全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2018年4月1日から4月7日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

ハイフライ、A380導入へ ポルトガル初、欧州4社目

2018年4月6日

ホット・キーワード. 客室乗務員 バニラエア 決算 787 A350 XWB 実績 機内食 関西空港 日本航空 ANAホールディングス 新路線 エアバス A330 旅客数 人事 A320 LCC 国交省 全日空 写真特集 羽田空港 777 先週の注目記事 ジェットスター・ジャパン 成田空港 スターフライヤー セントレア 国交省航

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LGBTの祭典が今年も東京で開催、「二丁目」特別イベントも

2018年4月6日

TRPでは、トラベルビジョンのグループ企業であるアウト・ジャパンも2ブースの出展を予定しており、一方のブースは「LGBTツーリズム」をテーマに国際ゲイ&レズビアン旅行協会(IGLTA)とグアム政府観光局(GVB)、旅工房、ホテルグランヴィア京都、ミキ・ツーリストが参画。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ハイフライ、A380導入へ ポルトガル初、欧州4社目

2018年4月6日

ハイフライ向けの機体には、トレント900を搭載する。 ハイフライは2005年設立の航空会社で、機体のほか乗務員などもセットにした「ウェットリース」を展開する。現在はA321とA330、A340を保有している。 A380の導入は、欧州内では4社目となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ハイフライ、A380導入へ ポルトガル初、欧州4社目

2018年4月6日

ホット・キーワード. 客室乗務員 バニラエア 決算 787 A350 XWB 実績 機内食 関西空港 日本航空 ANAホールディングス 新路線 エアバス A330 旅客数 人事 A320 LCC 国交省 全日空 写真特集 羽田空港 777 先週の注目記事 ジェットスター・ジャパン 成田空港 スターフライヤー セントレア 国交省航

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

LGBTの祭典が今年も東京で開催、「二丁目」特別イベントも

2018年4月6日

TRPでは、トラベルビジョンのグループ企業であるアウト・ジャパンも2ブースの出展を予定しており、一方のブースは「LGBTツーリズム」をテーマに国際ゲイ&レズビアン旅行協会(IGLTA)とグアム政府観光局(GVB)、旅工房、ホテルグランヴィア京都、ミキ・ツーリストが参画。

>> 発信元へ(トラベルビジョン via Google)

ハイフライ、A380導入へ ポルトガル初、欧州4社目

2018年4月6日

ハイフライ向けの機体には、トレント900を搭載する。 ハイフライは2005年設立の航空会社で、機体のほか乗務員などもセットにした「ウェットリース」を展開する。現在はA321とA330、A340を保有している。 A380の導入は、欧州内では4社目となる。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

所沢航空記念館、市民文化フェアでYS-11と格納庫公開 4月7日と8日

2018年4月5日

埼玉県の所沢航空発祥記念館は、2018年4月7日(土)と4月8日(日)の「所沢市民文化フェア」開催にあわせ、YS-11と記念館に隣接する格納庫を一般公開します。 公開されるYS-11は、全日空(ANA)やエアーニッポンで活躍し、西武新宿線の航空公園駅前に展示されている機体番号(レジ)「JA8732」です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

所沢航空記念館、市民文化フェアでYS-11と格納庫公開 4月7日と8日

2018年4月5日

埼玉県の所沢航空発祥記念館は、2018年4月7日(土)と4月8日(日)の「所沢市民文化フェア」開催にあわせ、YS-11と記念館に隣接する格納庫を一般公開します。 公開されるYS-11は、全日空(ANA)やエアーニッポンで活躍し、西武新宿線の航空公園駅前に展示されている機体番号(レジ)「JA8732」です。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エアアジア・ジャパン、2018年4月2日付けで定期航空協会に入会

2018年4月4日

定期航空協会は2018年4月2日(月)、エアアジア・ジャパンが入会したと発表しました。同協会は、このエアアジア・ジャパンの入会を歓迎するとしています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、沖縄路線の搭乗者限定でTギャラリア沖縄で来店特典 6月末まで

2018年4月4日

全日空(ANA)は2018年6月30日(土)まで、沖縄路線の搭乗者限定でTギャラリア沖縄にてキャンペーンを実施しています。 対象は、期間中のANA対象便の搭乗者で、Tギャラリア沖縄の2階レセプションでANA那覇発着便の搭乗券を提示すると「特典パスポート」がもらえます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

