全日空の株主優待券買取価格変動チャート
(2016年7月31日から8月6日)

一週間の動き

グラフチャート
グラフチャート

全日空(ANA)株主優待券の最新の買取価格のページはこちら

全日空(ANA)に関するニュースの紹介

この週における全日空に関するニュースです。詳細記事は発信元の各サイトにてご覧ください。

熊本空港、小型機着陸失敗で閉鎖 欠航や行き先変更

2016年8月6日

全日本空輸(ANA/NH)は、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便や午後5時15分発予定の羽田行きNH648便をはじめ、伊丹や中部を発着する便を含めて欠航が生じている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港が運用再開 35便欠航、7時間以上遅れも

2016年8月6日

滑走路の運用を再開した熊本空港=16年4月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 全日本空輸(ANA/NH)では、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便など17便が欠航。約1890人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

新千歳空港、1000人再検査で2万人影響 すり抜けた女は羽田着

2016年8月6日

この影響で、全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)など、合わせて15便が欠航。30分以上の遅延便も含めると、約2万人に影響が生じた。新千歳空港では、保安検査態勢の見直しなどを進めている。 警察では事件性はないとしている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港が運用再開 35便欠航、7時間以上遅れも

2016年8月6日

滑走路の運用を再開した熊本空港=16年4月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire. 全日本空輸(ANA/NH)では、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便など17便が欠航。約1890人に影響が出た。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港、小型機着陸失敗で閉鎖 欠航や行き先変更

2016年8月6日

全日本空輸(ANA/NH)は、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便や午後5時15分発予定の羽田行きNH648便をはじめ、伊丹や中部を発着する便を含めて欠航が生じている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

新千歳空港、1000人再検査で2万人影響 すり抜けた女は羽田着

2016年8月6日

この影響で、全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)など、合わせて15便が欠航。30分以上の遅延便も含めると、約2万人に影響が生じた。新千歳空港では、保安検査態勢の見直しなどを進めている。 警察では事件性はないとしている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港、小型機着陸失敗で閉鎖 欠航や行き先変更

2016年8月6日

全日本空輸(ANA/NH)は、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便や午後5時15分発予定の羽田行きNH648便をはじめ、伊丹や中部を発着する便を含めて欠航が生じている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

新千歳空港、1000人再検査で2万人影響 すり抜けた女は羽田着

2016年8月6日

この影響で、全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)など、合わせて15便が欠航。30分以上の遅延便も含めると、約2万人に影響が生じた。新千歳空港では、保安検査態勢の見直しなどを進めている。 警察では事件性はないとしている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

新千歳空港、1000人再検査で2万人影響 すり抜けた女は羽田着

2016年8月6日

この影響で、全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)など、合わせて15便が欠航。30分以上の遅延便も含めると、約2万人に影響が生じた。新千歳空港では、保安検査態勢の見直しなどを進めている。 警察では事件性はないとしている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港、小型機着陸失敗で閉鎖 欠航や行き先変更

2016年8月6日

全日本空輸(ANA/NH)は、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便や午後5時15分発予定の羽田行きNH648便をはじめ、伊丹や中部を発着する便を含めて欠航が生じている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港、小型機着陸失敗で閉鎖 欠航や行き先変更

2016年8月6日

全日本空輸(ANA/NH)は、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便や午後5時15分発予定の羽田行きNH648便をはじめ、伊丹や中部を発着する便を含めて欠航が生じている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港、小型機着陸失敗で閉鎖 欠航や行き先変更

2016年8月6日

全日本空輸(ANA/NH)は、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便や午後5時15分発予定の羽田行きNH648便をはじめ、伊丹や中部を発着する便を含めて欠航が生じている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港、小型機着陸失敗で閉鎖 欠航や行き先変更

2016年8月6日

全日本空輸(ANA/NH)は、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便や午後5時15分発予定の羽田行きNH648便をはじめ、伊丹や中部を発着する便を含めて欠航が生じている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

