ようこそ ゲストさん; 新規登録 · ログイン · 航空ファン・飛行機利用者のためのサイト FlyTeam(フライチーム) · ニュース · イベント · 旅行予約 · 航空会社 · ミリタリー · 路線・時刻表 · 空港 · 機材 · メンバー

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

17年度上期、重大インシデント1件 航空事故なし 国交省

2018年1月22日

全日本空輸(ANA/NH)グループが148件、JALグループが117件だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、雪で140便超欠航 1万5000人以上に影響

2018年1月22日

ANAでは、22日は羽田を午後3時に出発予定の札幌(新千歳)行きNH69便や、新千歳午前10時20分発予定の稚内行きNH4821便など、羽田や新千歳発着の国内線42便が欠航。約4800人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州行きキャリア運賃で一部都市を追加・削除 1月23日購入分から

2018年1月22日

全日空(ANA)は2018年1月23日(火)以降の購入分から、ヨーロッパ行きのANAキャリア運賃を一部改定します。改定は、設定都市が一部追加と削除です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

17年度上期、重大インシデント1件 航空事故なし 国交省

2018年1月22日

全日本空輸(ANA/NH)グループが148件、JALグループが117件だった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、雪で140便超欠航 1万5000人以上に影響

2018年1月22日

西日本から東北地方の広い範囲で雪が降る影響で、航空各社では、1月22日は羽田や成田の発着便を中心に欠航が生じている。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、午後2時20分現在で国内線98便の欠航が決定。約1万2000人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、雪で140便超欠航 1万5000人以上に影響

2018年1月22日

西日本から東北地方の広い範囲で雪が降る影響で、航空各社では、1月22日は羽田や成田の発着便を中心に欠航が生じている。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、午後2時20分現在で国内線98便の欠航が決定。約1万2000人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、雪で140便超欠航 1万5000人以上に影響

2018年1月22日

西日本から東北地方の広い範囲で雪が降る影響で、航空各社では、1月22日は羽田や成田の発着便を中心に欠航が生じている。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、午後2時20分現在で国内線98便の欠航が決定。約1万2000人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、雪で140便超欠航 1万5000人以上に影響

2018年1月22日

ANAでは、22日は羽田を午後3時に出発予定の札幌(新千歳)行きNH69便や、新千歳午前10時20分発予定の稚内行きNH4821便など、羽田や新千歳発着の国内線42便が欠航。約4800人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

航空各社、雪で140便超欠航 1万5000人以上に影響

2018年1月22日

西日本から東北地方の広い範囲で雪が降る影響で、航空各社では、1月22日は羽田や成田の発着便を中心に欠航が生じている。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の2社だけで、午後2時20分現在で国内線98便の欠航が決定。約1万2000人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、国内線24便欠航 22日11時

2018年1月22日

1月22日昼ごろから23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降る影響で、日本航空(JAL/JL、9201)は22日午前11時の時点で国内線24便の欠航を決めた。約5068人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、国内線24便欠航 22日11時

2018年1月22日

1月22日昼ごろから23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降る影響で、日本航空(JAL/JL、9201)は22日午前11時の時点で国内線24便の欠航を決めた。約5068人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、国内線24便欠航 22日11時

2018年1月22日

1月22日昼ごろから23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降る影響で、日本航空(JAL/JL、9201)は22日午前11時の時点で国内線24便の欠航を決めた。約5068人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、国内線24便欠航 22日11時

2018年1月22日

1月22日昼ごろから23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降る影響で、日本航空(JAL/JL、9201)は22日午前11時の時点で国内線24便の欠航を決めた。約5068人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、国内線24便欠航 22日11時

2018年1月22日

1月22日昼ごろから23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降る影響で、日本航空(JAL/JL、9201)は22日午前11時の時点で国内線24便の欠航を決めた。約5068人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

JAL、国内線24便欠航 22日11時

2018年1月22日

1月22日昼ごろから23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降る影響で、日本航空(JAL/JL、9201)は22日午前11時の時点で国内線24便の欠航を決めた。約5068人に影響が出る見通し。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

現在は国内線が2路線で、ANAの羽田線が1日4往復、札幌線が1日1往復。国際線は3路線で、中国南方航空(CSN/CZ)の大連線が水・土の週2往復、中国東方航空(CES/MU)の上海線が火・土の週2往復、チャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)の台北線が月・木・金・日の週4往復となっている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