19年就職人気ランキング、ANAが4年連続1位 JALは3位後退

2018年4月4日

就職情報を取り扱う学情(2301)は、2019年に卒業・修了見込みの学生を対象とした就職人気企業のランキングを発表した。総合ランキングでは全日本空輸(ANA/NH)が1位、日本航空(JAL/JL、9201)が3位にランクインした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、2018年4月2日付けで定期航空協会に入会

2018年4月4日

定期航空協会は2018年4月2日(月)、エアアジア・ジャパンが入会したと発表しました。同協会は、このエアアジア・ジャパンの入会を歓迎するとしています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、沖縄路線の搭乗者限定でTギャラリア沖縄で来店特典 6月末まで

2018年4月4日

全日空(ANA)は2018年6月30日(土)まで、沖縄路線の搭乗者限定でTギャラリア沖縄にてキャンペーンを実施しています。 対象は、期間中のANA対象便の搭乗者で、Tギャラリア沖縄の2階レセプションでANA那覇発着便の搭乗券を提示すると「特典パスポート」がもらえます。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エアアジア・ジャパン、2018年4月2日付けで定期航空協会に入会

2018年4月4日

定期航空協会は2018年4月2日(月)、エアアジア・ジャパンが入会したと発表しました。同協会は、このエアアジア・ジャパンの入会を歓迎するとしています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

19年就職人気ランキング、ANAが4年連続1位 JALは3位後退

2018年4月4日

就職情報を取り扱う学情(2301)は、2019年に卒業・修了見込みの学生を対象とした就職人気企業のランキングを発表した。総合ランキングでは全日本空輸(ANA/NH)が1位、日本航空(JAL/JL、9201)が3位にランクインした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

19年就職人気ランキング、ANAが4年連続1位 JALは3位後退

2018年4月4日

就職情報を取り扱う学情(2301)は、2019年に卒業・修了見込みの学生を対象とした就職人気企業のランキングを発表した。総合ランキングでは全日本空輸(ANA/NH)が1位、日本航空(JAL/JL、9201)が3位にランクインした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

19年就職人気ランキング、ANAが4年連続1位 JALは3位後退

2018年4月4日

就職情報を取り扱う学情(2301)は、2019年に卒業・修了見込みの学生を対象とした就職人気企業のランキングを発表した。総合ランキングでは全日本空輸(ANA/NH)が1位、日本航空(JAL/JL、9201)が3位にランクインした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

機材はエアバスA320型機(1クラス180席)が2機で、当初計画より約2年遅れとなる2017年10月29日に、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設した。 これまでLCCは定航協に加盟せず、個社で活動をしてきたが、エアアジア・ジャパンでは業界内で横の繋がりが薄いと判断し、加盟に至った。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、国際線利用率76.6% 18年2月、アジア8.3%増56万人

2018年4月4日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が発表した2018年2月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比7.5%増の79万5043人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は5.0%増の50億4901万7000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客キロ)は6.4%増の38億6663万

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

エアアジア・ジャパン、定航協に加盟 LCC初、業界内の連携強化

2018年4月4日

エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)は、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)など国内の航空各社が加盟する業界団体「定期航空協会」に4月2日付で加盟した。LCCが定航協に加盟するのは初めて。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

静岡空港、三菱地所・東急電鉄連合に優先交渉権 19年4月民営化へ

2018年4月3日

静岡空港を管理する静岡県は、2019年4月1日に予定している民営化後の空港運営権について、三菱地所(8802)と東急電鉄(9005)のコンソーシアム(企業連合)を優先交渉権者に選定した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

静岡空港、三菱地所・東急電鉄連合に優先交渉権 19年4月民営化へ

2018年4月3日

静岡空港を管理する静岡県は、2019年4月1日に予定している民営化後の空港運営権について、三菱地所(8802)と東急電鉄(9005)のコンソーシアム(企業連合)を優先交渉権者に選定した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