熊本空港、小型機着陸失敗で閉鎖 欠航や行き先変更

2016年8月6日

全日本空輸(ANA/NH)は、熊本を午後0時25分に出発予定だった羽田行きNH646便や午後5時15分発予定の羽田行きNH648便をはじめ、伊丹や中部を発着する便を含めて欠航が生じている。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、欧州旅客0.9%増 16年6月の国際線利用率74.9%

2016年8月6日

ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)が8月5日に発表した2016年6月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比13.8%増の71万7940人、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は13.9%増の48億2915万8000座席キロ、有償旅客を運んだ 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ブリティッシュ・エア、747の改修完了 全18機

2016年8月5日

ジャンボの愛称で親しまれた747は、燃油費の高騰や飛行機の技術的な進歩により、世界的に退役が進んでいる。日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

キャセイパシフィック航空のジャンボ、羽田発で10月退役 最終出発前に見学会招待

2016年8月5日

日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。現在日本国内で運航されている747は、政府専用機と日本貨物航空(NCA/KZ)の貨物型のみとなった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

新千歳空港、全旅客検査やり直し

2016年8月5日

北海道の新千歳空港国内線で5日正午すぎ、保安検査を受けずに女性が保安エリアに立ち入った可能性があるとして、機内に搭乗済みの人を含め、出発前の旅客全員の保安検査をやり直した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ブリティッシュ・エア、747の改修完了 全18機

2016年8月5日

ジャンボの愛称で親しまれた747は、燃油費の高騰や飛行機の技術的な進歩により、世界的に退役が進んでいる。日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

キャセイパシフィック航空のジャンボ、羽田発で10月退役 最終出発前に見学会招待

2016年8月5日

日本では、全日本空輸(ANA/NH)が2014年3月31日に運航した那覇発羽田行きNH126便を最後に、旅客型が全機退役。現在日本国内で運航されている747は、政府専用機と日本貨物航空(NCA/KZ)の貨物型のみとなった。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

新千歳空港、全旅客検査やり直し

2016年8月5日

北海道の新千歳空港国内線で5日正午すぎ、保安検査を受けずに女性が保安エリアに立ち入った可能性があるとして、機内に搭乗済みの人を含め、出発前の旅客全員の保安検査をやり直した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

新千歳空港、全旅客検査やり直し

2016年8月5日

北海道の新千歳空港国内線で5日正午すぎ、保安検査を受けずに女性が保安エリアに立ち入った可能性があるとして、機内に搭乗済みの人を含め、出発前の旅客全員の保安検査をやり直した。

>> 発信元へ(ロイター via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

ANA、減収減益…熊本地震や欧州テロの影響 4-6月期決算

2016年8月5日

ANAホールディングスが発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比15.6%減の141億円と減益となった。 売上高は同2.3%減の4044億円と減収となった。

>> 発信元へ(レスポンス via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

2016年8月4日

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

バニラエアの16年4-6月期、営業赤字4億円 台北の競争激化、通期は黒字に

2016年8月4日

ANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)の連結決算によると、傘下のLCCであるバニラエア(VNL/JW)の営業損益は4億円の赤字となった。成田-台北線の競争激化などによるもので、通期では経常損益、純損益ともに黒字化を目指す。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、中国向け通信販売システム強化 遅配・未達防止

2016年8月3日

NET」で登録されたデータを、ANAグループ傘下の物流会社OCSの中国法人と共有しシステム化することで、消費者に届く仕組みを構築する。 これまで中国向けの越境ECでは適切に納税されないことが多く、通関や輸送が停止するケースが発生していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「この飛行機で再生していく」特集・JALの787-8、完納までの4年3カ月

2016年8月3日

そして、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)も、2011年9月25日に最初の機体(JA801A)を受領後4年7カ月をかけ、発注済みの787-8では最後の機体(JA878A)が、5月14日に羽田へ到着している。 現在は787-8、787-9、超長胴型の787-10と3機種ある787。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、中国向け通信販売システム強化 遅配・未達防止

2016年8月3日

ANAホールディングス(9202)は9月から、中国向け通信販売のシステムを強化する。中国でこのほど導入された通関申告制度に対応することで商品のスムーズな流通を促し、消費者への遅配や未達を防ぐ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