富山県、羽田便の利用促進キャンペーン 地酒やギフト券当たる

2018年1月22日

富山県は、全日本空輸(ANA/NH)の羽田-富山線の利用者を対象に、ギフト券や地酒などが当たるキャンペーンを1月19日から始めた。3月14日まで。2017年12月の利用者数が前年同月比で約1割落ち込んでおり、冬季利用の促進を図る。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2月以降の国際線貨物の燃油サーチャージを値上げ 基準1段階上がる

2018年1月21日

全日空(ANA)とANA Cargoは2018年2月1日(木)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額を値上げします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAタイ人CAのおもてなし。

2018年1月21日

ANAタイ人CAのおもてなし。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

1月14日から20日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、エアバスのA380型機の生産継続に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、2月以降の国際線貨物の燃油サーチャージを値上げ 基準1段階上がる

2018年1月21日

全日空(ANA)とANA Cargoは2018年2月1日(木)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額を値上げします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAタイ人CAのおもてなし。

2018年1月21日

ANAタイ人CAのおもてなし。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

1月14日から20日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、エアバスのA380型機の生産継続に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、2月以降の国際線貨物の燃油サーチャージを値上げ 基準1段階上がる

2018年1月21日

全日空(ANA)とANA Cargoは2018年2月1日(木)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額を値上げします。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANAタイ人CAのおもてなし。

2018年1月21日

ANAタイ人CAのおもてなし。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。この発注で、A380は生産中止の危機をひとまず乗り越えました。今後はエミレーツ以外の航空会社からも、一定規模の受注を獲得できるかが、プロジェクト継続の鍵になります。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAタイ人CAのおもてなし。

2018年1月21日

ANAタイ人CAのおもてなし。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

1月14日から20日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、エアバスのA380型機の生産継続に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。この発注で、A380は生産中止の危機をひとまず乗り越えました。今後はエミレーツ以外の航空会社からも、一定規模の受注を獲得できるかが、プロジェクト継続の鍵になります。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

1月14日から20日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、エアバスのA380型機の生産継続に関する記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。この発注で、A380は生産中止の危機をひとまず乗り越えました。今後はエミレーツ以外の航空会社からも、一定規模の受注を獲得できるかが、プロジェクト継続の鍵になります。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

今後も生産ラインを維持できる規模の大量発注が見込めるのがエミレーツのみであることから、こうした発言につながったようです。 そして18日に、エミレーツがA380を最大36機発注すると発表。この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。この発注で、A380は生産中止の危機をひとまず乗り越えました。今後はエミレーツ以外の航空会社からも、一定規模の受注を獲得できるかが、プロジェクト継続の鍵になります。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

今後も生産ラインを維持できる規模の大量発注が見込めるのがエミレーツのみであることから、こうした発言につながったようです。 そして18日に、エミレーツがA380を最大36機発注すると発表。この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。この発注で、A380は生産中止の危機をひとまず乗り越えました。今後はエミレーツ以外の航空会社からも、一定規模の受注を獲得できるかが、プロジェクト継続の鍵になります。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

今後も生産ラインを維持できる規模の大量発注が見込めるのがエミレーツのみであることから、こうした発言につながったようです。 そして18日に、エミレーツがA380を最大36機発注すると発表。この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。この発注で、A380は生産中止の危機をひとまず乗り越えました。今後はエミレーツ以外の航空会社からも、一定規模の受注を獲得できるかが、プロジェクト継続の鍵になります。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

A380継続懸念が1位 先週の注目記事18年1月14日-20日

2018年1月21日

今後も生産ラインを維持できる規模の大量発注が見込めるのがエミレーツのみであることから、こうした発言につながったようです。 そして18日に、エミレーツがA380を最大36機発注すると発表。この記事が第2位でした。確定発注が20機、オプションが16機で、2020年以降の受領を予定しています。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

魚眼レンズとフライトベア、新春の東京を旅立ち帰路ロサンゼルスへ

2018年1月21日

1月10日にNH105便(https://flyteam.jp/airline/ana/review/37962)で一時帰国して用事を済ませ、12日の夜にロサンゼルスに戻りました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)