静岡空港、三菱地所・東急電鉄連合に優先交渉権 19年4月民営化へ

2018年4月3日

三菱地所・東急電鉄連合は今後、現在ターミナルを運営している富士山静岡空港会社の株式を取得する。この際、現株主が発行済株式総数の20%を継続保有する。 静岡空港は、静岡県が設置・管理する地方管理空港で、2009年6月4日開港。愛称は「富士山静岡空港」と名付けられた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

静岡空港、三菱地所・東急電鉄連合に優先交渉権 19年4月民営化へ

2018年4月3日

三菱地所・東急電鉄連合は今後、現在ターミナルを運営している富士山静岡空港会社の株式を取得する。この際、現株主が発行済株式総数の20%を継続保有する。 静岡空港は、静岡県が設置・管理する地方管理空港で、2009年6月4日開港。愛称は「富士山静岡空港」と名付けられた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

静岡空港、三菱地所・東急電鉄連合に優先交渉権 19年4月民営化へ

2018年4月3日

国内線は、全日本空輸(ANA/NH)とフジドリームエアラインズ(FDA/JH)が乗り入れる。ANAは札幌(新千歳)線と那覇線、FDAは札幌(丘珠)線と福岡線、鹿児島線を運航しており、FDAは3月25日に出雲線を開設した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

静岡空港、三菱地所・東急電鉄連合に優先交渉権 19年4月民営化へ

2018年4月3日

国内線は、全日本空輸(ANA/NH)とフジドリームエアラインズ(FDA/JH)が乗り入れる。ANAは札幌(新千歳)線と那覇線、FDAは札幌(丘珠)線と福岡線、鹿児島線を運航しており、FDAは3月25日に出雲線を開設した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ゴルフ=リンドベリが優勝、ANAインスピレーション

2018年4月3日

[2日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは2日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で前日から持ち越しとなったプレーオフの続きを行い、ペルニラ・リンドベリ(スウェーデン)が優勝した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ゴルフ=米女子ツアーで上原8位、優勝争いは決着つかず

2018年4月2日

[1日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは1日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で最終ラウンドを行った。9位で出た上原彩子は4バーディー、1ボギーの69、通算12アンダーの276で8位フィニッシュとなった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

上原69、メジャーVならず

2018年4月2日

... のメジャー第1戦、ANAインスピレーションは1日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で最終ラウンドが行われ、5打差の9位から出た34歳の上原彩子は4バーディー、1ボギーの69で通算12アンダー、276に伸ばしたが、メジャー優勝はならなかった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ入社式、「安全が全て」を刻み込んで 片野坂CEO

2018年4月2日

全日空(ANA)などを傘下に置くANAホールディングスは2018年4月1日(日)、新入社員の入社式を開催し、ANAグループ全社にとって「安全が全て」であることを深く胸に刻み込んでほしいと呼びかけました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

第二次青森空港活性化ビジョン、2020年までに利用者数130万人

2018年4月2日

青森県は2018年3月30日(金)、新たに「第二次青森空港活性化ビジョン」を策定しました。近年の国内定期便の増加や訪日外国人の急激な増加など、同空港を取り巻く環境変化へ対応し、関係者が目的意識を共有、連携強化することを目的としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

上原69、メジャーVならず

2018年4月2日

... のメジャー第1戦、ANAインスピレーションは1日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で最終ラウンドが行われ、5打差の9位から出た34歳の上原彩子は4バーディー、1ボギーの69で通算12アンダー、276に伸ばしたが、メジャー優勝はならなかった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ入社式、「安全が全て」を刻み込んで 片野坂CEO

2018年4月2日

全日空(ANA)などを傘下に置くANAホールディングスは2018年4月1日(日)、新入社員の入社式を開催し、ANAグループ全社にとって「安全が全て」であることを深く胸に刻み込んでほしいと呼びかけました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

第二次青森空港活性化ビジョン、2020年までに利用者数130万人

2018年4月2日

青森県は2018年3月30日(金)、新たに「第二次青森空港活性化ビジョン」を策定しました。近年の国内定期便の増加や訪日外国人の急激な増加など、同空港を取り巻く環境変化へ対応し、関係者が目的意識を共有、連携強化することを目的としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ゴルフ=米女子ツアーで上原8位、優勝争いは決着つかず