成田空港のお盆予測、10.0%増の109万人 入国ピーク15日

2016年8月3日

ターミナルごとでは、出国は全日本空輸(ANA/NH)などが利用する第1ビルが30万6100人(5.4%増)、日本航空(JAL/JL、9201)などが乗り入れる第2ビルが22万7100人(10.6%増)、LCC専用の第3ビルが3万6500人(41.1%増)。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「この飛行機で再生していく」特集・JALの787-8、完納までの4年3カ月

2016年8月3日

そして、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)も、2011年9月25日に最初の機体(JA801A)を受領後4年7カ月をかけ、発注済みの787-8では最後の機体(JA878A)が、5月14日に羽田へ到着している。 現在は787-8、787-9、超長胴型の787-10と3機種ある787。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、中国向け通信販売システム強化 遅配・未達防止

2016年8月3日

NET」で登録されたデータを、ANAグループ傘下の物流会社OCSの中国法人と共有しシステム化することで、消費者に届く仕組みを構築する。 これまで中国向けの越境ECでは適切に納税されないことが多く、通関や輸送が停止するケースが発生していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「この飛行機で再生していく」特集・JALの787-8、完納までの4年3カ月

2016年8月3日

そして、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)も、2011年9月25日に最初の機体(JA801A)を受領後4年7カ月をかけ、発注済みの787-8では最後の機体(JA878A)が、5月14日に羽田へ到着している。 現在は787-8、787-9、超長胴型の787-10と3機種ある787。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、中国向け通信販売システム強化 遅配・未達防止

2016年8月3日

ANAホールディングス(9202)は9月から、中国向け通信販売のシステムを強化する。中国でこのほど導入された通関申告制度に対応することで商品のスムーズな流通を促し、消費者への遅配や未達を防ぐ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

成田空港のお盆予測、10.0%増の109万人 入国ピーク15日

2016年8月3日

ターミナルごとでは、出国は全日本空輸(ANA/NH)などが利用する第1ビルが30万6100人(5.4%増)、日本航空(JAL/JL、9201)などが乗り入れる第2ビルが22万7100人(10.6%増)、LCC専用の第3ビルが3万6500人(41.1%増)。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「この飛行機で再生していく」特集・JALの787-8、完納までの4年3カ月

2016年8月3日

そして、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)も、2011年9月25日に最初の機体(JA801A)を受領後4年7カ月をかけ、発注済みの787-8では最後の機体(JA878A)が、5月14日に羽田へ到着している。 現在は787-8、787-9、超長胴型の787-10と3機種ある787。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「この飛行機で再生していく」特集・JALの787-8、完納までの4年3カ月

2016年8月3日

そして、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)も、2011年9月25日に最初の機体(JA801A)を受領後4年7カ月をかけ、発注済みの787-8では最後の機体(JA878A)が、5月14日に羽田へ到着している。 現在は787-8、787-9、超長胴型の787-10と3機種ある787。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、中国向け通信販売システム強化 遅配・未達防止

2016年8月3日

NET」で登録されたデータを、ANAグループ傘下の物流会社OCSの中国法人と共有しシステム化することで、消費者に届く仕組みを構築する。 これまで中国向けの越境ECでは適切に納税されないことが多く、通関や輸送が停止するケースが発生していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、中国向け通信販売システム強化 遅配・未達防止

2016年8月3日

ANAホールディングス(9202)は9月から、中国向け通信販売のシステムを強化する。中国でこのほど導入された通関申告制度に対応することで商品のスムーズな流通を促し、消費者への遅配や未達を防ぐ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「この飛行機で再生していく」特集・JALの787-8、完納までの4年3カ月

2016年8月3日

そして、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)も、2011年9月25日に最初の機体(JA801A)を受領後4年7カ月をかけ、発注済みの787-8では最後の機体(JA878A)が、5月14日に羽田へ到着している。 現在は787-8、787-9、超長胴型の787-10と3機種ある787。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「この飛行機で再生していく」特集・JALの787-8、完納までの4年3カ月

2016年8月3日

そして、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)も、2011年9月25日に最初の機体(JA801A)を受領後4年7カ月をかけ、発注済みの787-8では最後の機体(JA878A)が、5月14日に羽田へ到着している。 現在は787-8、787-9、超長胴型の787-10と3機種ある787。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、中国向け通信販売システム強化 遅配・未達防止