2018年4月2日

[1日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは1日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で最終ラウンドを行った。9位で出た上原彩子は4バーディー、1ボギーの69、通算12アンダーの276で8位フィニッシュとなった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内NO.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ入社式、「安全が全て」を刻み込んで 片野坂CEO

2018年4月2日

全日空(ANA)などを傘下に置くANAホールディングスは2018年4月1日(日)、新入社員の入社式を開催し、ANAグループ全社にとって「安全が全て」であることを深く胸に刻み込んでほしいと呼びかけました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

第二次青森空港活性化ビジョン、2020年までに利用者数130万人

2018年4月2日

青森県は2018年3月30日(金)、新たに「第二次青森空港活性化ビジョン」を策定しました。近年の国内定期便の増加や訪日外国人の急激な増加など、同空港を取り巻く環境変化へ対応し、関係者が目的意識を共有、連携強化することを目的としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ゴルフ=米女子ツアーで上原8位、優勝争いは決着つかず

2018年4月2日

[1日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは1日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で最終ラウンドを行った。9位で出た上原彩子は4バーディー、1ボギーの69、通算12アンダーの276で8位フィニッシュとなった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ入社式、「安全が全て」を刻み込んで 片野坂CEO

2018年4月2日

全日空(ANA)などを傘下に置くANAホールディングスは2018年4月1日(日)、新入社員の入社式を開催し、ANAグループ全社にとって「安全が全て」であることを深く胸に刻み込んでほしいと呼びかけました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

第二次青森空港活性化ビジョン、2020年までに利用者数130万人

2018年4月2日

青森県は2018年3月30日(金)、新たに「第二次青森空港活性化ビジョン」を策定しました。近年の国内定期便の増加や訪日外国人の急激な増加など、同空港を取り巻く環境変化へ対応し、関係者が目的意識を共有、連携強化することを目的としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ゴルフ=米女子ツアーで上原8位、優勝争いは決着つかず

2018年4月2日

[1日 ロイター] - 米女子ゴルフの今季メジャー第1戦、ANAインスピレーションは1日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で最終ラウンドを行った。9位で出た上原彩子は4バーディー、1ボギーの69、通算12アンダーの276で8位フィニッシュとなった。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ入社式、「安全が全て」を刻み込んで 片野坂CEO

2018年4月2日

全日空(ANA)などを傘下に置くANAホールディングスは2018年4月1日(日)、新入社員の入社式を開催し、ANAグループ全社にとって「安全が全て」であることを深く胸に刻み込んでほしいと呼びかけました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

第二次青森空港活性化ビジョン、2020年までに利用者数130万人

2018年4月2日

青森県は2018年3月30日(金)、新たに「第二次青森空港活性化ビジョン」を策定しました。近年の国内定期便の増加や訪日外国人の急激な増加など、同空港を取り巻く環境変化へ対応し、関係者が目的意識を共有、連携強化することを目的としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ入社式、「安全が全て」を刻み込んで 片野坂CEO

2018年4月2日

全日空(ANA)などを傘下に置くANAホールディングスは2018年4月1日(日)、新入社員の入社式を開催し、ANAグループ全社にとって「安全が全て」であることを深く胸に刻み込んでほしいと呼びかけました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

第二次青森空港活性化ビジョン、2020年までに利用者数130万人

2018年4月2日

青森県は2018年3月30日(金)、新たに「第二次青森空港活性化ビジョン」を策定しました。近年の国内定期便の増加や訪日外国人の急激な増加など、同空港を取り巻く環境変化へ対応し、関係者が目的意識を共有、連携強化することを目的としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAグループ入社式、「安全が全て」を刻み込んで 片野坂CEO

2018年4月2日

全日空(ANA)などを傘下に置くANAホールディングスは2018年4月1日(日)、新入社員の入社式を開催し、ANAグループ全社にとって「安全が全て」であることを深く胸に刻み込んでほしいと呼びかけました。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

ANA、「Welcome Aboard 2020」コンテストでカレンダー写真を募集

2018年4月2日

全日空(ANA)は2018年3月30日(金)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念し、「Welcome Aboard 2020」写真コンテストを実施すると発表しました。 このコンテストでは、2020年版オフィシャルカレンダーの写真を募集するもので、応募資格は日本在住者で、プロまたはアマチュアは不問としています。