2016年8月3日

NET」で登録されたデータを、ANAグループ傘下の物流会社OCSの中国法人と共有しシステム化することで、消費者に届く仕組みを構築する。 これまで中国向けの越境ECでは適切に納税されないことが多く、通関や輸送が停止するケースが発生していた。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAHD、中国向け通信販売システム強化 遅配・未達防止

2016年8月3日

ANAホールディングス(9202)は9月から、中国向け通信販売のシステムを強化する。中国でこのほど導入された通関申告制度に対応することで商品のスムーズな流通を促し、消費者への遅配や未達を防ぐ。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

「この飛行機で再生していく」特集・JALの787-8、完納までの4年3カ月

2016年8月3日

そして、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA/NH)も、2011年9月25日に最初の機体(JA801A)を受領後4年7カ月をかけ、発注済みの787-8では最後の機体(JA878A)が、5月14日に羽田へ到着している。 現在は787-8、787-9、超長胴型の787-10と3機種ある787。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

... 日から新千歳と松山で運用を始め、今冬には青森空港でもPBBを利用できるようにする。その後も、Q400の就航空港にアダプターを導入していく。 ANAなどを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、Q400を日本航空機製造YS-11型機の後継機として、2003年から導入。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANA、プロペラ機Q400も搭乗橋使用 新千歳・松山に屋根付きハシゴ

2016年8月2日

全日本空輸(ANA/NH)は、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)の就航空港で、ボーディングブリッジ(搭乗橋、PBB)を利用できるようにする「アダプター」と呼ぶ屋根付きハシゴを、8月1日から新千歳と松山の2空港に導入した。ほかの就航空港へも順次展開していく。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、6月の利用率65.3% 旅客数4%減

2016年8月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年6月利用実績は、旅客数が前年同月比4.0%減の9万2719人、提供座席数は12.0%減の14万2756席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.3%減の1億3575万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、6月の利用率65.3% 旅客数4%減

2016年8月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年6月利用実績は、旅客数が前年同月比4.0%減の9万2719人、提供座席数は12.0%減の14万2756席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.3%減の1億3575万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、6月の利用率65.3% 旅客数4%減

2016年8月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年6月利用実績は、旅客数が前年同月比4.0%減の9万2719人、提供座席数は12.0%減の14万2756席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.3%減の1億3575万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、6月の利用率65.3% 旅客数4%減

2016年8月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年6月利用実績は、旅客数が前年同月比4.0%減の9万2719人、提供座席数は12.0%減の14万2756席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.3%減の1億3575万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、6月の利用率65.3% 旅客数4%減

2016年8月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年6月利用実績は、旅客数が前年同月比4.0%減の9万2719人、提供座席数は12.0%減の14万2756席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.3%減の1億3575万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、6月の利用率65.3% 旅客数4%減

2016年8月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年6月利用実績は、旅客数が前年同月比4.0%減の9万2719人、提供座席数は12.0%減の14万2756席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.3%減の1億3575万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、6月の利用率65.3% 旅客数4%減

2016年8月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年6月利用実績は、旅客数が前年同月比4.0%減の9万2719人、提供座席数は12.0%減の14万2756席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.3%減の1億3575万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

スターフライヤー、6月の利用率65.3% 旅客数4%減

2016年8月1日

スターフライヤー(SFJ/7G、9206)の2016年6月利用実績は、旅客数が前年同月比4.0%減の9万2719人、提供座席数は12.0%減の14万2756席、座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は12.3%減の1億3575万3000座席キロ、有償旅客を運んだ距離を示すRPK(有償旅客 

>> 発信元へ(aviation wire via Google)

ANAの胴体変形事故、早めの機首下げ影響 運輸安全委「着陸すべきでなかった」

2016年8月1日

4年前の2012年6月20日に、成田空港で全日本空輸(ANA/NH)の北京発成田行きNH956便が着陸する際、主翼前方付近の胴体部外板が変形した事故で、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は7月28日、報告書を公表した。

>> 発信元へ(aviation wire via Google)