>> 発信元へ(FlyTeam via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内No.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内NO.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

高松空港が民営化 LCC拠点化で四国瀬戸内NO.1目指す

2018年4月2日

高松空港が4月1日、民営化された。国管理空港では仙台に次ぐ第2号で、三菱地所(8802)などが設立したSPC(特別目的会社)の高松空港会社が運営する。複数LCCの拠点化を目標に掲げ、2016年度の旅客数188万人を、5年後の2022年度は1.4倍の260万人を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

片野坂社長「安全がすべて」4回繰り返す ANA、18年度入社式

2018年4月1日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月1日、羽田空港の格納庫でグループ合同入社式を開催した。2018年度はグループ36社に2649人(男性740人、女性1909人)が入社した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

片野坂社長「安全がすべて」4回繰り返す ANA、18年度入社式

2018年4月1日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月1日、羽田空港の格納庫でグループ合同入社式を開催した。2018年度はグループ36社に2649人(男性740人、女性1909人)が入社した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

片野坂社長「安全がすべて」4回繰り返す ANA、18年度入社式

2018年4月1日

片野坂社長は新入社員に対し、「未来は1人では創れないが、未来に向かって動くことは1人でもできる。一緒に進んでいこう」とメッセージを送った。 新入社員を代表して、全日空商事に入社する神長汐音(かみなが・しおね)さん(19)があいさつ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

片野坂社長、「安全がすべて」4回繰り返す ANA、18年度入社式

2018年4月1日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月1日、羽田空港の格納庫でグループ合同入社式を開催した。2018年度はグループ36社に2649人(男性740人、女性1909人)が入社した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

片野坂社長「安全がすべて」4回繰り返す ANA、18年度入社式

2018年4月1日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月1日、羽田空港の格納庫でグループ合同入社式を開催した。2018年度はグループ36社に2649人(男性740人、女性1909人)が入社した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

片野坂社長「安全がすべて」4回繰り返す ANA、18年度入社式

2018年4月1日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月1日、羽田空港の格納庫でグループ合同入社式を開催した。2018年度はグループ36社に2649人(男性740人、女性1909人)が入社した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

片野坂社長、「安全がすべて」4回繰り返す ANA、18年度入社式

2018年4月1日

片野坂社長は新入社員に対し、「未来は1人では創れないが、未来に向かって動くことは1人でもできる。一緒に進んでいこう」とメッセージを送った。 新入社員を代表して、全日空商事に入社する神長汐音(かみなが・しおね)さん(19)があいさつ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

片野坂社長、「安全がすべて」4回繰り返す ANA、18年度入社式

2018年4月1日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月1日、羽田空港の格納庫でグループ合同入社式を開催した。2018年度はグループ36社に2649人(男性740人、女性1909人)が入社した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

シンガポール航空は、現地時間25日(日本時間26日)に787-10を受領。最終組立工場がある米サウスカロライナ州ノースチャールストンで、ボーイングから引き渡されました。その後、初号機(登録番号9V-SCA)は関西空港で給油を受け、28日にシンガポールのチャンギ国際空港へ到着しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

3月25日から31日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、シンガポール航空(SIA/SQ)が世界で初めて受領した、ボーイング787-10型機のシンガポール現地取材記事でした。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

第2位は、全日本空輸(ANA/NH)の平子裕志社長へのインタビュー。同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

第2位は、全日本空輸(ANA/NH)の平子裕志社長へのインタビュー。同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

第2位は、全日本空輸(ANA/NH)の平子裕志社長へのインタビュー。同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

第2位は、全日本空輸(ANA/NH)の平子裕志社長へのインタビュー。同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

第2位は、全日本空輸(ANA/NH)の平子裕志社長へのインタビュー。同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

第2位は、全日本空輸(ANA/NH)の平子裕志社長へのインタビュー。同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

第2位は、全日本空輸(ANA/NH)の平子裕志社長へのインタビュー。同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

シンガポール航空787-10公開が1位 先週の注目記事18年3月25日-31日

2018年4月1日

第2位は、全日本空輸(ANA/NH)の平子裕志社長へのインタビュー。同じくANAホールディングス(9202)傘下であるピーチ・アビエーション(APJ/MM)への路線移管の可能性について、その考えがないことを示しました。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)